Lifestyle

イギリスのクリスマスは集まる親戚全員にプレゼントを渡します!

毎月各国1回更新、世界各地のママライターによる【世界のmamagirlから】。
ロンドンに住むEmiが今月のテーマ「クリスマスについて」をお話します。

ハロウィンが終わると途端に盛り上がりを見せるロンドンのクリスマス。イギリスのほっこりしたクリスマスの過ごし方を一緒に覗いてみましょう!

Q1.その国にとってクリスマスってどんな行事?クリスマスの定番といえば

A1. 家族が集まる1年で1番大事な日。

家族みんなでクリスマスディナーを食べます!

子どもたちもしっかりお手伝いしてクリスマスの準備♪

キリスト教国のイギリスにとってクリスマスは一番大事なイベント。クリスマスイヴと当日は皆家族で過ごすため、街ががらーんとします。交通機関も完全ストップ!人がほとんど歩いていない静かな街を見ながらクリスマスのご馳走を家族で食べて、プレゼントを渡し合う。これがイギリスの定番の過ごし方です。雰囲気としては、日本のお正月が近いかもしれませんね!

Q2. 日本との違いは?

A2. 盛り上がりピークはクリスマスイヴやクリスマス当日じゃないところ!


日本ではクリスマスイヴや当日に向けてピークが来ますが、イギリスではクリスマスの盛り上がりのピークは12月に入ってから20日頃まで。それを過ぎるとどんどんお店が閉まって皆さんクリスマスホリデーに入ってしまいます。

ロンドンのクリスマス時期限定の移動遊園地も大人気スポットです♡

街中のあちこちの広場にクリスマスマーケットが出没します!!

スケートリンクもあちこちに設置されてます!まるで映画の世界みたい♪

イギリス旅行では素敵なクリスマスをと考えている方は是非ご注意を!!盛り上がるロンドンを見たければ是非クリスマスより前にお越しください!

Q3. 前準備はする?いつから?

12月が始まると大忙し!


ハロウィンが終わると段々とクリスマスムードが高まり、11月の3週目には生のもみの木が売られ、沢山の人がクリスマスツリーを買いに来ます。オーナメントやクリスマスプレゼント用の商品などが沢山並び、街が活気づきます。そして家族や友達のためのクリスマスプレゼントを買いに奔走するのは12月に入ってから。お家にもよりますが、イギリスのクリスマスは集まる親戚全員にプレゼントを用意します。ラッピングも基本はセルフサービスなので、長いプレゼントリストを片手にみんなデパートをハシゴして大忙し!

スーパーの店内でも生木が売られています!イギリスではご家庭でも生木派が多いです!

クリスマスカードは日本の年賀状のようなもの。家族や友人、職場に送ります。デザインも色々あって見ているだけで楽しいです♪

筆者が毎年開催しているクリスマスリースレッスンの風景。ハンドメイドででクリスマスの準備をするのもイギリスらしさですね!

ロンドン最大の花市場では、リースやテーブル装飾に使うグリーンがこんなにワイルドに売られています!

完成したクリスマスリース。孔雀の羽やドライオレンジ、シナモンなどナチュラルな素材がイギリスでは人気です。

また、クリスマスリースやスワッグなどを手作りしてクリスマスを楽しみに待ちます。ハンドメイド大国イギリスではリースや暖炉の上のデコレーションも手作り!市場にはたくさんのデコレーショングッズが売られています。

Q4. 当日はどこにいる?誰と?

A4. もちろん家族でまったりほっこり!


クリスマス当日は、お店も交通機関もほとんどストップしているので、お家で家族でのんびり過ごします。ツリーの下に大事に置いてあったプレゼントを開ける、子どもたちにとっては待ちに待った朝です♡

お友達のお家のクリスマス当日の様子。真剣な顔でプレゼントを開ける子どもたちが可愛い♡

ご主人がアイルランド出身のファミリー。みんな本当に素敵な笑顔です!

Q5.食べ物はどんなものをたべる?

A5. 定番はミンスパイ!


クリスマスの定番といえば、お肉料理と食後に食べるミンスパイ。ミンスパイ用のラム酒バターと食べるミンスパイは絶品です!ミンスパイは1口目を食べる時にお願いごとをしながら食べると願いが叶うと言われているそうですよ!

星型が可愛すぎるミンスパイ。中身は元々はお肉だったのですが、今はドライフルーツが主流です。

ローストビーフもクリスマス定番のご馳走。

その他メインに並ぶのは、丸ごと1羽のローストターキーやブリュッセルスプラウトと呼ばれる芽キャベツなど、日本では見慣れないものばかり!

Q6.プレゼントはある?

ターゲットは家族全員!プレゼント合戦


プレゼントは子どもたちにだけではなく、家族みんなにあります♪一人一人が集まる家族一人一人にプレゼントを用意します。

クリスマスプレゼントが所狭しと!この時期限定のお菓子や紅茶やおもちゃもあって迷います!

箱がアドベントカレンダーになっていて、一日一日プレゼントが開けられるようになってます♡中身はリキュールだったりコスメだったりおもちゃだったり♪

お父さん用、息子用、細かく別れたカードがズラリ!

ラッピングもカードも「To Uncle」や「To Granddaughter」など細かく分かれて用意されています。大人も貰えるなんて、ちょっと羨ましい。。。(笑)

Q7.サンタさんはどんな存在?

サンタさんはイギリスでももちろん人気者!しかし、イギリスでは「サンタクロース」ではなく、「ファーザークリスマス」と呼びます。なんだかカッコイイ(笑)。サンタでも通じますが、こっちの方がイギリスでは主流ですね。

うちの息子もサンタさんが大好き!ちょっとこの写真は怖がり気味ですが(笑)。

子どもたちはイヴには、サンタさんにお手紙を書き、ブランデーとミンスパイを置いておくのだそう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はイギリスの華やかなクリスマスというよりは、ほっこりした家庭的なクリスマスの過ごし方をレポートしました!

皆様もご家族で素敵なクリスマスを♪

Emi

2歳の男の子のママ。現在旦那さんのお仕事の関係でロンドンに住み始めて3年。現在は、子育てをしながらフローラルデザイナーとして活動中!
新しいもの好き、映画好き、旅好きで、最近ハマっているのは、映画のロケ地めぐり!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!