Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【子連れ旅】クラブメッドサホロの託児所は2歳からOK!親も雪山満喫♡

子連れにうれしい設備がいっぱいの宿泊施設を子連れ旅ライターが紹介する連載シリーズ!5歳児&1歳児を連れた、北海道サホロ@クラブメッド・北海道 サホロの滞在レポートをお届けします。
とかち帯広空港から車で1時間半、新千歳空港から車で2時間10分ほどの場所にあるクラブメッド・北海道 サホロ。メインイベントは、やっぱりパウダースノーでのスキー!

クラブメッドにはキッズプログラムがあり、子ども向けのスキーレッスンも充実しています!

楽しいプログラムいっぱいのミニクラブは4歳から参加OK

クラブメッドはフランス発祥リゾートで、なんと50年以上も前からキッズプログラムを実施しているそう!ここ北海道 サホロもキッズプログラムが充実しています。大人は大人で、子どもは子どもでそれぞれ楽しもう!というコンセプトを掲げていて、「たまにはひとりの時間も欲しいな」と思うママにうってつけ♪

ミニクラブ専用の部屋の内部に、特別に潜入!子ども専用トイレなども完備されています

ミニクラブには、保育に長けた専門G.O(ジーオーと呼ばれる、クラブメッドで働くスタッフのこと)が常駐。日本人ももちろんいるから安心!

クラブメッドはオールインクルーシブという、宿泊代や食事・ドリンク代、アクティビティ代などが旅行代金に含まれているのが大きな特徴。
さらに旅行代金のなかには4歳から無料で参加できるキッズプログラム(託児)・ミニクラブも含まれています。ミニクラブはまるで保育園のように、基本的には朝8時30分から17時まで子どもを預かってくれる素晴らしい託児サービス!保育に長けた専門のG.O(ジーオー。クラブメッドで働くスタッフはジーオーと呼ばれています)が常駐していて、遊び道具がいっぱいのミニクラブ専用の部屋も完備。子どもたちはここでG.Oと一緒にいろいろなアクティビティを楽しみます。

ミニクラブは、滞在中は利用し放題。着いたその日からミニクラブに入り、出発直前まで利用するファミリーがとても多いそう。子どもたちはミニクラブが楽しすぎて、なかには「帰りたくない!」と駄々をこねる子も!もちろん午前中だけなどフルで参加しなくてももちろんOKです。

ウィンターシーズンはパウダースノーを求めて世界中から観光客がやってくるので、ミニクラブに集まる子どもたちも国際色豊か!G.Oも日本人だけでなく多国籍なので、まるでプチ留学に来たかのようです。

スキーレッスンもミニクラブでやってくれる!

今回の取材では、5歳児が丸2日間ミニクラブに参加。クラブメッド・北海道 サホロでは、ミニクラブのアクティビティのなかにスキーレッスンが含まれていることが大きな特徴です。1日のスケジュールに、午前と午後1回ずつスキーレッスンが組み込まれていて、スキーが初めての子にもていねいに手ほどきしてくれます。

長めの滞在で集中的にレッスンを受ければ、完璧に滑れるようになる子どももたくさんいるのだとか!ちなみにスノーボードのレッスンもありますが8歳から参加可能です。

経験豊富なスキーインストラクターが手取り足取り教えてくれます。親がスキーが苦手で教えてあげられなくても、リゾートでレッスンを受けられれば本当に助かる!

ランチはミニクラブ参加中に子どもたちみんなで。子どものごはんの世話は意外と大変なので、昼だけでも大人だけでゆっくり食事できるのはうれしい限り!苦手な食べ物や食べさせないでほしいものなどは、ミニクラブに預ける際に記入するシートに書いておけばG.Oがしっかりチェックしてくれます。

ランチタイムをこっそり覗き見。みんなでワイワイ楽しそうに食べていました!

ミニクラブはスキーだけでなく、いろいろなアクティビティが日替わりで組まれています。滞在中には、クッキングタイムが。クッキー生地を自分たちで好きに丸めてトッピングするという活動はとても楽しそうでした!

夕方クッキーを作り、厨房で焼いてもらって夕食後に手渡し。クッキーを入れるボックスも自分たちで手作りするなど、子どもたち主導で楽しめる内容になっていて感動♡

G.Oは誰がどのクッキーを作ったか、丁寧にチェックしていました。こういう配慮、とっても好感が持てます!

ミニクラブの専任G.Oのひとり。優しくて気さくで、子どもたちはみんななついていました!

2、3歳用の託児プログラム、プティクラブの専用ルームには、赤ちゃん向けのおもちゃや絵本がいっぱい。畳のお昼寝スペースもあります

別日には、ピクチャーハントというクイズイベントが!リゾート内のどこかを撮影したという写真を見て、「これはどこ?」と子どもたちが探検しながら撮影場所を探しに行くというものでした。

ミニクラブで1日じゅう過ごし、一緒に遊んで絆が深まるのか、クラブメッドで初めて会ったお友達と仲良くなり、旅行が終わってからも交流を続けるファミリーも多いとのこと!

ちなみに2・3歳の子どもには、プティクラブという2・3歳専門の託児プログラムが用意されています。こちらはオールインクルーシブ対象外なので要追加料金ですが、半日単位で利用OK。スキーをしたい!ひとりの時間が欲しい!というママたちがたくさん利用していました。

ミニクラブに預けている間は、ママのやりたいこと全部トライ!

子どものことは大好きでも、旅先では子連れだとできないこともやってみたいもの。子どもをミニクラブに参加させている間、パパママはスキーレッスンに参加してみては?大人のレッスンやリフト代ももちろんオールインクルーシブ♡旅行代金に含まれているので無料です。

レッスンは午前と午後、1回につき2時間設定されていて、前夜に予約するしくみ。レベル別に7段階あり、初スキーの人向けのクラスもあるためビギナーや久しぶりの人も安心して参加できます。

もちろんスキーレッスン以外のアクティビティにも参加OK。日中はミニクラブに子どもを預けてフィットネスやプール、スノートレッキングなどを楽しむ人をたくさん見かけました!

クラブメッドの建物から出るとすぐゲレンデで、スキーイン、スキーアウトできるので便利!入り口近くにスキールームがあり、自分の部屋番号の場所にスキー板やブーツを置いておくことができます

疲れた体をリセットするスパも、この冬にリニューアル!リゾート内のスパ『La Villa Spa』では資生堂やミキモトのアイテムで極楽トリートメントを受けられるとあって、かなり予約がいっぱいになっているそう。

リニューアルしたばかりだというスパ。育児や仕事で疲れ切った体を癒してもらいました!

雪景色を眺めながら、カナディアンバスで入浴タイム♡夜の幻想的な雰囲気も素敵でした

プールの外にあるジャグジー、カナディアンバスにもゆっくり浸かるのもおすめです。

旅先でも1日じゅう子どもとべったり、だといつも以上に疲れてしまいますが、ほんの少しでもリフレッシュする時間がとれればママは生き返る!充実キッズプログラム・ミニクラブで子どもが笑顔で過ごしてくれれば、パパママも罪悪感なくいろいろ欲張って楽しむことができそうです。

クラブメッド・北海道 サホロは、ママになってしばらく忘れていた大人の旅の楽しみ方を思い出させてくれる場所。子ども向けのアクティビティもいっぱいで、親子それぞれ冬の北海道を満喫できるはずです。

◼︎クラブメッド・北海道 サホロへのアクセス

とかち帯広空港から送迎バス約1時間半でパウダースノーに到着!

おままごとセット、車の乗り物、折り紙や塗り絵などかなりの充実ぶり!

0歳児から幼児まで遊べる内容になっています。おみやげショップエリアの横なので利用しやすい!

とかち帯広空港からは、ホテル直行の送迎バスが運行しています。1時間半ほどで、航空運賃などがすべて含まれた旅行代金やツアーなら送迎は無料!宿泊代のみのプランなら別途料金(片道・大人¥5,700)がかかります。便が多い新千歳空港からも送迎バスが運行(片道・大人¥6,600)していて、所要時間は2時間10分ほどです。どちらの空港も、到着口にクラブメッドの看板を持ったスタッフが立って待っていてくれ、バスまで連れて行ってくれるので安心!

とかち帯広空港には、おみやげショップが並ぶ階にキッズパークあり!空港での待ち時間も、退屈せずに過ごせます。

◼︎お宿情報

「クラブメッド・北海道 サホロ」
住所 北海道上川郡新得町新内西6線147−1
電話番号 0156-64-6667
ホームページ https://www.clubmed.co.jp
(オプション情報)送迎あり、駐車場あり、託児あり
(参考旅行代金)2泊3日・大人1名¥97,000〜(羽田空港からとかち帯広空港への航空運賃、空港〜リゾート間の往復送迎代、宿泊代、滞在中のアクティビディや食事・ドリンク代を含む)

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp