出典:@plumleaf705さん

Lifestyle

置くと部屋が華やかに♡春に飾りたいスワッグの作り方と6つのデザイン例

“スワッグ”とは、花や葉、枝などを使って作る壁飾りのこと。リースとは違った雰囲気でインテリアをおしゃれに彩ることができると人気を集めるアイテムです。そんなスワッグは、使う材料や色味によって仕上がりの印象が変わってきます。お部屋に春らしい雰囲気を取り入れたい人には、イエローやピンクを作った明るい色合いのものがおすすめ!スワッグの基本的な作り方と、春におすすめのデザインをご紹介します。

■基本のスワッグ、どうやって作る?

まずスワッグに使う草花の下葉を取り除きます。10センチ程度を目安にしましょう。次に草花をまとめていきます。主役となる草花が正面に来るように、向きや角度を調整しながらまとめていくのがポイントです。最後にひもやワイヤーで束ねたら完成!
束ねた部分をリボンや麻ひもで隠すようにするとおしゃれな仕上がりに♡壁に掛ける部分は、フック状に曲げたワイヤーやループを作ったひもを使って作りましょう。使う材料や飾りはもちろん、スワッグ自体のサイズや広がりなどでがらっと印象が変わりますよ。

■ミモザをたっぷり使えば存在感のあるスワッグに

出典:@jeanne_kokeshiさん

春を感じさせる鮮やかなイエローのミモザを主役にしたこちらのスワッグ。@jeanne_kokeshiさんが庭で育てているユーカリとローズマリーを合わせて、イースター仕様に作ったそうです♡たっぷりのミモザとハーブで作られたスワッグは存在感抜群。イエローとグリーンの2色でも華やかな印象ですね!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]