Facebook Twitter Instagram

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

Fashion

【ボトムス】スキニーデニムコーデまとめ【全国スナップ2019】

カジュアルにもきれいめにも対応できるスキニーは、いまやボトムの中でも大定番。トレンドに流されず年中活躍してくれるうえ、おしゃれの幅をグッと広げてくれることから、ワードローブに1本は加えておきたいアイテムです。今回は、そんなスキニーを使った夏らしいコーディネートを、「mamagirl(ママガール)」 2019年全国親子スナップに参加いただいたおしゃれママたちからピックアップ!

どのママたちもベーシックなスキニーを、自分たちらしい個性を添えておしゃれにスタイリングされています。スキニーを使ったスタイリングのヒントを探ってみましょう☆


■定番のスキニー。4つのメリットは?

ボトムの中でも定番のスキニー。どんな魅力があるのかまとめてみました。

・比較的どんなトップスとも合わせやすい


まず、一つ目のメリットはどんなトップスとも合わせやすいことです。スキニーは体のラインに沿ったタイトなシルエットが特徴ですが、ボリューム感のあるトップスやタイトなトップスなど、比較的どんなトップスとも相性◎。そのため、「今日のコーデは何にしよう…」と迷ったときの救世主的存在となってくれるはずです。

・縦ラインを強調してくれるため美脚足長効果も抜群!


ヒップから足首にかけて全体的にタイトな作りとなっているスキニーは、スタイルアップ効果抜群!縦ラインを演出してくれることから、すらりとした脚長に見せることができます。ヒールや厚底サンダルなどを合わせれば、さらに細見え効果アップも狙えるでしょう。

・女性らしい印象を演出できる


タイトシルエットのスキニーは、足首の華奢感をアピールしてくれるため、メンズライクになりがちなパンツスタイルでも女性らしい印象を演出することができます。そのため、合わせるアイテムによっては、パパとのデートシーンでもぴったりなスタイリングが叶えられますよ♡また、Tシャツとスニーカーを合わせたシンプルなスタイリングも、韓国人女性のようなオルチャンっぽい着こなしにしてくれますよ♡

・黒スキニーはシルエットを拾いにくいので大人でもはきやすい


「ヒップや腰まわりのハリが悩みで、スキニーは苦手」という声もよく聞かれます。そんな人には、黒のスキニーがおすすめです。黒は引き締め効果があることからすっきりと見せてくれるため、気になる体型もカモフラージュすることができますよ。


■夏にぴったりなスキニーコーデをチェック!

「mamagirl」2019年全国親子スナップに参加いただいたおしゃれママたちの、夏にぴったりなスキニーコーデをチェックしてみましょう☆

・【スキニー×Tシャツ】パンプスを使ったきれいめコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:風間千嘉さん(28歳)
お子さん:菖善くん(1歳0カ月)

『GU(ジーユー)』のトップスとデニムを合わせたコーディネートです。どちらもベーシックなアイテムでシンプルな組み合わせとなっていますが、首元に巻いている『H&M(エイチアンドエム)』のスカーフが華やかな印象をプラスし、こなれ感を演出。足元もスニーカーではなく、パンプスを合わせると、きれいめなデニムコーデへとシフトできますね。


・【スキニー×Tシャツ】腰巻きスタイルでこなれコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:丹羽絵梨さん(27歳)
お子さん:RENくん(4歳)
お子さん:OUくん(2歳1カ月)

白Tシャツと黒スキニーは、『UNIQLO(ユニクロ)』で購入されたもの。スキニーは膝部分にクラッシュ加工が施されていて、シンプルさの中にもクールな印象が伺えます。また、腰巻きしている『しまむら』のデニムアウターは、おしゃれさを叶えながら下半身のカモフラージュとしての役割も。シンプルでボーイッシュな着こなしは、男の子ママのリンクコーデとしても参考になりますね。


・【スキニー×Tシャツ】スカーフをプラスしたトレンドコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:井出理沙さん(30歳)
お子さん:陽向くん(0歳5カ月)

UNIQLOのワッフルTに『NATURAL BEAUTY BASIC(ナチュラルビューティービューシック)』のデニムを合わせたコーディネートです。スキニーデニムは裾が切りっぱなし加工となっているのもポイント。白T×デニムは王道の組み合わせですが、赤いバンダナがアクセントとなり、おしゃれ感をアップさせています。トレンドのバンダナやスカーフも、明るいカラーを選ぶと顔まわりがパッと華やいで見えますね。


・【スキニー×ボリューミートップス】メリハリデニムコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:船川知里さん(31歳)
お子さん:もかちゃん(5歳)
お子さん:かほちゃん(1歳9カ月)

フリルが印象的なブラウスは『COEL(コエル)』で購入されたものだそう。袖口もふんわりとしたデザインとなっていて、ボリューム感がかわいらしい1枚です。ボトムにはグランフロント大阪でゲットしたというスキニーデニムを合わせ、コーデにメリハリをプラス。『DAIANA(ダイアナ)』のメタリックパンプスが、ちょっぴりスパイスをきかせているのもポイントですね。


・【スキニー×ワンピース】すっきり肌見せコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:泊幸希さん(28歳)
お子さん:星良ちゃん(2歳0カ月)

トレンドのティアードワンピースは『mite(ミテ)』で購入されたもの。黒のワンピースは重たく見えがちですが、ティアードワンピはふんわりとしていて表情があるため、軽やかに見えます。ボトムは『dazzlin(ダズリン)』のスキニーデニムで、足首が見える丈感が抜け感をプラス。
『DAIANA(ダイアナ)』のパイソン柄パンプスは、ベージュ系なのでハードさが軽減されてワンピースコーデにもナチュラルに馴染んでいます。


・【スキニー×ワンピース】ふんわりナチュラルコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:石井すみれさん(30歳)
お子さん:連くん(9歳)

涼し気なリネン素材のワンピースは『ZARA(ザラ)』のもので、バッグはリボンがついていて後ろ姿がかわいいところもお気に入りポイントなのだそう。ボトムのGUのスキニーは、淡いカラーがワンピースのテイストを邪魔することなく馴染み、全体的にやさし気でふんわりとした印象に。息子くんとリネン素材や色みでリンクしているところも素敵ですね。


・【スキニー×ワンピース】パッと目を引く赤コーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:佐野美紀さん(36歳)
お子さん:はるみくん(3歳9カ月)

赤×デニムでリンクしたスタイリングは、目立ち度抜群!パッと目を引く鮮やかな赤は、夏にぴったりのカラーです。このワンピースは『楽天』で、3,150円で購入したそうですが、シルエットや生地感などもお値段以上のクオリティ。スキニーデニムはGUのものだそうです。また、首元のスカーフもコーデのポイント。全体で使用しているカラーの数が多くないため、すっきりとまとまって見えますね。


・【スキニー×ガウン】ヘルシーな黄色コーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:林有恋さん(22歳)
お子さん:幸蒼くん(2歳3カ月)

GUで購入されたという黄色のガウンとパンプスが印象的なコーディネート。トレンドのワンショルダーデザインのインナーは、『SLY(スライ)』のもので、肌見せ部分が多いデザインですが、黄色がヘルシーに見せくれています。また、ボトムは『ZOZOTOWN(ゾゾタウン)』でいま話題のオーダーメイドできるZOZOデニム。丈感やシルエットが絶妙で、4,000円というお値段には見えないですね。


・【スキニー×ガウン】大人かわいい花柄コーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:赤堀紘子さん(31歳)
お子さん:つかさくん(3歳)

半袖のガウンは『GLOBAL WORK(グローバルワーク)』のもの。小さな花柄がヴィンテージっぽく、大人な雰囲気を演出してくれています。ガウン下に合わせているTシャツは、通販サイト『reca(レカ)』のアイテムで、胸元にプリントされた英字のロゴがお気に入りポイントなのだそう。親子リンクコーデも、色みの濃淡が異なるアイテムでリンクさせる方法であれば、さりげないおしゃれな着こなしが叶いますね。


・【スキニー×ガウン】夏らしい爽やかグリーンコーデ

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢
ママ:矢崎梨紗さん(34歳)
お子さん:せらむちゃん(10歳)
お子さん:瑠人くん(7歳)
お子さん:瑛人くん(4歳)
お子さん:理人くん(2歳4カ月)
お子さん:玖人くん(1歳)

GUで購入したというガウンは、淡いグリーンのカラーが爽やかな印象。暑い夏でも涼し気に見せてくれます。ボトムには、UNIQLOの切りっぱなしデニムをスタイリング。また、足元に合わせた『moussy(マウジー)』の厚底ヒールサンダルがスタイルアップを叶え、好バランスを実現。ロング丈のカーディガンやガウンを合わせるときは、ヒールで全体のバランスを調節するのもおすすめです。


■スキニーって涼しいの?夏に暑い?

下半身にぴったりと沿うようなシルエットのスキニーは、「夏に着ると暑そう…」といった意見も。そんな人には、ひやっとする接触冷感生地が使われたスキニーもあります。通販などでリーズナブルな価格帯で販売されているので、あつがりさんはぜひチェックしてみましょう!

■スキニーでいろいろな着こなしを楽しんじゃおう♡

どんな着こなしにも対応してくれるスキニーは、1本あるとヘビロテ間違いなしのアイテム。
黒や白、デニム、カーキパンツなど色や素材を変えてそろえておくのもいいですね。ぜひ、あなたもおしゃれママたちの着こなしを参考に、この夏いろいろなスキニーコーデに挑戦してみてくださいね☆

撮影/亀谷 光(札幌)、眞板由起(NOSTY/仙台)、生田祐介・モリサキエイキ・野口マサヒロ(BIEI/東京)、安田慎一(名古屋)、奥山栄樹・井上雅央(TRYOUT/大阪)、武田洋輔(gabby Photo/福岡)

haru

神戸出身の転勤族ママ。2歳になったやんちゃボーイは、めきめきとちびっこ怪獣に変身中。ネットで夜な夜なプチプラファッションをチェックするのが小さな楽しみです♪
【Instagram】haru__kirara
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp