Facebook Twitter Instagram

出典:@sockshakikoさん

Lifestyle

靴下の収納、どうしてる?簡単アイデアと便利グッズを紹介!

人によってさまざまな、靴下の収納方法。2つ合わせてクルンと丸め、引き出しにしまっているという人も多いと思います。でも、サイズが小さいだけに、ほかの服の中に紛れこんだり、いつの間にか片方なくなったりすることも…。きれいに、そして取り出しやすく収納するのは意外と難しいですよね。今回は、身近なグッズを活用した靴下収納のアイデアをご紹介します!


■きれいに見える♡靴下の収納のコツ

靴下の収納は、なるべく大きさをそろえてたたみ、一目で色柄が分かるように、取り出しやすく並べてあると便利ですよね。とはいえ靴下は形もサイズもいろいろで収納しにくいのが難点です。ここでは、靴下を収納するときのコツをご紹介します。

・収納しやすい靴下のたたみ方


<小さめの靴下のたたみ方>

出典:筆者撮影

1.足の裏側を上にして平らにします。
2.裏同士を合わせて重ねます。
3.はき口側を下に折りたたみます。
4.つま先側をまとめてはき口の中に入れ込みます。

<ハイソックスのたたみ方>

出典:筆者撮影

1.足裏側を上にし、かかと部分で十字に重ねます。
2.両方の爪先を折りたたみます。
3.一方の側を、靴下の幅に合わせて折りたたみます。
4.残った側で全体をくるみます。

・靴下を収納する場所は?

引き出しにしまっている人が多いと思いますが、クローゼット内のかごにまとめて入れているという人や、玄関の引き出しにしまっておき、外出直前にはく人もいるようです。ライフスタイルや家族構成によって、ベストな収納場所は変わってきます。「靴下は引き出しにしまうもの」という考えを一度捨てて、「どこにしまえば一番便利か?」と柔軟に考えてみると、意外な場所が見つかるかもしれません。

・靴下のおすすめ収納方法


<仕切りを入れた引き出しに入れる>

出典:photoAC

多くのメーカーから、プラスチック製の仕切り板が販売されています。引き出し・ケースの大きさや使い方に合わせて、自由にレイアウトできるので、手持ちの靴下の数に合わせて組み立ててみましょう。

<たたんで並べる>

出典:@ie_memoさん

特別な収納グッズがなくてもできるのが、この方法。靴下はなるべく同じ大きさにそろえてたたむのがコツです。こうしてきれいに並べると、手持ちの靴下のラインナップが一目で分かるので便利です。

<吊るす>

出典:@aiemigramさん

「吊るす収納」は、たたんだり丸めたりしなくていいので、ずぼらさんにもおすすめのアイデア。画像は、100円ショップで販売されている突っ張り棒と、カーテンクリップを活用したもの。一足ずつカーテンクリップでまとめて、吊るしています。


■靴下収納に使える!人気の便利アイテム

最近は、靴下収納のための便利なアイテムや、使い方次第で靴下の収納に使えるアイテムがたくさんあります。人気のアイテムをご紹介します!

・ニトリの使えるアイテム

出典:@uedmkkさん

左端にある、小さな仕切りで分れたアイテムは、『ニトリ』の「整理ボックス(24マス)」です。やわらかい布製で、1マスが約5cm四方と、ちょうど靴下一足分が収まるサイズ。靴下同士が絡まったり、ほかの場所に紛れ込んだりするのを防げます。こうして全体を見られるようにしておけば、どんな色柄の靴下を何足持っているか一目で分かりますね。画像は、100円ショップのプラスチックケースを組み合わせることで、整理ボックスのマスに入りきらない厚みのある靴下もいっしょに収納しています。

・無印の使えるアイテム

出典:筆者撮影

『無印良品(むじるしりょうひん)』のベストセラーアイテム「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」です。洗濯後に干すとき、洗濯バサミ代わりに挟んで干し、乾いたらそのまま取り込んでクローゼットの突っ張り棒などにひっかけておきます。一足ずつセットにしておけるので、ほかの服に紛れる心配がありません。

・100均の使えるアイテム


<紙コップ>

出典:筆者撮影

100円ショップで販売されている紙コップも、実は優秀な収納アイテム。引き出しの中に紙コップを立てて入れ、クルクル丸めた靴下を一足ずつ入れていきます。こうすると、引き出しの中で混ざらず、色柄も一目で分かります。紙コップにはさまざまなサイズがあるので、靴下の大きさに合わせて選べます。また、汚れたりへたってきたりしたら気軽に交換できるお値段なので、衛生的でコスパも優秀です!

<ソックスハンガー>

出典:@chiii.lifeさん

浅ばきタイプのソックス(フットカバー)を愛用している人は多いですが、小さいのでいつの間にかなくなってしまった経験はないでしょうか?そんなときは、こんな「ソックスハンガー」が便利。洗濯後にかぶせて干し、乾いたらそのまま収納できます。画像のように、引き出しに立てて収納すればスッキリ収納できるほか、穴の部分でひっかけて収納してもOK。画像は『mon・o・tone(モノトーン)』の「No-Showソックスハンガー」ですが、セリアなど100円ショップでも同様の商品が販売されています。


■靴下の収納は、便利グッズを使ってシンプル&きれいに!

身近なグッズを使った、靴下収納のアイデアをご紹介しました。靴下がきれいに収納されていると、気分がいいだけでなく、服のコーデに合わせて色や柄を選びやすいというメリットもあります。早速今日から、靴下の収納方法を見直してみませんか?

cacao

男の子2人のママ。本やマンガ、時短家事とプチプラインテリア雑貨が大好き!仕事と子育ての合間を縫って映画館や美術館に出没中。ママたちがほっとひと息つける情報を発信します♡
【Instagram】kiracac

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp