Lifestyle

【ママガールズトーク】私たち「国際結婚しました」ママです!①

友達やパパには言えないことが、ママたちにはあるんです。そんなリアルな悩みや不満、ときにはノロケも、覆面だからぶっちゃけられる!そんなリアルなママ座談会企画。【11月】は、私たち「国際結婚しました」ママ、2人にお話しをうかがいました。第1回は「結婚の馴れ初め」。外国人パパと、どこでどんな風に知り合ったかを気になるポイントをとことん聞いちゃいました!

⬛️国際結婚について語りたいママ2人は、こちら!

Aさん40歳/結婚2年目で、10歳の女の子と1歳の男の子のママ。旦那さんはオーストラリア人。

Bさん29歳/結婚2年目で、1歳2ヶ月の男の子のママ。旦那さんはオーストラリア人。


■なんとお二人とも旦那様は、オーストラリア人!けれど英語は話せない⁉

ーー2人とも、オーストラリア人の旦那さんと結婚されたんですね。じつは今日はもう1人国際結婚をしたママが参加するはずだったんですが、お子さんが熱を出してしまって……。でもオーストラリア人男性との結婚事情について、詳しくなりそう(笑)!



全員
あははは(笑)!

Bさん
私、実は英語がしゃべれないんですよ。

Aさん
一緒だ〜!よかった。私も、リスニングはできるんだけど。
話せないから、日々ストレスを感じながら生きてます(笑)。


■元は幼稚園の先生!? どうして海外パパと結婚することに?

ーー言葉の壁がやはりあるわけですね。そんな中で、お2人ともどのようにして旦那さんと出会ったんですか?



Bさん
私は、旦那さんに仕事を紹介したリクルーターが私の友達で。
ある時、居酒屋でその友達とばったり会った時に、旦那さんもいたんです。それでそのまま合流して一緒に飲んだのが始まり。
その時に連絡先を交換して、デートするようになりました。
旦那さんは外資のIT系会社に勤めていて、20歳年上の48歳なんだけど、最初年齢を教えてくれなくて。

ーーでも同世代ではないな、というような感じはあったんですか?(笑)



Bさん
そうそう(笑)
「30歳ではないだろうな、42、43?ぐらいならまだ…」って思ってたら、当時45歳!
年齢差がありすぎるから、ぶっちゃけ抵抗があったし、結婚する気で付き合わないといけないのかな、って思ってたけど、実際に付き合ってみたら年齢とか関係ない人だったんですよね。
日本人じゃないから、昔どんなアニメとかドラマ観てたかとかそういうのもないから、ジェネレーションギャップを感じないというか。

Aさん
うんうん。

Bさん
居酒屋で初めて会った次の朝、「コーヒー飲まない?」ってメールがきて、昼間に会うんだっていうのも好感度が高かったし。
旦那さんは日本語ペラペラだから、コミュニケーションが普通にとれたしね。

Aさん
うちの旦那さんも日本語ペラペラ
実は、私再婚で、前の旦那さんは27歳年上の日本人だったんだけど、今の旦那さんは4歳年下の36歳。
娘が通っていたインターナショナル幼稚園の先生だったの。
近くにいい幼稚園がなくて、たまたま近くにできたのがインターだったってだけなんだけど。
ついでに英語が覚えられれば一石二鳥かなって感覚で通い始めて(笑)。

ーーそこから恋愛に発展するものなんですね。



Aさん
いや、最初はもちろんただの先生。
当時私は離婚問題で親権なんかについて話し合ってる時で、そんな時に今の旦那さんが最後の年の担任になったんです。
卒園の時に謝恩会でいろんなプライベートな話まで聞いたりして、そこで初めて男性として意識したというか。
その後私は離婚して、彼は卒園後にそのまま幼稚園を辞めたから、娘の英語の個人レッスンで家にきてくれるようになったの。

ーーわーなんかすごくスムースな展開!



Aさん
前の旦那さんは、俺と重なってたんじゃないか?って激怒してたけど(笑)
それは全くなくて!
それで、英語のレッスンのあと「ご飯食べていく?一緒にDVD観る?」みたいな流れで、いつの間にか親しくなっていったの。


■一緒にいられる時間が心地よい!それが結婚の決め手でした

ーー外国人の場合、告白ってどんな感じなんですか?すっごいドラマチックなイメージです(笑)!



Bさん
うちは告白とかなかったな。前にアメリカ人と付き合ったことがあって、その人は告白してきたけど。
今の旦那さんとは、4回ぐらいデートしたあたりでそろそろ付き合うんだろうなって思ったの。
コーヒー片手に目黒川を歩きながら2〜3時間デートしたり、気を使わずに一緒にいられるのとか心地が良くて
美術館に行っても入り口でバイバイしてバラバラに行動するのも、外国人特有で、それも楽だった。毎回、次のデートの時間を決めて別れてて、なんか自然に付き合うようになってましたね。

Aさん
わかる!うちも個人レッスンからいつの間にか一緒にいるようになった感じかな。

ーーとくに告白もなく自然と付き合い始めたのはいいとして、でもそこからどうやって結婚の展開に?



Bさん
1年半付き合って結婚してもいいなって思った時に、追い詰めているわけじゃなかったんだけど、彼の年齢を逆算したら子供を早く産んだほうがいいんじゃないかなって思ったの。
彼は初婚だったし。それで話し合って、結婚することに。
オーストラリアの両親に会いに行ったり、一緒に指輪を選びに行って、妊娠7ヶ月の時に内輪でパーティーだけしました。
とにかく一緒にいて居心地がいいというのが結婚の決め手かな。彼もそう思っててくれたのも大きかったですね。

Aさん
私は小さい頃から病気を持っていて、2人目の子供は産めないかもって旦那さんに言ったら「子供好きだけどいいよ、関係ないから大丈夫だよ」って言ってくれたの。
それで私も年上だし、「今がチャンスだから結婚して子作りしてみる?」って。
今、ふたりで会社をやっているんだけど、当時はお金がなかったから。
彼がラインストーンをつけた紙のリングを作ってくれて、ひざをついて「結婚してください」って日本語でプロポーズされました。
紙のリングには恐竜のシールも貼ってあったんだけどね(笑)。

ーー可愛い〜♡



Aさん
いつもすごく一生懸命な人で、娘にもめちゃくちゃ優しくしてくれるの。
だからこの人と一緒にいたら幸せかなって思った。結婚式は明治神宮で、お互いの家族だけで挙げました。
旦那さんは、2人目の弟ができた時も大喜びで、お姉ちゃんと下の子の2人とも溺愛してくれてる。お姉ちゃんも弟のことが大好きで、いつもパパと2人で取り合いしてます(笑)。


【次回予告】出産、ママ友や家族との関係って?

国際結婚ママの出会いは、なんともドラマチック!
外国人パパのプロポーズ秘話もロマンティックでしたね♡

次回の第2回目は、子供を出産してみて感じたこと、周りのママ友や家族との関係などについて根ほり葉ほり聞いちゃいました!お楽しみに!

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!