Lifestyle

【ワーママ1日密着】2人目を産んで転職!Amazonで活躍するママ

育児も仕事も頑張りながら、トレンドにも敏感なママに1日密着する今週のワーキングママガール企画。第15回は、Amazon ジャパンでブランドスペシャリストとして働く森本 純さんの1日についてうかがいました。2017年、一大決心をして現在の会社へ転職したばかり。在宅勤務も活用しながら働いています。会社は子育てに理解があり、社内では家族イベントも多々あるそう。早速、森本さんの24時間をチェック!

■子どもがいても働きやすい職場を求め前向きな転職を!森本 純さんとは?

・お名前


森本 純さん(会社員・34歳)
2018年10月で5歳の男の子と、2歳の女の子のママ

・きっかけは先輩からのアドバイス
    ~結婚から出産まで~


先輩ママからの「結婚なんて考えても決まらないんだから、目をつぶって飛んじゃいなさい」と言うアドバイスを聞いて、結婚を決意したそう。
「確かに考えて決まるものじゃないですよね。今、後輩に同じことを聞かれたら、同じように答えるかもしれません(笑)」

妊娠は結婚から約2年後、全く予期していなかったのですごく驚いたのだとか。
「自分がママとしてやっていけるのか不安でした」。一人目の息子くん出産は「死ぬかと思った」というぐらい痛かったそう。
二人目となる娘ちゃん出産の時は、一人目と比較するとずっと楽で「人間、経験の有無って大きいな」と思ったのだとか。

・在宅勤務やファミリーイベントも充実
   ~就職から復職まで~



大学を卒業後は広告代理店の営業職に従事。
「就活は大変でした。大学が都内から遠く当時は電車も無かったので、バスで都内まで行っていました。朝のラッシュに巻き込まれると3時間近くかかることも……」。

広告代理店に就職して約7年後に一人目の妊娠&出産。産休は、出産予定日の約1ヶ月前から。育休は出産後約1年間取って職場に復帰。
保活は、一人目の息子くんの時は認可保育園に落ちてしまい、近所に新規開園した小規模保育ルームに。しかし預けられるのは2歳までだったため、職場復帰後も保活を続け、翌年認可保育園へ転園。
二人目の娘ちゃんは、お兄ちゃんと同じところへ無事に入園しました。

転職は、なんと3度目の正直(!?)だったそう。
1度目は入社して3年目のタイミングに、2度目は息子くん妊娠のタイミングでした。いずれも意思確認の際に機会が合わず辞退したそう。
現在働いているAmazon ジャパンへの転職を決めたのは、二人目となる娘ちゃんを出産して職場復帰間もない頃でした。「2人子供がいるなかで、自分にとってはかなりの挑戦でした」。エージェンシー経由で転職活動をし、子供がいても働きやすく且つ、前向きな転職を希望したそう。

Amazonでは、ブランドスペシャリストとしていくつかのメーカーを担当。
「分かりやすく言うと、特定のブランドのAmazon店の店長のようなイメージでしょうか。売上を作るために、在庫周りの管理から、オリジナル商品の企画まで、幅広く携われます。忙しいですが、やりがいもあります」
商談等がない場合は在宅勤務も可能。会議もオンラインで参加できるため、子どもの急な病気にも対応し易いそうです。
また、社員向けのファミリーイベント(野球観戦やHalloweenなど)も多数あり、子育てしながら働くことに理解のある会社だそうです。


■森本 純さんの1日のスケジュールを紹介!

【5:30】
起床
シャワー&自分の身支度をして携帯で仕事のメールチェック。
朝は、子どもを起こす前にコーヒーをいれて気合をいれつつ、香りで癒されています。

【6:00】
洗濯ものを畳んで、朝食づくり
洗濯ものは、前日の夜に洗濯~乾燥までしてくれる洗濯乾燥機のおかげ!
朝食は子どもたちの分だけ作ります。私は、キッチンでコーヒーを飲んでパンをかじる程度(笑)

【6:30】
子どもたちを起こす

【7:45】
出勤&登園
お兄ちゃんが妹の手を引っ張ってくれることも♡
通勤途中に園があるので、ベビーカーに荷物を下げて徒歩で登園します。

火曜日は会社で英語のクラスを受講しているので、6:30に自宅を出ます!

【8:30】
出社
フレックス制なので出社時間は決まっていませんが、9:00までには出社。お迎えがあるので、会議などは朝早い方が嬉しいです。

【9:00】
仕事
デスクワークが多いですが、商談や会議もよくあります。

【12:00】
ランチ
ほとんどは仕事しながらお弁当(社食で購入)を食べます。社員証で決済できるのがとっても便利!
商談や会議が昼にある事も多いので、12:00-14:30の間に食事。週に1回くらいは同僚と外でランチしてリフレッシュします。
<POINT>
その頃家では……、お掃除ロボットが綺麗にお掃除中!

【13:00】
仕事

【18:00】
退社
もっと会社で仕事をしたいのに、後ろ髪をひかれつつ退社。

【19:00】
子どものお迎え
19:00くらいまでにはお迎えに。

【19:30】
夕食作り
週末に大量に作って、冷蔵庫に入れておきます。
同時に長男の公文の宿題も見ます。

【19:45】
夕食
<POINT>
野菜はお味噌汁にたくさん入れるように!週の後半は食卓が少し寂しくなることも(笑)
せめてもの!と思い、器はこだわってかわいいものを使っています。

【20:00】
夕食や保育園の荷物の片付け
私は5分程度で食べ終わり、子供が食べている間に、夕食の片付け、保育園の荷物の片付け。子供が生まれてから食べるのが早くなりました!

【20:45】
お風呂

【21:30】
子どもの寝かしつけ
一緒に寝落ちする事も多々。

【22:00】
洗濯しながら残りの仕事

【0:30】
就寝
時間があるときはSNSをチェックしたり、映画を見たりリフレッシュタイムにも。
ただ、力尽きて寝ることの方が多いのも事実……。


■森本 純さんのマル秘テクニック!

・お掃除はロボットにお任せ!


掃除はお掃除ロボットだより。朝、出かける前に子供たちに「ロボット動くから綺麗にして~おもちゃ食べられちゃうよ」というと、片付けてくれます。

■森本 純さんのガールなときは?

仕事と子育てで忙しい中でも、たまに子供が早く寝た金曜日に、甘いものを食べるのがリフレッシュ法のひとつ。
月に1~2回程度は、友達や同僚と飲みにいくことでストレス発散をしています。

適度にこういった自分自身の癒しの時間を作ることで、ママでも妻でもないガールの時間を楽しんでいるのかも⁉


■森本 純さんのファッションをチェック!

・会社はカジュアルもOK! 清潔感を大切に


カジュアルな服装OKな会社ですが、人と会った時にも清潔感があるような服装を心がけています。今日のポイントは、白のニットとジーンズ、黒のショートブーツで、シンプル!白ニットはゆったりしてるけど、丈がパンツに合わせるのにちょうど良いです。

・ヒールを履いて気分をUP!


ヒールが好きなので、ヒールを履くことが多いです。気分がパリっとします。家で仕事をするためにPCを持ち帰るので、鞄は大きめなものを使います。リュックやトートなど、3~4種類をその日の気分や天気によって使い分け。



■家事代行やシッターサービスをフル活用して時間を作るのもひとつの手!

Amazon ジャパンで働く先輩ママは家事や子育てサービスを積極的に活用している人も多いそう。
「今の会社には家事代行やシッターを活用している人も多いです。また『ママなんだから帰った方が…』的な発想が少なく、働くママに理解ある会社だと感じています」。

転職当初感じていた、仕事と子育ての両立への不安も今は程よく肩の力を抜けるように。「子供がいる事でキャリアをあきらめる人も多いですが、思い切って転職して本当に良かったです」と森本さん。


■読者モデル&モニター「mamagirlラボメンバー」大募集!

mamagirlラボでは、mamagirlの一員になってwebや雑誌に出たり、イベントや座談会、アンケート、インスタ投稿などのプチワークもやってみたいという人など幅広く募集しています。

応募方法
1・mamagirl公式ママ投稿アプリ(無料)「KirataPost」をダウンロードして会員登録。
2・募集バナーから応募フォームにアクセス。mamagirlのwebサイト、KiraraPostのアプリどちらからでもOK。
[mamagirl web]トップページ下方の募集バナー
[KiraraPost]のMagazineカテゴリーの募集バナー
どちらかから応募してください。

地方の方でも大歓迎♪ ご応募お待ちしております!

構成・文/まっしー

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!