Facebook Twitter Instagram

ファッシングの仮面をデザインしたケーキ

Lifestyle

オーストリアの謝肉祭はハロウィーンよりも仮装が盛り上がる!?

毎月各国1回更新、世界各地のママライターによる連載【世界のmamagirlから】。
オーストリアに住むゆかが今月のテーマ「世界の子どもにまつわるお祭り」をお話しします。

Q1.子どもにまつわるお祭りはどんなものがある?

A1.春はカーニバルとイースターがあります。

「子どもにまつわるお祭り」とは少しずれてしまうかもしれませんが、この時期、子どもたちが楽しみにしているイベントがあります。
ファッシング(Fasching)と呼ばれるカーニバルです。(日本語では謝肉祭といいます。)

幼稚園や学校でも子どもたちは仮装をして通学し、パーティーが行われます。
その後、「四旬節」と呼ばれる断食期間を経て、イースターを迎えます。

カトリック教徒が大半を占めるオーストリア人にとって、これらの一連の行事は大切な宗教行事です。

Q2.どこでやる?家の中・外?

A2.家ではパーティー、外では仮装パレード(ファッシング)、エッグハント(イースター)が行われ、子どもたちが大勢参加します。

オーストリア第2の都市グラーツでのファッシング(子どもたちの仮装の様子) / 引用元 https://www.inside-graz.at/veranstaltungen/fotos-graz-fasching-naerrisches-treiben-faschingszug.html/nggallery/page/1

色とりどりのイースターエッグ

お店に並ぶイースターグッズ

舞踏会の様子 / 引用元 https://www.wienerphilharmoniker.at/tabid/125/language/ja-JP/Default.aspx

ファッシングでは、オーストリア各地で仮装パレードが開かれ、大人も子どもも仮装をして楽しみます。幼稚園や学校でも仮装パーティーが開かれ、それぞれ好きな仮装をして登校します。

また、首都ウィーンではこの時期、舞踏会が盛んに行われており、このファッシングの時期は最高潮に盛り上がります。
仮面舞踏会やカフェ主催のお菓子に囲まれた甘い舞踏会など、寒さの厳しい冬のウィーンを華やかに照らします。

イエス・キリストの復活を祝うイースターは、クリスマスの次に大切な宗教祭です。
2月頃からイースター関連グッズが店頭に並び、色とりどりの可愛い卵やうさぎ、ひよこのグッズがとにかくたくさん!
それらを見ると「春が近いんだなぁ」と嬉しくなります。

イースターで子どもたちに人気なのはエッグハント。
街のイベントでも幼稚園でも行われるこのエッグハントは、子どもたちにとってイースターの一大イベントです!
パステルカラーのドレスや服を着てバスケットを持った子どもたちは、公園や庭の芝生に隠された卵を探します。ヒントを添えた地図もあったりして、まるで宝探しのよう!子どもたちは大はしゃぎです。

そして各家庭ではご馳走を食べてイエスの復活をお祝いします。

Q3.そのお祭りがあるのはいつ?何月ごろ?

A3.冬の終わりの時期で、大体2月~4月。ファッシングとイースターは毎年日付が変わります。

ハプスブルク家御用達「DEMEL」本店。ファッシングの時期はショーウィンドウに仮面とクラプフェンがデコレーションされます。

シェーンブルン宮殿のイースターマルクト。イスが卵の形で可愛い!

キリスト教において重要な祭りのひとつである復活祭「イースター」。
今年のイースターは4月21日(日)です。
イースターは「春分の日のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められているため、毎年日付が変わります。
そしてそのイースター前には「四旬節」と呼ばれる断食期間があり、食事の節制や祝宴の自粛が行われます。
イースターまで節制しなければならないので、その前に飲んで踊ってどんちゃん騒ぎしちゃおうぜという目的で行われるのがファッシングなのです。

Q4.なんのために行うの?

A4.ファッシングは断食前のお祭り騒ぎ!イースターはイエス・キリストが復活したお祝い。

ウィーンにあるプラター遊園地で行われた、ファッシング仮装パレード / 引用元 http://www.prater.at/Berichte/Ansicht.php?Id=1755482

Q3と重なりますが、イースターまで生活を節制しなければならないため、その前に飲んで踊って大騒ぎしちゃおうぜというコンセプトのもと行われるのがファッシング。


イースターは、一度死んだイエス・キリストが復活した日であり、そのお祝いをする日です。

ふたつのイベントは、キリスト教において重要な一連の宗教祭なのです。また、どちらも春の訪れを祝う意味も込められています。

Q5.準備は必要?必要であればどんなことをする?

A5.子どもたちは衣装の準備をします!

仮装のための衣装がたくさん並びます

ディズニーから海賊、インディアンなど選択肢は多岐にわたります!

イースターの準備も始まりますよ!

イースターマルクトの工作コーナー

ファッシングなら仮装の準備、イースターなら当日着る衣装を選びます。
お店には衣装や仮面などのグッズが豊富に並び、子どもから大人まで各自で決めた今年のテーマに沿って衣装を準備します。
また、幼稚園や学校によっては子どもたちが手作りするものもあります。
(ファッシングのための仮面やTシャツのデザイン、イースターなら卵の殻に色を塗ったり絵を描いたり!)

Q6.盛り上がり度合いは?その国の人の参加率は?

A6.仮装パレードもイースターマルクトも大盛り上がり!

カフェ「Heiner」のショーウィンドウ。ファッシングの仮面をデザインしたケーキが華やかに並びます。

イースターマルクトの様子

オーストリアでは「仮装といえばファッシング!」というほど、オーストリア国内いたるところで仮装パレードが開催されます。大人も子どもも仮装し、フェイスペインティングも施し大盛り上がり!
お店はファッシングのデコレーションがされ、お店によっては店員さんも仮装をして働く姿を見かけることができます。

また、イースターは各地でイースターマルクトが開催され、地元の人のみならず観光客でも賑わいます。カラフルな卵がずらーっと並ぶマルクトは本当にかわいいですよ!

Q7 そのお祭りにまつわる受け継がれている伝統的なもの・ことは?


A7 ファッシングの時期はクラプフェンを食べます。イースターの時期はネコヤナギを飾ります。

クラプフェン / 引用元 https://blog.goo.ne.jp/chihirko/e/46ac1020ca8c255983608b4c64b944bf

花屋さんに並ぶネコヤナギ。この枝にイースターエッグを吊るします。

クラプフェンはドーナツに似た丸い揚げパンです。
中にはアプリコットジャムが入っていて、外は粉砂糖がたっぷり。
ファッシングの時期以外でも、パン屋さんやスーパーで普通に売られているオーストリア人馴染みのパンですが、ファッシングの時期は「Faschingskrapfen(ファッシングクラプフェン)」と呼ばれ、特に好んで食べられます。
甘くてふわふわの触感で、日本人の口にも合うと思います。
最近では、アプリコットジャムのほかにチョコクリームやバニラクリームなどが入ったものもあり、わたしも大好きなお菓子です。

イースターの時期になると花屋さんにはネコヤナギが並びます。
なぜなら、そのネコヤナギにイースターエッグなどを飾るからなんですね!
イースターエッグはどこに飾ってもいいのですが、ネコヤナギに吊るすとさらに見栄えが良いとか。
ふわふわのネコヤナギにカラフルなイースターエッグがとてもかわいらしいです。

Q8.ファッシング、イースターのトレンドはある?

A8.特にそういったものはないようです。伝統を重んじる国民性がよく表れています。


我が家の思い出・まとめ

幼稚園で作ってきたファッシング用Tシャツ。当日はこれを着て登園します。ちなみにアヒルさんの絵(笑)

去年のファッシングは、娘の通う幼稚園ではなにも行われませんでした。
そのため私はファッシングという存在を知りませんでした。
しかし今年は、我が幼稚園でもFaschingFestが3月4日に予定されていて、その日に着るTシャツに娘が絵を描いて持って帰ってきました。
当日はそのTシャツを着て登園することになっており、フェイスペインティングも幼稚園でやってくださるとのこと。
どんな様子になるのか今から私も楽しみです!

そして去年のイースターは、私は風邪をひいて行けなかったので、今年こそは娘と主人と3人でエッグハントに挑戦したいなと思っています!

以上、春の訪れを待ちわびて活気づくオーストリアよりお届けしました。

ゆか

オーストリア・ウィーン在住。
ドイツ語幼稚園に通う娘から刺激を貰いつつ、ウィーンでの暮らしを家族と楽しむ駐在ママです。
“音楽の都”ウィーンでの子育てやキッズイベントなどについてお話させていただきます。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp