Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

3歳キッズのママバッグは?【キラキラママたちのカバンの中身】

mamagirl本誌でも大人気のママバッグの中身公開企画がWEB版でも登場! 月齢・年齢別に毎週1回火曜日に更新していきます。今回は3歳のママのカバンの中身。おもちゃにおやつ、着替えに飲み物…。キッズとのお出かけは必要な物がいっぱい。そんなママたちのバッグの中身、実際どうなっているか解剖していきましょう!

【3歳2カ月の男のコのママ】水谷裕貴さん(27歳)

3歳と1歳の男のコがいる2児のママ水谷裕貴さん(27歳)。元歯科衛生士で現在はママ業に専念中。お出かけするときは下のコをおんぶして、上のコはベビーカーというスタイルが定番です♡

水谷家のハッピーライフはここからチェック
【Instagram】
@yki_k_h

■レザーとレースの甘辛ブラックコーデ

「ライダースは『エゴイスト』、レースのトップスは『フィフス』、デニムのレギンスは『リエンダ』、靴は『ジミーチュウ』。子どもを追いかけられるようにレギンスやローヒールの靴など動きやすさは必須ですが、シルエットがキレイに出る服や、透け感のある素材で女性らしさを出すようにしています」

■薄くておしゃれに背負える『ロンシャン』のリュック

ママバッグ詳細


・ブランドは? ロンシャン
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 1個
・2way? NO
・畳める? YES


「ベビーカーのハンドルに引っ掛けて使えるサイズ感がツボなこのリュックは、1年くらい前に『ロンシャン』で購入。軽くて薄くておしゃれ感もあってお気に入り。色味的にもコーデを選ばず合わせやすいのでお出かけの定番リュックになっています」

【バッグの中身一式】メッシュポーチで荷物を見える化☆

「左上から・『無印良品』のヴァニティ型のメッシュポーチ。中にはミニサイズのメッシュポーチに入れたおやつやおもちゃが入っています。『ラルフローレン』の大きいタオルハンカチ、常温の麦茶を入れている『サーモス』の水筒、『ルイ・ヴィトン』の財布、カードケースと家のカギ、iPhone、コスメやハンドクリームを入れている『無印良品』のクリアポーチ。何がどこにあるかパッと見でわかるように、『無印良品』のクリアポーチやメッシュポーチを使うことが多いです。色も黒とグレー系でまとめてごちゃつきをなくしています」

■中でも特に必需品ベスト4

・大きいタオルハンカチ

「手を洗ったときにしっかり水気をふきとれるように、大きいタオルハンカチを愛用しています」

・小物用のメッシュポーチ

「大きい黒のメッシュポーチにINして使っている『無印良品』の小物用のメッシュポーチ。真ん中に仕切りがあるので片側におやつ、片側にお気に入りのおもちゃを日替わりで入れています。今日のおやつとおもちゃはナッツとトミカ♡」

・着替えは真空パック

「『イケア』のジッパーバッグに着替えをIN。空気を抜いてコンパクトにしています」

・チップタイプのチーク

「メイク直し用に持ち歩いている、『スリー』のチーク&リップ。チップでちょんちょんとつけて指でなじませるだけなので、ブラシで塗り直すより格段に楽!」

すっきりとまとまりの良い仕分け。メッシュポーチにINしたメッシュポーチなど、中身が見える収納がとても使いやすそうでした!

【3歳3カ月の女のコのママ】野口美貴さん(33歳)

3歳3カ月の女のコのママ野口美貴さん(33歳)は、キャリア10年の元看護師で乳幼児教育アドバイザー。食事と遊びの大切さを重視して子育て中です♡

野口さんのヘルシーなライフスタイルはココでチェック☆
【Instagram】
@miki._.0303

■ママと娘のアースカラーリンクコーデ♡

「アウターは『リエディ』、タートルネックのニットトップスは『無印良品』、キルティングのスカートは『ユニクロ』、ブーツは『ザラ』。寒いと動きがにぶくなるので、裏ボアのブーツやダウンのインナーでとにかくあったかく。タイツやレギンスを着込んでもシルエットが崩れないボンディングスカートはこの冬大活躍しました♡」

■さっと肩掛けもできる2WAY巾着バッグ!

ママバッグ詳細


・ブランドは? H&M
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 1個
・2way? YES
・畳める? NO


「間口が大きく開く巾着バッグは『H&M』で¥3,000くらい。普段はハンドバッグとして使っていますが、娘が『だっこ〜』と来たときには肩掛けにチェンジ。明るめブラウンのカラーもコーデに合わせやすくてお気に入りです♡」

【バッグの中身一式】食関係と貴重品とで大きく2つに分類!

「水筒2本とおやつ&おにぎりを入れているマルシェバッグと、お財布や鍵など貴重品&よく使うものを入れている『ダイソー』のもこもこポーチ。そのまま持ち歩けるように荷物はバッグで2つに仕分け。おもちゃやウェットティッシュなどは娘が持つバッグのほうに入っています。ちなみに水筒に入れている飲み物は道の駅で買った黒豆茶♡」

■中でも特に必需品ベスト4

・貴重品ポーチ

「ちょっとその場を離れるときや、トイレに行くときなどはこのポーチだけを持って移動。貴重品のほかにハンカチやペン、ハンドクリーム、エコバッグなどよく使うものが入っています」

・ファイリング式のカード入れ

「子ども家庭支援センターの会員証や保育園の入館証など、普段使いするカード類は財布に入れずにひとまとめ。カードを見つけやすいようにパラパラとめくれるファイリング式のものを使っています」

・おやつの定期便

「毎月、自然素材のおやつが8種類届く『Snaq.me(スナックミー)』というサービスを利用しています。人工添加物、白砂糖、ショートニングなどを使っていない安心感と、毎月バラエティに富んだおやつが届くワクワク感も楽しいです♡」

・小腹を満たすおにぎり

「少し長めのお出かけのときは、おやつ以上、ご飯未満の軽い食事としておにぎりを持参。今日は『もちもち寝かせ玄米+三十雑穀のおにぎり』。お米や雑穀はネットの『タマチャンショップ』を利用しています☆」

「基本食を重視している」という野口さん。ヘルシーなおやつや食べ物が充実した中身でしたね!

【3歳10カ月の女のコのママ】松原亜里紗さん(32歳)

3歳10カ月の女のコのママ松原亜里紗さん(32歳)は、吉祥寺にある台湾茶カフェ『囍茶東京(ききちゃとうきょう)』を家族で経営中。松原さんは主にメニュー開発を担当しているんだとか。おすすめは東方美人茶を使った『美人タピオカミルクティー』だそう♡

お店の様子や娘ちゃんとの日々も投稿中!
【Instagram】
@arincle

■ピンクのワンピースで春を先取り♡

「ダウンジャケットは『ディーゼル』、ニットのワンピースは『スナイデル』、靴は『ニューバランス』。いま妊娠7カ月なので基本的にスニーカーとワンピースというコーデが多いです。マタニティ用のタイツは履き心地がイマイチなので、普通のタイツのお腹部分に縦に切れ目を入れて履いています(笑)」

■可愛らしさもある『トッカ』のリボンリュック

ママバッグ詳細


・ブランドは? トッカ
・仕切りはある? YES
・ポケットの数は? 7個
・2way? NO
・畳める? NO


「両手もあくし、“荷物を持っている感”をあまり感じないので最近はずっとリュック派です。テープリボンがフェミニンなこのリュックは『トッカ』で¥22,680。形も丸っこいので背負っていてもあまりいかつく見えないところも気に入っています」

【バッグの中身一式】かさばるものはしまわずそのままIN

「左上から・もしも用のパンツとズボンを入れている着替えポーチ、ノートとお絵かきセット、リップ3本が入っているコスメポーチ、寒くなったとき用に持ち歩いている『パタゴニア』のネックウォーマー、お茶を入れるタンブラー、うさぎのおやつ袋、フェルメール展のお土産のハンカチ、『アナスイ』の鏡、リュックとセットでついてきた『トッカ』のポーチは母子手帳ケースとして使用。マスクや薬も入れています。『エルメス』のジッパーウォレット。心配症なので荷物はどうしても多くなりがち。マスクは落としたり汚したりするので何枚か持ち歩くようにしています。お絵かき用のノートや紙は袋にしまうとかえってかさばるので、出したままクリップ留め☆」

■中でも特に必需品ベスト4

・お絵かき&工作セット

「お絵かきや工作が好きなので紙と色鉛筆があればずっと間が持ちます。はさみも使えるようになったので、いつも何かしら作っています」

・おやつポーチ

「おやつはすぐに食べ終わらないように、なるべく時間が稼げそうなものを選んでいます(笑)。うさぎのポーチは『minne(ミンネ)』で買いました♡」

・いのしし神社のお守り

「第二子がいのしし年生まれになるということで、狛猪で有名な京都の護王神社へ行ってお守りをもらってきました。周りに良い人が集まりますようにという願いを込めて良縁のお守りです☆」

・あぶら取り紙

「台湾へ行ったときに買ってきたあぶら取り紙。いろんな種類がありますが、これはタピオカミルクティーの香りがします」

使わないだろうとはわかっていても、もしもを考えて持ち物が多くなりがちという松原さん。「多少重くても持っていて損はない」とあまり気にしないことにしているそう!

ママバッグはさっと取り出せることが大前提!

中身が見た目でわかる機能的なバッグから、ざっくり2種類に分類されているバッグ、ドラえもんのポケットのように何でも入っているバッグなど、それぞれ個性的だった今回のママバッグ。取り出しやすいように工夫している点は共通でした!

※掲載されているのママと子どもの年齢は、撮影時の年齢です。

撮影・齊藤 僚子

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp