出典:@_______haruna.47さん

Lifestyle

マスキングテープはネイルにも大活躍!上級者デザインも思いのまま

ネイルアートに挑戦したいけど難しい…そんな人におすすめしたいのは、マスキングテープを使ったネイルアートです。プチプラで購入できるマスキングテープは、多くの種類がありますよね。マスキングテープの使い方によっては、難しいネイルも挑戦できます。ネイルサロンでしてもらったかのようなネイルアートも簡単で、失敗が少ないのもうれしいポイント。

マスキングテープを使ったセルフネイルをご紹介します。

■マスキングテープネイルのやり方<準備するもの>

出典:100均はマスキングテープも豊富!活用法もご紹介 @ xx_kiistagram_xxさん

マスキングテープネイルに必要なものは、
◆マスキングテープ
◆はさみ(できればネイル用ハサミなどの細かく切れるものがベスト)
◆カッター(あれば)
◆ペン
◆トップコート
といったものです。
この5点は、『DAISO(ダイソー)』『Seria(セリア)』『Can Do(キャンドゥ)』などの100円ショップでも購入できます。

■マスキングテープネイルのやり方<ポリッシュ編>

マスキングテープを使ってネイルアートするやり方をご紹介します。

・マスキングテープを好みの形にカットし、爪に貼る

出典:@ tingjp1129さん

マスキングテープの柄に合わせてはさみで細かい部分を丁寧に切ります。はさみで切ることが難しい部分は、カッターナイフを使いましょう。
爪にマスキングテープを貼ってみて、切る場所をペンで線を引いておけば、切った後に修正することなく貼れますよ。

・トップコートを塗る

出典:photoAC

爪に貼ったマスキングテープの上にトップコートを塗れば、何かの拍子に剥がれるのを防止することができます。ネイルアートを数日間キープするためにも、トップコートはマストです。

・知っておきたいポイントは?しわになったらどう直す?

出典:@ tingjp1129さん

マスキングテープを爪全体に貼るときのポイントは、爪より小さめにカットすることです。しわになっていても爪からはみ出してない場合は、剥がし方が丁寧であれば、きれいに修正できます。
爪の色との変化がわかりにくいデザインの柄を使うと、爪より小さめにカットしても爪の境目がわかりにくいですね。

ストーンなどのパーツをのせる場合は、のせたいパーツの部分に固めのジェルネイルをつけて、ベースジェルの上へおさえるようにしながらパーツを埋め込みます。硬化したら細い筆を使い、固めのジェルネイルをパーツの隙間に入るように塗ればパーツが固定されるので、トップジェルでコーティングします。
ネイルシールを重ねてデコレーションするのもおすすめです。100均で人気の「しずくネイルシール」などを併せて購入しておくと、ネイルデザインが広がるかもしれませんね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]