Facebook Twitter Instagram

日差しがいっぱい入る、開放的な空間です

Lifestyle

【#子連れカフェ東京】ニューヨーク発!朝食特化の子連れ歓迎カフェegg

【#子連れカフェ東京vol.7】egg東京農大世田谷通り店@用賀。ミーハーママが行ってみたい話題のカフェをリアルにナビします。子連れに優しいポイントもチェック。
第7回目はニューヨーク発!食材にこだわったオールデイブレックファーストレストラン『egg(エッグ)』です。

ニューヨークの朝食文化を牽引するスタイリッシュなレストラン日本2号店!

eggは2005年ニューヨーク州ブルックリンで誕生したオールデイブレックファーストレストラン。アメリカ、特に南部スタイルの朝食メニューが終日いただけるというコンセプトです。
食材には特にこだわっていて、オーナーは地産地消、生産者とのコミュニケーションを大切にしていることもあり、ヘルシー志向&グルメなニューヨーカーの心を鷲掴み!
あっという間に人気店になり、日本には2017年、池袋に第1号店をオープン。世田谷区の農大前に新しくできたegg東京農大世田谷通り店は待望の2号店です。

朝食といえば思い浮かべるトーストやパンケーキ、サラダ、がっつりハンバーガーまでメニューはかなり豊富にそろっています。どのメニューに使われている食材も、オープン前にオーナー自ら日本各地の産地をまわって厳選したというから驚きです。

看板メニューはとろとろ半熟卵入りのブリオッシュトースト、エッグロスコ!

絶対にオーダーしたいのはeggオリジナル エッグロスコ(税込¥1,080)。ブリオッシュパンの中央に卵を入れて、ホワイトチェダーチーズをかけて焼き上げた卵料理です。ナイフを入れると、じゅわっと半熟卵がお目見え!濃厚なチーズ、バターのさくさくがうれしいブリオッシュとの相性は抜群です。

eggオリジナル エッグロスコ(税込¥1,080)。グリルトマトはもともとついていますが、あとのサイドディッシュは1品¥380でつけることができます。写真はケールとグリーンリーフのサラダです

実は、添えてあるグリルトマトもファン多数。よけいなものをいっさい入れず、トマトのうまみをじっくり凝縮させているのでこれだけでもおかわりしたいほど!「販売しないのか」という声も多いそうです。エッグロスコにのせて食べるのももちろんおいしい!

もう1つ、ここでしか食べられないオリジナルメニューはオーガニックグリッツボウル ベジタブル(税込¥1,500)。グリッツとは乾燥とうもろこしの実を粗めに挽いたもので、おかゆのように煮て食べるアメリカ南部の家庭料理です。グリッツは輸入食材店でも手に入るものですが、eggのグリッツは市販のものよりやや粗めに挽いてあるレアなもの!つぶつぶの食感も楽しめます。

オーガニックグリッツボウル ベジタブル(税込¥1,500)。グリッツボウルにはシュリンプバージョンもあります

旬のグリル野菜をトッピングし、にんじんとアーモンドベースのロメスコソースとポーチドエッグをからめながらいただきます!ソースは少しスパイシーなので、キッズに取り分ける場合は事前に辛さをチェックしてみて。ロメスコソースなしでのオーダーも可能です。

オーガニック小麦粉のパンケーキはしっとり、もちもち♡

eggはスイーツもご自慢メニューぞろい!なかでも終日楽しめるブレックファーストメニューに入っている、オーガニック小麦を使ったパンケーキ(Rサイズ税込¥ 1,600)はおさえておきたい♪
使われているのは有機農法のオーガニック小麦粉と、さとうきびから作られる非精製のカソナード(含蜜糖)、平飼い有機卵。どれも良質だからこそ味わえる超シンプルで濃い、これぞホンモノのパンケーキです!

オーガニック小麦を使ったパンケーキ(Rサイズ税込¥ 1,600)は3枚入り。Sサイズ(税込¥950)もあるので、ランチの後ちょっとだけデザートを食べたい!というときにもうれしい

バターとピュアメープルシロップでいただくのが王道ですが、サイドディッシュとして自家製ポークソーセージやグリルベーコンを添えてお食事メニューにするのもおすすめです!

メニューはそのほか、三浦野菜をふんだんに使ったディップスタイルのシェフズスペシャルサラダ(税込¥950)、白身魚のフィッシュフライバーガー タルタルソースで(税込¥1,300、11:30から提供)など気になるメニューがいっぱいです。ママ友とシェアでいろいろオーダーしたい!

■店舗情報

「egg東京農大世田谷通り店」
住所 東京都世田谷区上用賀2丁目4-28東京農業大学「食と農」の博物館1F
営業時間 9:00〜17:00(平日)、8:00〜17:00(土日祝) ※12〜3月は16:30閉店 ※ラストオーダーはそれぞれ1時間前
電話番号03-3706-0151
https://www.eggrestaurant.tokyo
(オプション情報)キッズチェア、キッズカトラリーあり、一部テイクアウトOK

◼ egg東京農大世田谷通り店の子連れOKポイント

キッズチェアやカトラリー完備、お絵描きクレヨン&絵本まである!

お絵描き作品をインスタに投稿する人も多いそう!

通常のキッズチェアほか、ソファ席用のチェアもたくさん用意されています

店の一番奥は、個室っぽい雰囲気。

テーブルには白い紙が敷いてあり、全席にクレヨンをセット。お客さんが自由にお絵描きを楽しめるようになっています。料理が来るまでの待ち時間も、これがあれば子どもも退屈知らず!

オーナー自らセレクトしたという絵本は、日本語&英語どちらもそろっています。キッズチェアは通常タイプとソファ用どちらも置いてあるし、子連れのグループにはほかのお客さんにあまり気を使わずに済むような奥まった席に案内してくれるなど、きめ細かな配慮に感動です♪

おむつ換え台のある広いトイレももちろんあります!

レストランのすぐ横に、無料の生き物展示コーナーあり!

温室になっていて、雨の日でも気軽に見学できます

さまざまな種類のサルを檻越しに観察!

egg東京農大世田谷通り店が入っているのは、東京農業大学「食と農」の博物館。レストランと同じ1階には、バイオリウムという生き物展示コーナーが一般開放されています。動物園、植物園、水族館というくくりを取り払った生き物空間というコンセプトで、サル、カメなどの動物やさまざまな植物が展示されているんです。しかも入館は無料!ランチやお茶ついでにふらっと立ち寄れるので、子どもも楽しめるはず。

■egg東京農大世田谷通り店への近道

目の前のけやき広場。広々としたスペースです

おしゃれなサインが目印!

小田急線の千歳船橋駅、東急田園都市線の用賀駅、または渋谷駅からバスで向かいます。下車はいずれも農大前の停留所。どの駅からも本数はたくさん出ています。降りたら東京農業大学向かいの「食と農」の博物館へ!1階なのですぐ見つかります。目の前はけやき広場。子どもが思いきり走り回れる広いスペースなので、ママ&キッズでいつもいっぱいです!

■まとめ

子連れで行きたい度★★★
女子会で行きたい度★★★
インスタ映え度★★★


話題性、おしゃれメニュー、キッズにフレンドリーと3拍子揃ったマストGOレストラン!近くに住んでいなくても、わざわざ訪れる価値アリです。

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp