News

きっかけは「娘のパンツ」吉川ひなのさん子ども服ブランドを立ち上げた理由

2012年にハワイに移住、そのライフスタイルがママたちの注目を集めてきた吉川ひなのさん。モデル・タレントの仕事のほか、自身のブランドやさまざまな商品のプロデュースを手がけるなど、「働くママ」の代表でもあります。
この春、子ども服ブランド「Love the Earth」初のポップアップストアを出店するひなのさんに、オーガニックアイテムへのこだわりや、ブランドを通して伝えたいことについて伺いました。

(インタビュー前編はこちら⇒「ルールや違いがあっていい」2児の母・吉川ひなのさんインタビュー





■「気持ちいい」と「かわいい」が両立する子ども服ブランド

——2018年3月に、オーガニックコットンを使った子ども服ブランド「Love the Earth」をオープンしましたね。ブランドを立ち上げたきっかけについて教えてください。

吉川ひなのさん(以下、吉川):きっかけは、娘のパンツを探していたときに、気に入るものがなかったことです。子どもって「ドレスで学校に行きたい」とか言うけど、結局はパンツ丸出しで遊ぶでしょ? 木登りをしたり、鉄棒でスカートがひっくり返ったりしたときのために、丸見えになってもいいパンツを履かせたかったんだけど、なかなか「コレ!」と思うものがなくて。

それなら自分で作ろうと思ったんです。せっかく作るなら、子どもにも地球にも優しいオーガニックコットンを使いたいし、同じ素材で洋服なども展開しようと決めました。

——実際に作ったパンツには、どういったこだわりが詰まっていますか?

吉川:「Love the Earth」では、「ドッキングパンツ」という、腹巻きとパンツが一体化したパンツを販売しています。子どもって、2枚履きするのを嫌がりますよね。ドッキングパンツなら、生地の薄いワンピースを着ているときも、お腹だけは温かい。寝相が悪くてお腹が出てしまうときも、寝冷えを防いでくれます。娘はこのパンツが大好きで、ずっと履いています。

——「Love the Earth」のウェブサイトには「娘が選ぶ一番のお気に入りは、オーガニックコットンのものばかりだった」と書かれていますね。娘さんが特に気に入っていたオーガニックコットンのアイテムは、何だったのでしょう?

吉川:娘は、オーガニックコットンのタオルケットが大好きなんです。赤ちゃんの頃から使っているからもうボロボロだけど、いまだにそのタオルケットが手放せなくて。自分の体に巻いて抱きしめながら、さらにもう一枚同じタオルケットを掛けて寝るの(笑)。

——かわいいですね(笑)。洋服なども、オーガニックのものが好きですか?

吉川:オーガニックのTシャツは肌ざわりが気持ちいいから、「パジャマ代わりにこれを着て寝る」ってよく言っています。でも、学校に行くときはやっぱり、色やデザインがかわいいものを選んでいますね。「これちょっと着心地悪いんだけどさ」って言いながら、ゴワゴワのドレスを着ています(笑)。

——そういう気持ちも大事ですよね。

吉川:どれだけいいオーガニックの素材でも、子どもたちはかわいいものが好きだから、その気持ちは尊重してあげたいなと思うんです。「Love the Earth」では、クマちゃんのぬいぐるみも販売していて、中綿は100%オーガニックコットン。もうすぐウサギちゃんもデビューするんだけど、日本の職人さんが一つずつ手作りしているの。

それほどこだわって作っているけど、目だけは地球に400年還らないかもしれないプラスチックを使っています。そうじゃないと、顔が怖すぎて、愛着が湧かないからね。自分の中の正義みたいなものと折り合いをつけながら、一つひとつ素材を選んでいます。

■初めてのポップアップストアでブランドの良さを直接伝えたい

——洋服やぬいぐるみ以外に、ピローも販売していますね。

吉川:子どもは特に、頭が熱かったり汗をかきやすかったりするから、ピローには気を付けてあげなきゃと思うんです。子ども用の枕って、ジャリジャリする素材が入っているものも多いですよね。何が入ってるんだろうと思って、中を空けたら「この上で寝てたの?」ってびっくりするようなものが入っていたことも……。それは私の考えだから、人に押し付けるつもりはないけど、娘にはあの上で寝てほしくないかな。夜のあいだ、ずっと肌に密着するものだし、オーガニックのほうが気持ちいいかなと思ってピローとピローケースを作りました。

——なるほど。大人になると、睡眠の質を考えていい枕を選ぶことがありますけど、寝ている時間が大事なのは子どもも同じですね。ひなのさんが、「Love the Earth」を通して子育て中のママやお子さんに伝えたいのは、どんなことでしょうか?

吉川:私は、娘が生まれてきて初めて、自分がいなくなった後の地球について考えたんです。自分がいなくなっても、地球を美しいまま残すために、いまできることは何だろう?って。農薬を使わない畑を応援してみるとか、日常着を一着だけでもオーガニックコットンのものにしてみるとか、楽しみながらできることが、実はたくさんあると思うんです。「地球のためにできることを、みんなが少しずつ実践してみるといいかもね」って、「Love the Earth」を通して伝えたいですね。

——4月に二子玉川ライズでポップアップストアを予定しているそうですね。「Love the Earth」でポップアップストアを出店するのは初めての試みですか?

吉川:そう、初めてなんです。いままでウェブでしか販売していなかったから、触り心地やサイズ感を知りたい人もいると思うし、実際に試してもらえる場を作りたかったの。それから「この洋服はこういう理由で最高だよ」っていう話を、私の口から直接伝えたい。開催期間の1週間、私も毎日お店に行こうと思っているんです。

——すごいことになりそう! 商品をリアルで見られるところが、ポップアップストアの醍醐味ですね。

吉川:実際に手に取って見てもらえるのが、本当に楽しみ! いまは、ポップアップストアに向けて、いろいろな商品を新しく作っているところです。

——どんな商品が新しく加わるのでしょうか?

吉川:Tシャツやスウェットのセットアップ、キャミソールとショートパンツのセットなどが新しく加わります。既存商品の中では「ウサミミおくるみ」が一番の人気アイテムなんだけど、今回新しく、同じ型の「クマミミおくるみ」がデビューします。やさしいベージュ色で、クマさんタイプもとてもかわいいですよ。

■不安でいっぱいの時期も、自分と娘への信頼は揺らがなかった

——ポップアップストア、とても楽しみです。最後に、mamagirlの読者である、子育て真っ最中のママ・パパにメッセージをお願いします。ひなのさんのように、のびのび子育てをしたいと憧れるママはとても多いと思いますが……。

吉川:子育てを始めたころを振り返ると、すごく楽しくて期待でいっぱいだったけど、テンパってもいましたね。娘が泣いちゃったときに、その理由がわからなくて「こんなに泣いちゃって大丈夫なのかな?」って不安になったこともありました。「大丈夫かな?」と「どうしよう」の繰り返しだったなぁ……。

——ひなのさんでも、テンパった時期があったんですね。

吉川:もちろん、ありましたよ! だけど、どんなときでも、常に自分と娘を信頼していました。それはいまも変わらないかな。娘は2歳になった頃から、出掛けるときの荷物を自分で用意しているんだけど、いつも荷物がすごく多いの(笑)。いまも毎日、大荷物を抱えて出掛けてる。でも、私はその中身を見たことがないんです。もしも、学校に持って行っちゃいけないものが入っていたとしても、それでいいと思っているんですよね。

——先生に叱られたときは?

吉川:先生に「これはルール違反だよ」って言われたら、そのときに娘が考えればいいと思うんです。「あなたの気持ちはわかるけど、次からどうするか自分で考えてね」って。娘からそのことについて相談されたら、もちろん相談に乗ってあげます。そういうふうに、失敗も娘にとって大事な勉強だと思っているんです。

先回りしてリスクを伝えるんじゃなくて、自分で考えて選び取れる子になってほしい。だから、娘が遊びに行くときも「気を付けてね」じゃなく、「楽しんでね」って言うようにしていますね。

プロフィール
吉川ひなの(よしかわ・ひなの)
1979年、東京都生まれ。デビュー当時から数々のファッション雑誌、映画、テレビ、CMなど多方面で活躍してきた。 2013年に発売スタートしたリゾート向けウエディングドレス「Alohina」が人気ブランドに成長し 国内レンタル専用のドレスブランド「alohina moe」を発表。ウエディングドレス以外にも、カラーコンタクト、ナチュラル系コスメなどプロデュース業で幅広く活躍している。
現在、LAに拠点を置き、素材にこだわった子ども服ブランド「Love the Earth」を手掛けるなど、地球に寄り添ったオーガニックな暮らしを提案中。子育て方法や1人の女性としてのライフスタイルに多くの女性から支持を得て注目が集まっている。

撮影/回里純子 スタイリング/知念美加子 ヘアメイク/斉藤誠(Lila) 取材・文/東谷好依 企画・構成/mamagirlWEB編集部 


【衣装協力】
・ワンショルリブニット¥9,800、プリーツワンピース¥32,000/CASA FLINE(CASA FLINE表参道本店 03-6447-5758)
・イヤリング¥7,000、リング(左手)¥5,000/Nothing And Others(ピーエーオー 03-3234-0886)
・リング(右手)¥19,000/JUPITER(JUPITER代官山 03-5428-2815)
・サンダル¥25,000/AULA(コードナイン 03-6712-6270)

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!