News

【ママガールズトーク】ママ友問題って永久に不滅!?【2019年2月①】

友達やパパには言えないことが、ママたちにはあるんです。そんなリアルな悩みや不満、ときにはノロケも、覆面だからぶっちゃけられる!そんなリアルなママ座談会企画。2019年はよりリアルなママの声を聞きたく、みんなの悩みをそれぞれぶっちゃけていただくことに!今月は、リアルでも仲良しの3人が集合!ママ友問題からパパとの関係を赤裸々にトーク。第1回は、悩みはつきないママ友問題の前編をお送りします!

⬛️2019年2月の会に集まっていただいたのは、こちらのママ!

Aさん34歳/結婚2年目で、2歳の男の子と6か月の女の子のママ。パパは37歳で会社員。

Bさん29歳/結婚4年目で、2歳の女の子と10か月の男の子のママ。パパは29歳で会社員。

Cさん32歳/結婚8年目で、3歳の男の子のママ。パパは32歳の会社員。


⬛️とりあえず“ママ友”とは、保育園を卒園したら連絡取らないかな(笑)

—今回はみなさんママ友について悩みがあるとのことで、早速【ママ友問題】から聞いていきたいと思います。地球が滅亡しない限りなくならないですね、ママ友問題は(笑)

全員
あ〜……(笑)。

Bさん
だいたい、ママ友ってなんだろうっていう話だよね(笑)。

Cさん
私の場合、もし境目をつけるとしたら、 子どもが生まれてから知り合った人はママ友かなあ。
学生時代とか結婚する前、子どもが生まれる前から知ってる子は親友っていうくくりというか。
というか、そもそもママ友っている?

Aさん
一応、1人だけそう呼べる人は私はいるかも。児童館で会うようになった友達で、その後も会い続けているのは1人だけ。

Cさん
児童館で会ったとしても、連絡先までは聞けないんだよね。

Bさん
そうそう、そもそも私人見知りだから、連絡先を聞くのってすごくハードル高いの。グイグイ聞くのにも抵抗あるし……。

Cさん
Aちゃんは、その人とはどうしてママ友になったの?

Aさん
Bちゃんの気持ちわかる!グイグイ連絡先聞けないよね、私もそうよ。
でも、その人の場合は、ある日ママフェスに行った時に偶然に会って、たまたま連絡先を交換することになったんだよね。それからの付き合いかな。
サバサバしてて、小さいことでも子どものことでも疑問に思ったことは気軽に聞ける感じ。

Bさん
そうなんだ!私も子ども同士が仲がいいって理由で常に一緒にいるグループはあって。
その人たちとは連絡先交換してるんだけど。だからといって、それ以外で会おうとはならないんだよね。遊びにも行かないし(笑)。

ーーみなさん保育園で会う人たちのことをママ友と定義しているみたいですが、そんなママ友たちと卒園したらもう会わないですか?

全員
うん、会わない(笑)。

Aさん
なんかさ、仲良くなったところで、自由がないというか。
だいたい一緒に遊んでても基本、写真はNGだからね。

Bさん
写真問題は大きいよね。インスタにあげるとしたら顔を隠してとか、そもそも撮っていいのかどうかとか。

Aさん
同じ世代のママってだけだから、素性が知れないところも怖いんだよね~。

Cさん
素性は大事よね。宗教やってるとか、マルチ商法やってるとかイヤだもん(笑)

Aさん
そもそも「子どもが同じ年齢だから遊びませんか」とは、ならないしね。
たとえば、リトミックで会って、子ども同士は遊んでたとしても、1時間ぐらいじゃね。
最後10分ぐらい、ママ同士の交流の時間があったとしても、話すのは子どもがらみのことばかり。
自分の話をする感じじゃないから、いつまでたっても素性は知れないまま!

ーーそうしたらママ友って、もはやいらないのかしら?

全員
いや、ママ友は欲しいの!

ーーえ、そうなんですか?(笑)

Bさん
1番の理由は、情報交換したいから。
子育てのこととか、ちょっと疑問が出てきた時に、気軽に聞けるママ友は欲しいんだよね。

Cさん
そうそう、わかる!

Bさん
親子連れのイベントにも一緒に行けたらいいなって思うし。


⬛️理想のママ友は、同世代で子どもの性別&年齢が同じで趣味も合う人!?

ーーもしかしたら全員が同じように思ってるのに遠慮しあってるのかもしれないですね。ちなみに、理想のママ友ってどんな人ですか?

Cさん
理想は、昔からの親友が、同じ時期に子どもが生まれること!

Bさん
それいい!

ーー親友と出産後も仲良く付き合うというのではダメなんですか?

Cさん
うーん……。もともとの親友とはだんだん話が合わなくなってくるんだよね、もはや。
その子が独身だったりすると、こっちは結婚してるし子どももいるでしょ。
だからたとえば何かの相談とかになったりすると、こっちはそういうつもりじゃないのに、全部上から目線で言ってるみたいに聞こえるんじゃないかなって。

Aさん
なるでしょ、絶対にそう思われちゃう!
たとえばさ、もうそろそろ子ども産まないと高齢出産になっちゃうから子ども作りたいって子がいるのね。
向こうからすれば、私には子どもが2人いて、いいじゃないってなるんだけど、私からすれば結婚して速攻子どもができたから、旦那と2人きりの時間がなかったしもっと海外旅行とかにも行きたかったのに、って話すと、それはそれで贅沢だってなって。
そういうつもりじゃないのに、溝が生まれるというか。

Bさん
うんうん!
そういう溝を作りたくないから向こうの話を聞いてるだけだと、「いいよね、余裕があって」って言われるし(笑)

Cさん
どんな状況でも、どんな立場でも言われちゃうのかも。
結婚をしているか、子ども産んでいるか、ってすごくセンシティブな内容なんだよね、きっと。

Aさん
うんうん!ママ友内でもあるじゃない?
私はね、いつでも子ども中心で遊びに行きたいんだけど、同じように子どもがいるからって、子どもの月齢がハイハイなのか、おねんねなのか、動き回るのかでも全然合わないし。だから同じくらいの年齢のママで、子どもも同じ年齢で、なんなら子どもの性別も同じママ友が理想的。

Bさん
子どもの性別によっても遊び方が全然違うもんね。

ーーじゃあAさんの、児童館でママ友になった人は、とっても貴重ですね

Aさん
それがそうでもなくて(笑)
私はこうやって都内に出て座談会にだって来たいし、子どもと一緒に都内に出てもっと遊びたいの。
だけど彼女は、都内になんて出かけられない、地元から出たくないっていうタイプのママなんだよね。だから、なかなか誘えない。
1000円のランチだって「人によっては高い!」ってなるし。結局「子どものトイレトレーニングの便器何買った?」みたいな話しかできないの。

ーーなるほど~。価値観の違いとか、金銭感覚って大事ですよね。

Aさん
そうなの。ママ友って難しい~!

Bさん
私の場合は、生まれも育ちも今の地元だからまだ昔からの友達が何人かいるけど、Aちゃんは地方から来たから、もっと大変だよねぇ。

Aさん
そうそう、結局、こっちに来ちゃってからは、地元の子とも疎遠になっちゃったしね……。

……………
…………
………
……




【次回予告】次回は「ママ友問題(後編)」についてです。お楽しみに!

地球が滅亡しない限りなくならない【ママ友問題】!
ママ友の定義は、人それぞれ違うものかもしれませんが、理想のママ友論は、どのママも「うんうん!わかる!」と共感していただけたのではないでしょうか?

つき詰めてもつめきれない⁉ そんなママ友問題。次回は、そんな「ママ友問題」の後編をお届け!
来週金曜日22時もお楽しみに!

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!