出典:@canmaketokyoさん

Beauty

キャンメイクのアイブロウを使えば思い通りの眉メイクに!

プチプラコスメとして親しまれるキャンメイク。リップやチーク、ネイルなどいろんなコスメが豊富なブランドですが、アイブロウシリーズにも優秀なアイテムがずらり!もちろんアイブロウもプチプラ価格なので、気になるアイテムに挑戦してみたいですね。今回はキャンメイクのアイブロウをテーマに、使い方や特徴、美眉キープのコツをご紹介します。


■キャンメイクのアイブロウはプチプラ!

安いものでは税抜400円というプチプラ価格がうれしいキャンメイクのアイブロウ。どんなアイブロウがあるのか見ていきましょう。

種類も豊富


パウダーやペンシル、リキッド、ティントなど、いろんな種類のアイブロウがあります。種類ごとの使用感や仕上がりイメージの違いが注目ポイントです。

自分に合ったアイブロウが探せる


種類が豊富=自分に合ったアイブロウを探せるということ!キャンメイクのようにひとつのブランドでいくつものアイブロウを展開するのはなかなかめずらしいもの。自分にぴったりなアイブロウを探している人は必見ですよ。


■キャンメイクのアイブロウはどう使う?

キャンメイクのアイブロウの使い方を、種類別にご紹介します。

パウダータイプ

出典:@canmaketokyoさん

ふわっとした質感のパウダータイプは、アイブロウブラシやチップを使って色をのせていきます。柄の長いブラシやチップを使うと、安定感が出て描きやすさアップ!もちろん付属のブラシ&チップを使ってもきれいな眉メイクを完成させられますよ。

ペンシルタイプ

出典:@canmaketokyo

ペンシルタイプのアイブロウは、眉毛の1本1本を描くように使いましょう。眉を縁取るように線を描くと、不自然に見える眉になってしまうことも。やわらかいタッチで少しずつ描き進めると◎

リキッドタイプ


つい濃く仕上がってしまいがちなリキッドタイプは、少しずつ色を乗せながら数回に分けて重ねていくことを意識しましょう。こすれや汗などに強いタイプのアイブロウなので、メイク直しの手間を省きたい人におすすめです♡


■アイブロウの種類と特徴

キャンメイクのアイブロウシリーズを種類別にチェック!

リキッドとパウダーの中間なら「カラースタイリングアイブロウ」

出典:@canmaketokyoさん

ベーシックなブラウンとニュアンスカラーの2色入り。まずニュアンスカラーを眉全体にのせ、ブラウンを重ねていきます。リキッドとパウダーのいいとこ取りを実現したアイブロウなので、自然な仕上がりだけどしっかり描く眉メイクが好みの人におすすめ!

「アイブロウティントジェリー」は落ちにくい

出典:@canmaketokyoさん

ティント成分入りのジェルで眉に色をつけるアイブロウなら、メイクを落とすまで眉メイクがくずれません!ムラなく描ける仕様のチップが眉にフィットして、自然に色づいた眉を演出します。眉マスカラの下地としても使える優れものですよ。

ふんわり眉を描くなら「クイックエアリーアイブロウ」

出典:@canmaketokyoさん

一見マスカラのようなこちらのアイブロウは、中にルースパウダーが入っています。パウダーをチップにつけてふんわり色をのせれば、自然なグラデーションも自由自在♡チップの角度を変えれば太くも細くも描けるので、自分の眉に合わせてメイクできますよ。

自分に合った色を見つけられる「ナチュラルシフォンアイブロウ」

出典:@canmaketokyoさん

写真中央にあるパレットが「ナチュラルシフォンアイブロウ」。濃淡2色のブラウンで、思い通りのグラデーション眉を簡単に作れます。パウダーの粒子が細かく、フィット感が高いところが特徴。眉尻の細いラインも描けるチップつきです。

描きやすさで選ぶなら「パウダリーブロウペンシル」

出典:@canmaketokyoさん

写真右手にあるペンシルタイプが「パウダリーブロウペンシル」。力を入れなくても眉メイクができるように、芯がやわらかくなっています。ペンの反対側には、眉頭や眉のラインをぼかしたいときに役立つスクリューブラシがついていますよ。

新作!髪色に合わせられる「カラーチェンジアイブロウ」

出典:@canmaketokyoさん

ヘアをカラーリングすると、眉の色との差が気になりますよね。そんなときにはキャンメイクの新作アイブロウで眉色を変えてはいかがでしょうか♡眉毛1本1本をコーティングするブラシの仕様で、重ね塗りしなくてもささっと眉メイクが完成!ヘアに合わせて選べる6色のカラーバリエーションも魅力ですね。

「ミックスアイブロウ」はノーズシャドウにもなる

出典:@canmaketokyoさん

肌なじみのいい3色のブラウンがひとつになったアイブロウパレットです。一番淡い色はノーズシャドウにも使えるので、立体的なメイクを楽しめます。パウダーがしっとりしていて粉飛びしにくいという口コミも!

水や汗に強い「アイブロウペンシル」

出典:@canmaketokyoさん

繰り出し式で削る必要がないアイブロウです。芯の形状は、描きやすさを重視した楕円型。眉頭から眉山までは平たい面、眉尻は細い面、と使い分けができます。ウォータープルーフ仕様で落ちにくいところがうれしい♡

「アイブロウリキッド」は擦れや皮脂に強い

出典:キャンメイク

薄づきタイプのリキッド。眉メイクを長持ちさせたい人はもちろん、眉の生え方がまばらな人にもおすすめです。眉のすき間を埋めるように色をのせていき、塗り重ねながら色合いを調節しましょう。パウダーの下地としても使えますよ。


■「ラスティングマルチブロウコート」でアイブロウ崩れを防止しよう

出典:キャンメイク

美眉をキープしたい人におすすめなのがこちら♡眉メイク後にひと塗りすることでしっかりコートし、こすれや汗などによる崩れから守ってくれます。キャンメイクのアイブロウでお気に入りの眉メイクが完成したら、ぜひ仕上げに使ってみてください。


■キャンメイクのアイブロウを使ってみよう!

キャンメイクには、パウダー、ペンシル、リキッドといろんな種類のアイブロウがあります。それぞれ特徴が違っているので、自分の“なりたい眉”に合わせて選びましょう!どれもプチプラ価格なので、いろんな種類を買い集めるのもアリですよ♡

メロン

5歳女の子のママ。育児・仕事・家事のバランスを取るべく日々苦戦中!休日は子どもが楽しめるスポットへお出かけしています。子育て中のママたちに役立つ情報を発信していきます♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!