Facebook Twitter Instagram

mamagirlより

Beauty

乳液クレンジングが新たなブーム!肌タイプ別おすすめ乳液も紹介

美肌を意識する女性たちの間で、今話題を集めているのが「乳液クレンジング」。その名のとおり、スキンケアアイテムとして使われている“乳液”を使用してメイク落としを行なう、新しいクレンジング方法です。今回は、そんな乳液クレンジングの魅力を大解剖!お肌を美しく保ちたい人は、必見です!


■乳液クレンジングとは?

出典:ぱくたそ

乳液クレンジングとは、乳液に含まれる油分を使用して、メイクを落とすクレンジング方法のこと。クレンジング系アイテムの使用は、お肌が必要としている油分まで落としてしまう心配もあります。
一方乳液クレンジングでは、お肌への負担を減らしながらやさしくメイクを落とすことが可能。肌タイプにとらわれることなくメイク落としを行なうことができるので、お肌への負担を減らしたい人からも注目されているクレンジング方法です。
乳液は保湿を目的として開発されているため、乳液クレンジングを行なうことで、肌へうるおいを与えながらメイクを落とすことが可能に。
乾燥の気になる季節にも、おすすめのクレンジング方法と言えます。


■乳液クレンジングができる条件

乳液クレンジングを実践するには、いくつかの条件があります。条件をクリアしたうえで、乳液クレンジングの良さを体感してみましょう。

・油分の入った乳液を使う

出典:@ ayannu61さん

乳液でクレンジングを行なう際に重要となるのが、乳液にしっかりと油分が含まれているかどうかということ。乳液クレンジングは、乳液に含まれている油分の力を使って、メイクを落とします。
メイクに含まれる油分と、乳液に含まれる油分が反応し合うことで、乳液クレンジングが成り立っているのです。油分の少ない乳液をクレンジングに使用してしまうと、メイクが落ちず肌に汚れが残ったままの状態となってしまいます。
お肌への負担を減らしたいために始めた乳液クレンジングでも、メイク落としの力が弱ければ、元も子もありません。きちんときれいな肌を保つためには、油分の多い乳液を使うようにしましょう。

・ナチュラルメイクである

乳液クレンジングは、クレンジングオイルなどに比べると、洗浄力が劣るもの。しっかりメイクや濃いアイメイクを落とすのは、得意としていません。
そのため、乳液クレンジングを実践するときは、ナチュラルメイクを意識するのが重要なポイント。ナチュラルメイクであれば、乳液の油分を利用してさっぱりと素肌の状態へ戻すことができます。

・時間をかけて落とす

出典:mamagirl2018秋号

クレンジング用のアイテムとは違い、乳液は肌に乗せた瞬間メイクが浮き上がるようなものではありません。そのため、乳液を使ってクレンジングする際は、ゆっくりとていねいにメイクを落とすのが鉄則。
そもそも、お肌にやさしいアイテムを使用しても、ゴシゴシこすりながら短時間でクレンジングを済ませるのは、お肌にとっていいことではありません。お肌をきれいに保つためにも、ゆっくりと時間をかけてクレンジング行ないましょう。


■乳液でクレンジングする方法

乳液でクレンジングをする場合は、あらかじめいくつか準備をしておかなければいけないことがあります。順番にステップをふみながら、乳液を使ってていねいにクレンジングを行なっていきましょう。

・準備するもの3つ!

出典:ぱくたそ

乳液クレンジングをする前には、いくつか準備しておかないといけないものがあります。まずは、クレンジングの主役となる「乳液」。次に用意するのが、メイクを落とすために必要となる「コットン」。最後に、浮き上がった汚れをふき取るための「化粧水」or「精製水」です。
乳液は、先ほどご紹介したようにできるだけ油分の多いものを用意。コットン関しては特に“これでないといけない!”というものはありませんが、敏感肌のかたは綿100%のものを使用するのがおすすめです。
拭き取りの際に使用する化粧水は、使い慣れているものを選ぶのがベスト。精製水は、コンタクト洗浄用ではないものを使うようにしましょう。

・乳液クレンジングを始める前に

出典:mamagirl2018春号

マスカラなどのアイメイクをしている人は、まず乳液クレンジング前に専用リムーバーなどを使用して、アイメイクをオフしておきましょう。
乳液クレンジングだけでは、まつげに密着したマスカラを落とすことができません。そのため、目元には専用のクレンジングアイテムを使うのがおすすめ。
アイメイクをきちんと落としてから、顔全体の乳液クレンジングを始めるようにしましょう。

・乳液クレンジングの手順

出典:mamagirl2018夏号

乳液クレンジングを始めるときは、まず普段スキンケア目的で乳液を使用するときの、3~5倍量をコットンに浸します。乳液がじゅうぶん染み渡ったコットンを使って、顔全体にクルクルと円を描くようなイメージで、コットンを滑らせていきましょう。
コットンでメイクの汚れを落としたら、新しいコットンに化粧水・精製水を浸して、やさしく拭き取っていきます。このとき、コットンから水分がしたたるくらいに、化粧水・精製水をひたしておくのがポイントです。
以上の3ステップを顔全体に行ない、コットンにメイク汚れがつかなくなるまで続けましょう。


■乳液クレンジング後のお手入れは?

乳液クレンジングでお肌がきれいになったら、仕上げのスキンケアを忘れないように行ないましょう。まずは、お肌に残った汚れをきれいさっぱり落とすために、洗顔を行ないます。
顔全体の汚れを落とすことができたら、やさしくタオルで水気を拭きとり、いつも通りのスキンケアを。クレンジングオイルなどを使用したときと違い、洗顔後も顔がつっぱらないことに気づく人が多いことかと思います。
締めのスキンケアもしっかり行なうことで、乳液クレンジングで得られる水分をギュッと閉じ込めることができるのです。


■乳液クレンジングにおすすめの商品は?

・エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク II

出典:神崎恵さん24時間保湿メソッド☆美肌の秘訣に迫る!

アルビオンから発売されている、美白効果を意識した乳液「エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク II」。コスメ通販サイトでも上位にランキングしている、人気ブランドの乳液です。乳液ならではのなめらかさに加え、油分をプラスしてコクのあるテクスチャーに仕上がっているこの乳液は、乳液クレンジングにもぴったりのアイテム。
シミ抑制効果も期待できる乳液なので、クレンジング+洗顔後のスキンケアで使うのがおすすめです。

・乳液・敏感肌用・高保湿タイプ

出典:mamagirl2018秋号

敏感肌タイプのかたにおすすめなのが、無印良品の「乳液・敏感肌用・高保湿タイプ」。お肌にやさしい処方で作られているだけでなく、岩手県の天然水を使用するなどしていることから、お肌をいたわりながらメイクを落とすことができる乳液です。
乳液クレンジングではたっぷりと乳液を使用することから、リーズナブルな価格で手に入るのもうれしいポイント。
とにかくお肌への負担を減らしたいという人は、無印良品の乳液を試してみてください。


■乳液クレンジングでお肌をストレスから守ろう

保湿しながらメイクを落とすことができるとあって、乳液クレンジングは美肌を意識する人にぜひおすすめしたいクレンジング方法。
クレンジングが与えるお肌への影響が気になるというかたは、乳液クレンジングを試して、クレンジング後の違いを実感してみてください。

syksn

おかっぱヘアの5歳女の子と、自宅で誕生した0歳男の子のママ。お笑いをこよなく愛する大阪人です。子供たちと好きな芸人の漫才を見ながら、日々我が子のお笑いセンスを磨いています。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp