Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【ママガールズトーク】SNSでママ友の世界が広がる【2019年2月②】

友達やパパには言えないことが、ママたちにはあるんです。そんなリアルな悩みや不満、ときにはノロケも、覆面だからぶっちゃけられる!そんなリアルなママ座談会企画。2019年はよりリアルなママの声を聞きたく、みんなの悩みをそれぞれぶっちゃけていただくことに!今月はリアルでも仲良しの3人が集合!第2回は「ママ友問題(後編)」。理想のママ友と出会えたことがない!という3人がまだまだママ友問題について語ります。

⬛️2019年2月の会に集まっていただいたのは、こちらのママ!

Aさん34歳/結婚2年目で、2歳の男の子と6か月の女の子のママ。パパは37歳で会社員。

Bさん29歳/結婚4年目で、2歳の女の子と10か月の男の子のママ。パパは29歳で会社員。

Cさん32歳/結婚8年目で、3歳の男の子のママ。パパは32歳の会社員。


⬛️昔からの親友とも、子供がいるいないでどんどん疎遠になってきちゃった

ーーママ友とまではいかなくても、近所に付き合いのあるママはいます?

Bさん
私は生まれも育ちも今の地元だから、昔から仲のいい友達は近所にいるかな。2人は?

2人
うーん……いないんだよね。

Aさん
私はとくに、生まれ育った場所とは全然違う土地に来たし。

Bさん
そうだよねぇ。実は、うちの周りって新興住宅街で、ある時に全家族が一気に入ってきたんだけど。
なぜだか区画ごとにグループが出来上がってるの。

2人
どういうこと?

Bさん
道1本挟んだ区画は、ほとんどが千葉から越してきた人なのね。それでもう1つの区画は神奈川から来た人たちで、それぞれ同郷のよしみかがっちりグループができてるわけ。
うちの区画は地元で、だからってつるまなくてもいいし、どうってわけじゃないんだけど……。

Cさん
それぞれ区画があるとはいえ、子どもがいる家庭同士で誰かのおうちに遊びに行ったことはないの?

Bさん
まだ行ったことがないんだよね。それぞれの区画は仲がいいいみたいで、ママと子どもたちだけじゃなくて、パパも交えてみんな一緒に遊んでるみたいなの。
お家に行き来したり、バーベキューしたり。

ーーグループがすでに完成しちゃってる感じなんですね。

Bさん
そうなんです。でも、千葉の区画の子ども達は年齢がだいたいうちより上だから、先に卒園するのはもうわかってて。
それを考えると、交流が持てなくても卒園するまで我慢できるのかなって。いずれ状況は変わるわけだから

ーーみなさん学生時代からとか、昔から仲のいいお友達はいるんですよね?

Aさん
実は……それもあんまり。私は、引っ越してきちゃったのもあるし

Cさん
高校で一緒だった仲良い子がいたけど、向こうは独身で、私に子どもが生まれたら話が合わなくなっちゃって……

Aさん
私、独身時代にSNSが怖くなって閉じた時があったの。
周りのみんながどんどん結婚して行くのを見て、最初は「おめでとう」って言ってたけど、なんか虚しくなってきてだんだん見れなくなってきて

Cさん
わかる! それまで仲よかったしお互いが結婚してても、子どもがいるいないとかで話が徐々に合わなくなっていく感じも、それに近いよね。

Bさん
うんうん!地元のお友達で、結婚してるしてない関わらず子どもがいない子とランチしたとして、私だけ子連れだとすごく気を使うもん

Cさん
その点、キララポスト(※1)はみんなに子どもがいる前提だから、発言を気にしなくていいのが本当にラクで楽しいの。子どもとも写真撮れたりするしね。

※1…mamagirl公式コミュニティアプリ



⬛️キラポスでいろんなママと出会って世界が広がった!

ーーそうなると、ママ友といえばキララポストで知り合った方が多かったりするんですか?

Cさん
そうそう。みんなのプロフィールとか投稿を見れば、趣味が同じとか、子どもの年齢が近いとかわかるから。
自分に合うママを見つけたら、フォローしてコメントいれたりしてね。

Bさん
確かにみんなに子どもがいれば、わちゃわちゃして当たり前だから、そこまで気にしないってのはあるよね。ストレスが減る。

Aさん
キラポスのママ友って、たとえば子どもの年齢が上だったら、おもちゃこんなのあるんだって知らない情報教えてくれたりして。そういうのすごく助かるんだよね。

Cさん
キラポスやるまでは、すごく精神的に大変だったなぁ。
昼間は仕事して、お迎え行って家事やって。子どもを遊びに連れて行くとしても、週末の公園しかなくてそれもマンネリ化して、わー! ってなりかけたこと何度もあったよ。

Bさん
しかもさ「公園に行く」っていうと、遊んでるように見られない(笑)?

Cさん
そうなの! そうじゃないのに……って何度思ったことか。
旦那は土日休みじゃないし、両親も遠くはないんだけど頼れないから、自分の休みは全部子ども
美容院にすら行けなくて。毎週週末をどうこなすかだった。2歳ぐらいになるまで大変だったなぁ。

2人
親も頼らず、1人でやって偉いよ……!!

Aさん
あとさ、キラポスにいるママ友たちに、実は同じ年で子育てもしてあんなにおしゃれしてて、すごく励まされたりもしない?

Cさん
そうなの、キラポスで気づいたよね。「私だけじゃなくて、みんながんばってるんだ」って!

Bさん
たまに凹むこともあるんだけど、私は(笑)。
みんなみたいに、そこまでできないなって。

Cさん
他の子はもっと何人もお子さんがいるのに「自分は」ってね。
確かに、それも分かる!(笑)。

Bさん
うんうん!
でも、ママっておしゃれしちゃいけないみたいな暗黙のルールみたいなのがあったじゃん。
そういうのが、好きにやっていいんだよ、もっと楽しんでいいんだよ、って教えてくれたのがキラポスかも。

Cさん
そうだね!頑張っておしゃれするのって、なんとなく照れ隠しみたいなのがあったんだけど。
「いいんだ!堂々と、もっと楽しんでも!」って思えるようになったなぁ。

Aさん
キラポスは共通の話題が必ずあるし、接点も見つけやすいからいいよね。

Cさん
キラポス始めてから、世界が広がったよね!

……………
…………
………
……



【次回予告】次回第3回目は「パパとの関係」についてです。お楽しみに!

結婚して、ママになるとSNS疲れもあるけれど、SNSに助けられたり勇気をもらえることもあるみたい!
付き合い方次第で、理想のママ友が見つけられるのもかもしれませんね☆

さて、ママ友問題のあとは気になる「パパとの関係」について。
夜はどうやって雰囲気づくりをすればいいの?これってセックスレス一歩手前? という赤裸々トークがさく裂します!
来週金曜日22時もお楽しみに!

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp