Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

新生児~5カ月ベビーのママバッグは?【キラキラママたちのカバンの中身】

mamagirl本誌でも大人気のママバッグの中身公開企画がWEB版でも登場! 月齢・年齢別に毎週1回火曜日に更新していきます。
今回は0~5カ月のママのカバンの中身。ベビーとのお出かけは必要なものが盛りだくさん、大荷物になってしまいがちですよね。そんなママたちのバッグの中身、実際どうなっているか解剖していきましょう!

【4カ月の女のコのママ】泉えりかさん(31歳)

会社では秘書のお仕事をされている、4カ月の女のコのママ泉えりかさん(31歳)。趣味は旅行とのことですが子どもがまだ小さい今は、週末に家族で温泉に行くのが息抜きになっているそうです。

■ミルクがついても目立たない白ニット&パンツ

「アウターは『セオリーリュクス』、トップスは『エストネーション』、パンツは『セオリー』、靴は『APERLAI(アペルライ)』。今はまだよだれやミルクの汚れくらいなので白っぽい服をよく着ています。子どもが走り回るようになる前にヒールも楽しんでおきたいです!」

■大容量な『バリー』のトートバッグ

ママバッグ詳細


・ブランドは? バリー
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 3個
・2way? NO
・畳める? NO

「仕切りがなくてぽんぽん物を入れやすいし、ベビーカーにも引っ掛けておきやすいので子どもとお出掛けする日は『バリー』のトートバッグを愛用。バッグの間口が開けっ放しになるのも嫌だけど、ジッパー式も面倒だなと思っていたので、スナップボタンで留められるものを選びました」

【バッグの中身一式】小物類はバッグの内ポケットにIN!

「左上から・オムツ入れ、コスメポーチは『リネン&デコール』、手帳、本、香水は『エルメス』のガブリエル、お母さんが刺繍を入れてくれたポケットティッシュケース、エアポッド、iPhone、代官山の『ボーネルンド』で買ったぬいぐるみ、『エルメス』のお財布、家と車のカギ。ハンドクリーム、タオルハンカチ、トムフォードのダテメガネ。香水やハンドクリーム、エアポッドなど小さい物は内ポケットに収納して、あとは特に分類したりはせずそのままカバンにポーンと入れています。家の中でしょっちゅうカギをなくして探し回ってばかりいるので、目立つように大きいキーホルダーに変えました(笑)。」

■中でも特に必需品ベスト4

・オムツ入れ

「オムツはテープタイプで『パンパース』のSサイズ。持ち歩く枚数は3枚くらい。巾着ポーチは友達からのプレゼントです♡」

・ハンドクリーム

「ちょっとゆっくりできる時間を見つけたらお気に入りのハンドクリームでリラックス。『ニュクス』のはちみつハンドクリームと、『コーダリー』のぶどうのハンドクリームを気分で使い分けています。ハンドクリームは海外へ行ったときにまとめ買い!」

・まったり過ごすための本

「子どもが寝たタイミングで本を読むのが楽しみです。シャーロック・ホームズのシリーズが好きなのですが、持ち歩く本は名言集やエッセイなど、さっと読めて気持ちを切り替えやすいものにしています」

・夢がふくらむ手帳

「『モレスキン』の小さいほうのサイズのダイアリーを愛用。もちろんスケジュールも書いていますが、主な使い道は買う物や欲しい物、行きたい場所の書き込み。思いつくままにメモっていると幸せな気持ちになります♡」

この手帳、ときめく物や行ってみたい場所などを書いているとちょっと疲れたときでもすぐにリフレッシュできるそう。試してみたくなりますね!

【3カ月の女のコのママ】赤松麻里菜さん(29歳)

3カ月の女の子のママで、総合商社にお勤めの赤松麻里菜さん(29歳)。現在パパは単身赴任中のため家事育児はワンオペで頑張っているそう。ちなみに「大変なことも多いですが旦那さんのご飯を作らなくていいのは楽(笑)」とのこと♡

見れば美意識の高まる投稿はこちらでチェック!
【Instagram】
@marigram0726

■ママになってもカラフルなお洋服が好き♡

「アウターは『INDIVI(インディヴィ)』、ピンクのトップスは『イネド』、スカートは『ユニクロ』、靴は『GU』。まだベビーカーが使い慣れなくて自分の足をしょっちゅうひいてしまうので、靴が汚れても悲しまずに済むようにプチプラにしています。授乳もあるので大好きなワンピースは封印中ですが、カラフルなお洋服が着たいという気持ちは抑えず好きな色を着ています♡」

■リボン&パールがかわいいトートバッグ

ママバッグ詳細


・ブランドは? ランバン オン ブルー
・仕切りはある? YES
・ポケットの数は? 4個
・2way? YES
・畳める? NO

「『ロンシャン』の定番トートとどっちにしようかとても迷ったのですが、リボンに惹かれて『ランバン オン ブルー』のサイドポケットトートにしました。取り外し可能な真ん中の仕切りや荷物が少ないときはバッグを少し小さくできるサイドのスナップボタン、ショルダー用のストラップなど小技も効いていて使い勝手も上々です」

【バッグの中身一式】いまは荷物の少量化を研究中!

「左上から・着替えを入れている『ローラ・アシュレイ』のポーチ、オムツ入れ、ミニブランケット、『ピジョン』の哺乳びん、母子手帳、『ローラ・アシュレイ』のコスメポーチ、おもちゃポーチ、ハンカチ、『フェラガモ』の長財布、イヤホン、『アディナ ミューズ』のがま口財布、『エルバオーガニックス』のチーキーバーム、固形ミルク。長財布に厚みが出るのが嫌で小銭はがま口財布にIN。なるべく物を減らしたいので、今は必需品とそうでないものとを見極めているところです☆」

■中でも特に必需品ベスト4

・オムツ入れ

「オムツはテープタイプで『パンパース』のSサイズ。2、3時間のお出掛けなら持ち歩く枚数は2枚くらい。オムツ入れは元々持っていた『マークジェイコブス』のポーチ。使用済みのオムツはジッパーバッグに入れています」

・ミニブランケット

「すみっこにユニコーンがくっついている『カシウエア』のミニブランケット。ベビーカーの上から掛けたり敷物にしたりマルチに大活躍中。ユニコーンが遊び道具にもなります♡」

・チーキーバーム

「ママにも赤ちゃんにも使えるスティックタイプの保湿バーム。チューブから出して塗るより格段に使いやすくて便利。なくなったらまた買おうと思っています!」

・ひいばあばの手作り服

「お裁縫が得意なひいおばあちゃんが作ってくれたガーゼの肌着とお手玉。肌着は表地と裏地とでガーゼの質感を変えてくれたり、袖口や襟まわりのテーピングがふっくらやわらかかったり、細部に愛情を感じて嬉しくなります♡」

妊娠中には見た目もかわいく着心地もいいマタニティ服を作ってくれたそう。素敵なひいおばあちゃんですね!

【2カ月の男のコのママ】竹内麻衣さん(36歳)

スタイリスト&ライターで2カ月の男のコのママ、竹内麻衣さん(36歳)。「足りなかったら外出先で入手!」という気持ちで身軽な装備でお出掛けするのが信条だそう。

おしゃれの参考になるママコーデがいっぱい☆
【Instagram】
@takemai818

■クラシカルなスカートコーデが定番

「アウターは『GU』、ハイネックのニットトップスは『アイリナ』、スカートは『イエナ』、靴はノーブランド。長めスカートを軸にしたコーデがいつものスタイル。トップスはよだれがついても気兼ねなく洗える素材を選ぶようにしています」

■ポケット豊富なキレイめリュック

ママバッグ詳細


・ブランドは? ノーブランド
・仕切りはある? YES
・ポケットの数は? 5個
・2way? NO
・畳める? NO
「近所での買い物やお散歩程度ならトートバッグ、ちょっと遠くに行くときはリュックと使い分けています。このリュックはネットで¥3,000くらい。ゴツくないのでコーデのじゃまにならずキレイめに持てるところがお気に入り。よく使う小物はサイドとフロントのポケットに入れています」

【バッグの中身一式】いま必要な物だけを厳選!

「左上から・オムツ&着替えポーチ、『ピジョン』の哺乳びん、固形ミルク、子ども用の雑貨ポーチ、パスケース、ポケットティッシュと鏡、『ケイト・スペード』の財布、『ポール・スミス』のキーケース、魔法びん。準備に手間がかかったり、荷物が重すぎると負担感が増してしまうので持ち物は最小限。“困ったときは買えばいい”と考えるようにして装備を身軽にしています♡」

■中でも特に必需品ベスト4

・オムツ入れ

「オムツはテープ派。『パンパース』のSサイズを3枚ほど持ち歩きます。オムツポーチは伯母の手作り。元はトラベルポーチとして作ってもらったものをオムツ兼着替え入れとして利用しています」

・ステンレスボトル

「ミルク用のお湯を入れている、『タイガー』の魔法びん。家用に買いましたがボトル自体がすごく軽いので持ち運びにも利用」

・冬でも日焼け止め

「冬も紫外線はあるので外に出るときは日焼け止めを塗っています。赤ちゃんの肌に優しい、『資生堂』のドゥーエ ベビープラスの日焼け止めを愛用しています」

・除菌スプレー

「外出先で使いやすい手のひらサイズの除菌スプレー。防腐剤フリーの『a day(アデイ)』のミストを使っています」

できる限り持ち物を減らしている竹内さんですが、「なくて困った」という場面はほぼないそうですよ。

元気なママでいるための癒しアイテムも大事!

子どもが眠ったときに読む本や音楽を聴くためのイヤホン、良い香りで気分転換ができるハンドクリームなど、ママを癒してくれるリフレッシュアイテムがちらほら。0〜5カ月の新米ママは慣れないことも多くて大変。心がやすらぐ時間をできるだけ作りながらママライフを楽しみたいですね♡

※掲載されているのママと子どもの年齢は、撮影時の年齢です。

撮影・齊藤 僚子

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp