Lifestyle

【パパメンズBar】僕たち20代でパパになりました!新米パパトーク③

都内某所にひっそりと佇む、名物チーママのいる隠れ家バー。そこにやってきたのは、20代でパパになったイケメン3人組が!さぁ、今宵も妻に内緒の隠れ家トークがスタート☆【11月のテーマ】は、20代でパパになってよかったこと・あきらめたこと!前回はパパになるまでの道のりや、新米パパあるある話などで大盛り上がりでしたが、今度は「彼女から妻、そしてママになった奥さん」について。前後編の前編を第3回ではお届け!

■今月のお客様はこちらの3人!

黒須 駿さん27歳/外資系人材企業勤務。結婚1年半で、子どもは10ヶ月の男の子。ママは25歳で、会社員。

冨田倫太郎さん29歳/会社経営。結婚1年目で、お子さんは1歳2ヶ月の男の子。ママは31歳で主婦。

泉 航平さん27歳/IT系会社勤務。結婚2年目で、お子さんは6か月の女の子。ママは27歳で主婦。


⬛️妻の機嫌が悪いことはしょっちゅう。「お疲れ様」が欲しいだけなのに!

常連Yちゃん
20代ってまだ周りはみんな彼女、という人が多いと思うのですが。
彼女から妻、そしてママになった奥さんを見て3人はどう思います?変わったところはやっぱりあるんですか?

黒須
う~ん、あんまりないかもなぁ。

冨田
僕も。って面白くないよね、これじゃ(笑)。
あえていえば、もうちょっと僕に興味を持ってくれてもいいよねとは思う。
「今日こういう契約が決まったよ!」とか「○○の任期が終わったよ」って仕事の報告をしても、「そっか~」だけだとちょっと寂しいですね。
「お疲れ様」のひと言でいいから、よろこびとか感動を共有したいんです……、


わかる!「仕事ででかい予算が取れたんだよね、大変だったけど」って言うと、「私の方が大変なんだから」って、結果ネガティブに“大変”の被せあい……。うーん!寂しい!!

冨田
自営業とはいえ家にいる時間は短かったりするから、せめて休日だけはみんなが気分よくいたいんだよね。
それなのに妻だけが機嫌が悪いときがあると、やっぱりちょっとさみしいというか。でもそんなこと言えるわけもないから「がんばれ俺」ってなる(笑)。

全員
あははは(笑)。

チーママ
女はいつでも、理由なく機嫌が悪いもんなのよ。でも、機嫌悪い時ってどうやってご機嫌とるの?

冨田
怒っている時はもう、何も言わないかな。
妻もウチの両親と一緒に住んでいるからはけ口もないだろうし、ただ吐き出したいだけなんだと思って

チーママ
偉いわねぇ、あんたモテるでしょ(笑)。

冨田
全然っすよ(笑)。でも車でドライブする時間を大事にしているんです、僕。
後ろで子供が寝ていて、妻が助手席にいる時が、唯一落ち着いて妻と話せる時間だから。わざわざそういう時間を作るのは大事だと思っています。

常連Yちゃん
みんな努力しているんですね。それだとあまりケンカにもならないのでは?


ケンカっていうか、言い合いというか……。
解決しない時も多くて、お互いに納得しないままそっとフタをする、みたいな(笑)。

黒須
あからさまなケンカみたいなのはほとんどないかな、うちは。
もちろん奥さんが不機嫌なこともありますよ、20時に帰ってるのに「遅い」って言われたり。
でもこれ言っちゃダメだけど、ほかの家と比べてみてよって思っちゃうときもあるよね(笑)

冨田
……なんも言えねぇ(笑)。

全員
あははは(笑)。

冨田
奥さんが不機嫌だったりしていろいろ不満を思っても、絶対口にするなって先輩から言われたことがあるんだよね。
だからいつも、僕があやまる、以上。財布の紐は全て夫がにぎるけど、僕の妻の手のひらにうまく転がされていて。
それが僕も妻も気分よくいられるからいんですけどね(笑)
でも、そんな中でも頑張っていると思っているから、ちょっとは労ってほしい時もあるんだけどね(笑)


最近ね、うちでいい秘策を始めたの。うち、【伝えたいことBOX】っていうのを導入しているんだけどさ。

常連Yちゃん
なにそれ、新しい!どういうシステムなんですか?


お互いに伝えたいことを書いてそのBOXに入れるんだけど、ルールがあるんだよね。
いいことを書く時はいいんだけど、悪いことを書く時は、それプラスいいことを2個書くの
これ、結婚前の同棲時代にふたりで発案したやつで、結婚後も続けていたんだけど、だんだんやらなくなっちゃってたんだけど。
それで、最近もう1回やろうってことになってるんだよね

チーママ
夫婦だけのルールって感じでステキねぇ。


たとえば怒って紙とペンを持つんだけど、でも書くまでのことじゃないか……!って思えるんですよ(笑)

チーママ
うちの店でもやろうかしら。悪いこと1つ書いたら、いいところ10個書くルールで。

常連Yちゃん
それ、成立する気しない(苦笑)。


⬛️家族ができて行動はいろいろ制限されるけど、すごく平和な休日!

常連Yちゃん
結婚して子供が生まれたことで、なにか諦めたってありますか?

黒須
僕の場合は、土日はまったく動かなくなったこと
独身時代は、セミナーとかイベントやったりかなりアクティブだったんだけど。
でも、だからといって今の状況は不満じゃない。家族と買い物に行ったり、公園にいったり、すごく平和。

常連Yちゃん
黒須さんのうちはまだお子さんが小さいから、まだ行動範囲も少ないのかな?

黒須
そうなんだよね。いま子供は10ヶ月なんだけど、プロポーズプランナーからもらったディズニーランドのチケットがあるから、もう少ししたら行ってみようかな。

冨田
そうそう!うちの母、ディズニーシーにあるダッフィー専門店で働いてるんだよ(笑)。
大阪弁だからすぐわかると思う(笑)。見つけてみて!

全員
マジで?(笑)

チーママ
隠れミッキーならぬ、隠れおかんね!

冨田
初めてのディズニーだと【ファーストビジットシール】がもらえるんだよね。
それを子どもに貼って歩くのもいい思い出になるよね。

チーママ
若いパパとママが子供連れてディズニーとか、うらやましいわ〜!



⬛️毎週通っている常連Yちゃんの今週のまとめメモをチラ見せ☆

自分だけが黙ってればいいとか我慢して頑張ればいいとか……パパたちってみんな、心が広い!

20代パパたちは、先輩パパたちのアドバイスもしっかり実践してるみたいだし。
やっぱりイクメンパパもみんな言ってたけど「ありがとう」「ごめんね」「お疲れ様」などの感謝とか労いの言葉って、パパたちにとってはすごく大事みたい。


さて次回の最終回は!
「彼女から妻、そしてママになった奥さん」についての後編です。
来週土曜日の22時もお楽しみに!


【パパメンズBar】パパたちが考える“イクメン”とは?①
【パパメンズBar】パパたちが考える“イクメン”とは?②
【パパメンズBar】パパたちが考える“イクメン”とは?③

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!