Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【パパメンズBar】パパたちが考える“イクメン”とは?①

都内某所にひっそりと佇む、名物チーママのいる隠れ家バー。そこにやってきたのは、仕事も家庭もリア充に見えるパパ3人組!今宵も妻に内緒の隠れ家トークをお楽しみください!【10月のテーマ】は、パパたちが考える“イクメン”について。第1回はパパたちに聞く“イクメン”になったきっかけについて。誰もが最初からイクメンではないし、中には九州男児気質なパパも…。そんなパパたちの結婚と妊娠について聞いてみました!




出版社に勤める恋愛下手な編集者・Yちゃん。
そんな常連Yちゃんが、いつものようにグチをこぼしにチーママのところへやってきたみたい……!

常連Yちゃん
こんばんは〜。はぁ〜……。

チーママ
……。「どうしたの?」って聞いてほしそうな大きなため息ついちゃって。めんどくさいわね!
で、どうしたのよ?

常連Yちゃん
今日はまっすぐ家に帰ろうと思ったんだけど……。
地下鉄のホームで、赤ちゃんを抱っこしているイケメン見ちゃったら、うらやましすぎて!

チーママ
あらそれって、彼らみたいなイケメンかしら?ちなみにあの3人、イクメンでもあるのよ♡

常連Yちゃん
そうそう!あんなイケメンでイクメン。え!最高なんですけど〜♡
ね!ね!紹介して!!

チーママ
まったく、もう。しょうがいないから紹介してあげるわ。


■今月のお客様はこちらの3人!

相園高志さん35歳/IT系企業勤務。結婚5年目で、子供は男の子1人(1歳1か月)。ママは36歳で会社員。

齋藤貴大さん32歳/IT系企業勤務。結婚4年目で、子供は女の子1人と男の子1人(2歳7か月・9か月)。ママは33歳で会社員。

石田セオドア文吉クリアリィさん36歳/外資系広告代理店勤務。結婚4年目で、子供は男の子2人(3歳3か月・1歳1か月)。ママは36歳で会社員。


⬛️中学校から結婚願望があった僕は、平凡な今の家庭生活が幸せ♡

常連Yちゃん
3人はもともとイクメンだったの?

チーママ
そんなわけないでしょ、バカね(笑)。結婚して子供ができてからよねぇ。

相園
そうですね(笑)。でも僕、小学校ぐらいまで九州のおじいちゃんとおばあちゃんと暮らしていたから、男はドカっと座ってる、みたいなイメージがあったんですよ。
だからまさか自分がイクメンになるとは(笑)。とはいえ、子供は絶対に欲しかったですね。

石田
僕なんて、イクメンなんて言葉知らなかったくらい(笑)。自分の父親も全く育児しない人だったし。
そもそも僕、結婚願望とか子供欲しいとかもなくて、今思えばびっくり。思ってた未来と全然違う!

常連Yちゃん
そうなんですか? 思ってたのと違う未来……どんな感じですか?(笑)

石田
もうね、すごくハッピー♡

齋藤
僕は、結婚願望も理想の家庭像も、中学くらいからしっかりあったなあ。

チーママ
中学から!? 中学時代のYちゃんなんて、毎日ポテチ1袋ぐらい食べて漫画読みながらゴロゴロしてたっていうのに……!

常連Yちゃん
ギクッ! わ、私だって人並みには……。まぁまぁ、それは置いておいて!!
3人はちなみに、どんな家庭が理想だったんですか?

齋藤
ひとことで言えば“平凡な家庭”に憧れてて、超金持ちになる必要はないというか。
ただ休みの日に公園に行って、子供と遊んでピクニックして楽しいね〜で終了、っていうのが幸せで。

相園
めっちゃ叶えられてるじゃん、その夢!


⬛️いままでの彼女とは違うタイプの奥さんと結婚を決めました!

チーママ
3人の結婚のきっかけは?「この子と結婚したい!」みたいなのはあったわけ?

齋藤
僕の場合は、今の奥さんと付き合い始めた時は、元カノと別れて時間が経ってたんですが、その元カノと真逆のタイプで。
すごく落ち着くし居心地がいいから、結婚もアリなのかもって思ったのがきっかけ

常連Yちゃん
フムフム……。

チーママ
あんた、今年イチ、細かくメモってるじゃないの(笑)!

齋藤
それで逆算して、何歳で転職したいからここで結婚して…って。
僕たち、社内結婚なんだけど、会社の歴史上初の社内結婚だったから、社長はじめ上の人たちからご祝儀もいっぱいもらえそうだったんです。
だから転職1年前には結婚式をしよう、つまりここでプロポーズしようって(笑)。

石田
超、打算的(笑)!

一同
あはは(笑)!
相園
僕は、27歳ぐらいまでには結婚したいな〜って思ってたんだけど、結婚相手が見つからなくて。
それなら次付き合った人と結婚するって決めちゃおうってなって。それが今の妻。
結婚を決めた理由は、今まで付き合った人とまったくタイプが違うから。喧嘩はたくさんしそうだけど、面白そうだなって思ったんです。

常連Yちゃん
斎藤さんと一緒ですね、これポイントじゃん!メモメモ……。

石田
あ、ちなみに僕は奥さんが、中学校の同級生なんだよね。
高校の時に付き合いはじめたんだけど、大学進学で僕だけ浪人することになったら、大学生になった今の奥さんから生ゴミのように捨てられて(笑)。
それで、「女性って怖ぇー!」ってなりました(笑)。だけど別れても10年ぐらい普通に友達で、29歳ぐらいでよりを戻しましたね。

その時もまだ結婚願望がなかったんだけど、奥さん料理上手で、胃袋おさえられちゃって(笑)
何も食べずにお腹空いて夜帰った時、じゃあ何か作るね、トントントン……って小鉢2品出てきた時は、なんだこの楽な生活は!って(笑)。
それで結婚を決めました。

常連Yちゃん
チーママ!!今すぐ私に料理おしえて!

チーママ
言うと思ったわよ(笑)!はいはい、今度ね。


⬛️出産にはもちろん、立ち会いました。無事に生まれたときは感動!

チーママ
それで3人はその後、順調に子どもができたわけ?

齋藤
子どもはもちろん逆算とかではなく(笑)、いつでもいいかなって思ってたけど、結婚半年ぐらいしてから自然にできたかな。

石田
うちは奥さんも子どもが欲しいという気持ちがあったので、けっこう頑張りました(笑)

チーママ
あらやだ、若いって証拠♡

相園
うちは妻も30歳過ぎてたから、早めに子どもが欲しいって話をしていたんだけど、なかなかできなくて……。
検査したりタイミング見たりで、授かるまでになんだかんだ4年ぐらいかかったかな。
4年間って結構長くて、僕もだし、妻はもっとお互いの親からプレッシャーをかけられて、実家には帰りたくない!みたいな時期とか、喧嘩が続いた時期もあったりしたけどね。
結果、子どもができてよかったです、本当に!

常連Yちゃん
そういえば最近は、旦那さんが出産に立ち会うのが普通だって聞いたんですけど。

3人
うん、立ち会ったね。

相園
生まれた瞬間は、本当に感動しましたね。

齋藤
うんうん。そして、うちは子供2人いるんだけど、2人とも安産だったね。

石田
うちは逆に2人とも難産だったよ。
1人目は、予定日10日すぎても陣痛来ないから促進剤使って、結果、帝王切開。
2人目こそ自然分娩で産みたいからって、1人目帝王切開でも2人目を自然分娩で産ませてくれる病院を探しまくって。
そこで自然分娩で産んだけど、陣痛30時間とかでこれも難産で。
でも、だからこそ今が幸せなのかな

常連Yちゃん
みなさん、いろいろあったんですね……。

チーママ
辛いことや悩んだ日々があるから、幸せをより噛み締められるのよね。
わかるわ〜。Yちゃんも、もっと苦労しないと、本当の幸せはやってこないかもね!

常連Yちゃん
え!じゃあまずは、料理の勉強から頑張りまぁ〜す!


⬛️毎週通っている常連Yちゃんの今週のまとめメモをチラ見せ☆

今は子煩悩でイクメン!っていうパパたちも、最初からイクメンっていうわけじゃないんだなぁ……。
イクメンという言葉すら知らなかったという強者パパもいたし(笑)

イクメンへの道はどこから始まったんだろう?
それはまた次回に聞けるのね!

………………
…………
……

次回は、「子供自慢」「親バカ自慢」について聞いてみました。
こちらのトークも、とっても盛り上がりそうな予感♡

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや


mamagirl編集部

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp