Lifestyle

【ワーママ1日密着】時短テクを積極活用!かわいすぎる♡台湾人ママ

育児も仕事も頑張りながら、トレンドにも敏感なママに1日密着する今週のワーキングママガール企画。第18回は、SB C&S株式会社で働くMiaさんの1日についてうかがいました。台湾で日本語、英語でのビジネスを学んで来日したMiaさん。家事代行サービスやロボット家電を積極的に活用した時短術、台湾のとっても便利な調理器具も必見です。早速、Miaさんの24時間をチェックしていきましょう!

■日本語、英語、母国語のトリリンガル!グローバルママ♡

・お名前


Miaさん(SB C&S株式会社・34歳)
2019年1月で3歳になる男の子と1歳になる女の子のママ

・台湾と日本の遠距離恋愛からの結婚
   ~結婚から出産まで~



旦那さまとは、Miaさんが台湾で務めていた会社で出会ったそう。しかし、最初は台湾と日本の遠距離恋愛……。
そのため来日を模索していたところ、日本支社への転職が決まり日本へ。それから約2年後に結婚しました。

出産は日本と台湾ふたつの国で経験。息子くんは日本で出産されたMiaさん。
初めての出産にただでさえ不安なのに、自分の国ではないため言葉や文化の違いに分からないことだらけ。
お母さんが台湾から来てずっとそばにいてくれてとっても心強かったんだとか。
とはいえ、出産はやっぱり物凄く痛い! 「何回も日本語や中国語で『もう帰る! もう諦める』と言っていました」

そこで2年後の娘ちゃん出産時は、息子くんの事も考えて台湾へ里帰り出産。分娩は、無痛分娩を選択したとのこと。
出産後は、台湾ならではの産後ケアセンターで、約2週間宿泊。
「産後ケアセンターでは基本的に看護師さんが娘ちゃんのお世話をしてくれ、授乳の時だけママが呼ばれるんです!」。

その間、Miaさんはヨガなどの習い事にも通ってゆったりと母体の回復に努めていたんだとか。

・来日して初めて分かった文化や人間関係
   ~就職から復職まで~



大学卒業後は、台湾で有名な台湾国際企業人材育成センター 日本語組で日本語、英語でのビジネス手法を学んだそう。
その後、台湾・Quanata Computer Inc.(世界最大のノートPC委託製造会社)に、日本向けの営業として入社。

27歳の時にフォックスコンの日本子会社フォックスコン・ジャパンに営業として来日。

来日当初は、職場文化や人々の付き合いなどに戸惑い、台湾で勉強した日本語が全然足りないと感じたそう。
「その時、夫がずっとそばで支えてくれて、週末に一緒に本屋でビジネス日本語の教科書や技術に関する本など買って、たくさん勉強していました」。

現在は、SB C&S株式会社のIoT商品企画に勤務。
「新しいことや予想外のことの連続で大変だなと思う事もありますが、商品が発売されて実績が上がっている時や、買ったお客さんからの良い評価コメントを見ると嬉しいです。それに、輸入業務の経験と中国語や英語など、自分の得意分野が活かせる喜びもあります」。


■Miaさんの1日のスケジュールを紹介!

【7:00】

起床&身支度
毎日子供と一緒に起床。前日に子どもの朝食を準備しておきます。朝は朝食をテーブルへ。そのあと、子どもにご飯を食べさせることや、保育園の支度などほとんど夫にお任せ。

【8:00】
出勤

【9:00】
出社

【11:30】
ランチ
毎日ランチの時間を取るようにして、会社の仲間とランチしています。

【12:30】
業務再開

【16:30】
退社

【17:10】

帰宅&子供のお迎え
お迎えの帰りに買い物へ。帰宅後は、作っておいたおかずを温めて、簡単な野菜スープなどを作ります。
いつも家へ帰ったら、子どもがおなかペコペコでご飯を作る時間が待てないため、できるだけ土日や前日におかずを作っておいて、冷蔵庫で保存。

【18:30】
子どもと一緒に夕飯

【19:00】
夕飯の後片付け

【20:00】
子どもの入浴

【21:00】
子どもを寝かしつける

【22:00】
旦那さま帰宅
次の日の夕飯を作る→家事(洗濯、掃除など)→連絡ノートや保育園バックの準備

【25:00】
就寝


■Miaさんのとっておきマル秘テクニック

・台湾では一家に一台! 火を使わない万能調理器

台湾の電気鍋(https://www.tatung.co.jp/product/view/114)を、日本へ持って来ました。
台湾ではほとんどの家庭に欠かせない万能調理家電なんです。会社から家へ帰ったら、作っておいた惣菜をこの電気鍋で加熱と保温をして、子どものお迎えに行っています。
火を使わないので、外出しても安心!

・AIスピーカーやIoT家電も積極活用


私も仕事や育児にバタバタで平日になかなか掃除できないので、家事代行サービスを利用しています。
また、ルンバ、ブラーバ、食洗器を使って、家事の負担を減らすことに。
また、現在IoT商品を企画・輸入業務をしていので、家でも積極的にAIスピーカーやIoT家電を使っています。
子供を抱っこしたり、家事をしたりして、手が空かない時、「アレクサ、加湿器をつけて!」を言うだけで、加湿器が自動的につくので、助かります。


■Miaさんの通勤ファッションをチェック!

お気に入りのポイントは、ヴィンテージ調のロングスカートでカジュアルさの中にも大人っぽい雰囲気を出したところ♡
通勤コーデは、子どものお迎えがあるので動きやすさを重視して、ヒールではなくスニーカーやフラットシューズを愛用しています。


■Miaさんのガールなとき

・海外ドラマにハマっています


毎日子どもが寝てから、ようやく自分の時間。最近はよく海外ドラマを見ています。イチオシは『ブラックリスト』と『ボディーガード』というドラマ!
たまに平日の夜子どもを夫にお願いして、友達との食事会に出かけることも。


■夫婦円満の秘訣はロボット家電のお陰?!

ロボット家電や家事代行サービスなどを積極的に活用しているMiaさん。

きっかけは、2回目の職場復帰だったんだとか。
「2回目の職場復帰の前、仕事と育児を両立するために家事タスクの役割分担を夫としっかり話し合い、ふたりとも出来ない事を最終的に外注することに」。

その結果、月に2回家事代行サービスを利用しています。「夫とよく冗談で『賢い家電のおかげで、私たち夫婦円満になっている』と言っています(笑)」

また旦那さまはママ会にも積極的に参加していて「唯一ママ会に参加するパパ」と評判なんだとか♡
自分の育った国ではない、日本で仕事と子育てに奮闘しているMiaさんを温かくサポートしてくれています。


■読者モデル&モニター「mamagirlラボメンバー」大募集!

mamagirlラボでは、mamagirlの一員になってwebや雑誌に出たり、イベントや座談会、アンケート、インスタ投稿などのプチワークもやってみたいという人など幅広く募集しています。

応募方法
1・mamagirl公式ママ投稿アプリ(無料)「KirataPost」をダウンロードして会員登録。
2・募集バナーから応募フォームにアクセス。mamagirlのwebサイト、KiraraPostのアプリどちらからでもOK。
[mamagirl web]トップページ下方の募集バナー
[KiraraPost]のMagazineカテゴリーの募集バナー
どちらかから応募してください。

地方の方でも大歓迎♪ ご応募お待ちしております!

構成・文/まっしー

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!