Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【チンするだけでカフェごはん】玉ねぎカレーとガパオ風ライスプレート

健康・美容・グルメオタクの私、明定あきが「栄養面、美容面、おいしさ、インスタ映えを全部叶える満点グルメレシピ」を紹介する連載、『よくばりカフェごはん』。
第7回目は、玉ねぎを器にした新しいカレーの楽しみ方を紹介したいと思います。

■今回のごはん「玉ねぎカレーとガパオ風ご飯」

玉ねぎをカレーの器にし、いつもとちょっと違ったカレーレシピをご紹介。
冬が旬の玉ねぎは、寒い時期に食べることで一層栄養の吸収を助けてくれます。
玉ねぎを切る時に出る、目が痛くなる物質の正体は「硫化プロピル」「硫化アリル」という硫黄化合物で、血糖値を下げたり、殺菌作用があるのでウイルスから体を守ってくれる効果が期待できます。

材料 <2人分>  調理時間・・・約25分



<玉ねぎカレー用の材料>
玉ねぎ(くり抜いた中身は肉野菜炒めで使用) 2個
カレー(レトルトでも作り置きのものでも) 適量
チーズ お好みの量で

<豚肉と野菜炒めの材料>
ごま油 適量
ニンニクみじん切り 1片分
豚バラ肉 200g
ピーマン 1個
パプリカ 1/2個
カシューナッツ 数粒
✳︎醤油 小さじ1
✳︎豆板醤 大さじ1
✳︎オイスターソース 小さじ1
✳︎砂糖 小さじ1
塩こしょう 少々

<副菜>
トマト 2/1個
なます 適量
ゆで卵 1個

レモン4/1個
小口切りしたネギ 適量

(1)玉ねぎの器を作る

玉ねぎカレー

玉ねぎの上から1/4程度を切り落とし、中身をくり抜きます。
底も少しだけ切り落とし(※置いた時に安定させるため)て耐熱皿に入れレンジ(500wで約5分)でチンします。

POINT レンジで加熱してる間に<豚肉と野菜炒めの材料>を適度な大きさに切っておきます。くり抜いた玉ねぎも一緒に切っておきましょう。

(2)カレーを詰めて加熱する

玉ねぎカレー

レンジから玉ねぎを出し、底をアルミホイルで包みます。
カレーを詰め、チーズを乗せます。チーズが好きな人は蓋をするように乗せてもおいしくて冷めにくいのでおすすめです!
こちらをオーブントースターで約10分加熱します。

POINT アルミは、底から稀にカレーが出てくる可能性があるのと柔らかくなった玉ねぎの器を崩れないようにします。必ずアルミで保護することをおすすめします。

(3)ガパオの具を作る

玉ねぎカレー

フライパンにごま油、ニンニクみじん切り、玉ねぎを弱火で炒めます。
玉ねぎが透き通ってきたら豚肉、ピーマン、パプリカ、カシューナッツを追加して更に炒めます。
全体に火が通ったら✳︎の調味料(醤油・豆板醤・オイスターソース・砂糖)を入れ絡め、仕上げに塩胡椒をして出来上がりです。

POINT 玉ねぎカレーを加熱してる間に作ってしまいましょう!

(4)盛り付けの準備をします

玉ねぎカレー

お皿にご飯をよそい(3)を盛りつけます。一緒にくし型に切ったトマト、半分に切ったゆで卵、なますをバランス良く飾ります。

POINT 写真に映えるように彩り良く盛り付けましょう。肉野菜炒めのピーマンやパプリカも綺麗に配置することで見栄えがアップ!

(5)玉ねぎの器カレーを置けば完成です

オーブントースターから取り出した玉ねぎカレーをお皿に盛れば、見た目も素敵な1皿の出来上がりです!

今回の献立

今回の副菜は「レタスとグリッシーニ」、デザートは「メープルシロップがけヨーグルト」

レタスとグリッシーニ


そのまんまのタイトルですが(笑)、レタスは肉野菜炒めを巻いたりなどに使います。前回引き続き登場のグリッシーニはお口直し的にそのまま食べても、カレーに浸してから食べるのもおいしくておすすめです。

メープルシロップがけヨーグルト


プレーンヨーグルトに好きなフルーツをトッピングして、メイプルシロップをかけるだけの簡単デザートです。メイプルシロップは低カロリーで、栄養もたっぷりあるのでダイエット中や健康に気を使ってる人におすすめの甘味料です。
ほんのり甘くてさっぱり感もあるデザートは、カレーを食べたあとのお口にぴったりです。

おいしさ&写真映えポイント

お皿は波佐見焼


前回の【簡単インスタ映え】市販カマンベールチーズのクリスマスアレンジと同じブランド「波佐見焼」の器で、今回は色違いの青色のものを使用しました。
見た目も美しく丈夫なので、とてもお気に入りです。お料理を引き立ててくれる器だと思います。

色鮮やかな具材


ピーマン、パプリカ、トマト、ゆで卵など美しい色の野菜を何個か使えば彩り豊かで写真映えもします。炒める時は焦がさないよう弱火にするのがポイント。具材の旨味も引き出してくれます。

玉ねぎカレーとガパオ風ごはんの応用術

今回のこのプレートは、1皿で何度もおいしさを楽しんでもらえます。
肉野菜炒めとご飯を混ぜて食べたり、レタスに包んだり、なますも混ぜてみたり・・・。
最後は玉ねぎの器を崩せばカレーライスになります。

玉ねぎカレー

途中でレモンを絞れば味チェンに。
ぜひ、何通りもある食べ方を楽しんでみてください!

まとめ

2018年最後の「よくばりカフェごはん」いかがでしたでしょうか。
今年も色々なことがありました。
悲しくなるニュースもたくさんありました。そんなニュースを見かけるたびに、こうして毎日おいしいごはんを食べられることがどんなに幸せなことなのかと感じます。
レシピを通して、皆さまの食卓を少しでもハッピーにすることができれば、とても嬉しいです。
来年も、楽しい気持ちになるレシピをどんどん紹介していきたいと思います!
では、皆さま良いお年を。

明定あき

デザイナー、ライター、スタイリスト、モデル。2015年5月に初めての出産を経験、大変ながらも楽しく育児に奮闘中。健康オタクで美容オタクのグルメオタク(そして密かに資格オタク)、年齢に負けない体力作りを日々研究中。おもしろい事を見つけては、息子と挑戦する事が今の楽しみ。

【Instagram】@aki_akesada

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp