出典: @ h.r.a.a________さん

Lifestyle

靴下の名前付けってどうしてる?おすすめの方法や裏技を伝授♡

子どもが幼稚園や保育園、小学校などに通っていると必要になってくるのが“名前付け”ですよね。特に靴下の場合は、「どこに、どうやって名前を付けようか…」と悩む方も多いはず!そこで今回は、靴下の名前付けについて調査してみました。靴下の名前付けにおすすめの方法や商品などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

名前付け専用のアイテムではないけれど、実は使える!という裏技アイテムも紹介しますよ♡

■みんなは靴下の名前付けはどうしている?

靴下に名前を付けるのが初めてのママは、どうやって記名すればいいのか悩むかもしれませんね。そこでまずは、みんながどうやって靴下に名前付けをしているのかを調べてみました!

・手書きが一番!油性ペンで直接記名

出典:筆者撮影

名前付けで定番なのが、油性ペンを使った方法です。手書きで記名するので、文字の大きさや名前付けの場所など自由にできていいですね。ただし、油性ペンで記名しても繰り返し洗濯すれば、薄くなって名前が見えにくくなります。
油性ペンを活用するときは、消えにくい場所に記名するようにしましょう。

・取れにくい!刺繍で名前付け

出典:photoAC

「取れにくさを重視したい!」というママに人気なのが、刺繍を使った方法。刺繍の名前付けなら、糸が切れない限り名前が消えることはありません!
ただ刺繍は糸で一針一針縫っていくので、時間がかかるのは覚悟した方がよさそうですね。針仕事が好きな方は、楽しみながら名前付けができるでしょう。

・ピタッと接着!アイロンテープで名前付け

出典:筆者撮影

こちらは布地のテープに名前を書き、アイロンの熱で接着させるもの。付けたい部分にテープを置いて、20秒程度アイロンをかけるだけでできるのでとてもお手軽ですね。
商品によっては数回洗濯すると剥がれることもあるようなので、洗濯のときに洗い方に気を付けるなどが必要かもしれません。

・モコっと感がかわいい!フェルトのお名前シールを使って名前付け

出典:photoAC

手芸店や100均などで販売されている、フェルトのお名前シール。アイロンの熱を利用して接着させます。フェルト生地のシールなので、接着させるとモコッとかわいく仕上がりますよ。
アイロンテープと同様に数回洗濯すると剥がれやすくなるようなので、しっかりと接着させましょう。

■靴下の名前の付け場所はどこがベスト?

枚数が多いと結構大変な、靴下の名前付け。一度付けたら、できれば長持ちさせたいですよね。ズバリ靴下の名前付けならココ!おすすめ部分2カ所を伝授しましょう。

・その1 靴下の底、土踏まずあたり

出典: @ h.r.a.a________さん

靴下の底、土踏まずあたりは他の場所と違って少し空間があるので擦れにくい特徴があります。見えにくい場所に名前付けをしたいなら、土踏まずあたりに名前付けをしてみてはいかがでしょうか。

・その2 くるぶしの下

出典:筆者撮影

靴下の汚れを落とすのに、手洗いをする方もいますよね。特に靴下の底は汚れやすいので、ゴシゴシと洗っていると名前が取れてしまうこともあります。そんな方におすすめなのが、くるぶしの下に名前を付ける方法。
くるぶし部分なら汚れる頻度も少なく、擦れにくいので長持ちしますよ。

■靴下の名前付けにおすすめの商品を7つピックアップ!

それでは最後に、靴下の名前付けにおすすめの商品を厳選してご紹介します!

・伸縮性のある靴下と相性◎!100均で買える のび~るゼッケン

出典:@ bm.p0512さん

こちらは、『DAISO(ダイソー)』で販売している「のび~るゼッケン」100円(税抜)。幅、長さが違うものが、3種類以上あります。こちらの商品は好きな長さにカットできるので、靴下のサイズに合わせて使い分けすることができますよ。
シンプルなホワイトカラーなので、イラストを描いたり、カラーの油性ペンで名前を書いたりとアレンジも自在!アイロン付けするときはゼッケンの上からだけでなく、裏からも熱を当てるとさらに取れにくくなるので試してみてくださいね。

・ネットで手軽に買える!手書き不要のフロッキーネーム

出典:筆者撮影

ネットや手芸店などで手軽に購入できる「フロッキーネーム」。メーカーによって価格はさまざまですが、一文字100円~200円程度で購入できるようです。
小さいタイプは1cm以下なので、靴下の名前付けにも活用できますよ。のび~るゼッケンと同様に、アイロンの熱でピタッと接着。裏からもしっかり熱を当てて、取れにくくしましょう。

・ひとつあれば幅広く使える!ポンッと押すだけのスタンプ

出典:筆者撮影

こちらの写真のスタンプは、いろいろな素材に使えるもの。インク付きでシャチハタのように、そのまま押すだけで名前付けができる夢のようなアイテムです。価格は2,500円~3,000円程度。
洗濯可能で約1,000回使えますよ。この便利なスタンプは『BELLE MAISON(ベルメゾン)』や「楽天市場」で注文可能。中でも楽天市場の「PON!とスタンプ」は、かわいいデザインのものがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

・印刷機で作れて簡単!布用お名前ラベル

出典:筆者撮影

名前付けに大活躍する、ラベルライター「テプラ」。テプラにはなんと、布用のテープも販売されているんです。使い方は名前を入力して、印刷ボタンをポン。出てきたテープを、アイロンテープと同じように熱を当てて接着させれば完了です。
テプラの本体は3,000円~、アイロンラベルは1,000円程度であるようですよ。テープを交換すれば一般的なお名前シールも作れるので、1台あったら重宝すること間違いなしです!

・靴下にはやっぱり靴下専用!そんな人にはソックスラベル

靴下専用のラベルもあります。『KAWAGUCHI(カワグチ)』の「ソックスラベル」はシールタイプのアイロンラベルで、シールで仮止めをしてからアイロンで接着することにより、ズレる心配なくラベルの貼り付けが可能。
しっかりと接着し、靴下の動きに合わせて伸縮するのが特徴です。靴下用に開発された商品なら信頼できますね。9足分のラベルが入って300円ほどで購入可能です。

・お手軽派さんへの裏技!100均で買えるアイロン不要の洗濯タグ用シール

出典:筆者撮影

こちらはダイソーで購入できる洗濯タグ用シールです。アイロン不要で、タグに貼るだけで目印や名前ラベルとして使える手軽なアイテムですが、「靴下に貼っても剥がれにくい!」という口コミが。
お手軽に名前付けしたい人におすすめの商品です。兄弟、姉妹間でタグを色分けして使えば洗濯物が混ざってしまったときの目印にもなりますよ♡ただし、靴下専用の商品ではないので、靴下の種類によっては剥がれる場合もあります。

・しっかり接着派さんへの裏技!100均で買える裾上げテープ

出典:筆者撮影

片面接着タイプの裾上げテープをラベル代わりに使用するという裏技も!裾上げテープは粘着力が高く、剥がれにくいため、白やベージュといった薄いカラーのテープなら名前ラベルとしても活躍するんです。
適当なサイズにカットし、水を含ませ、当て布をしてアイロンで加熱すればOK!あとは油性ペンで名前を書くだけです。写真の商品はダイソーで購入できる「すそ上げテープ」という商品です。

■ポイントをおさえて靴下の名前付けをしよう!

靴下の名前付けは方法がたくさん。見た目の好みや手軽さなど、選ぶポイントは人それぞれです♡メリットやデメリットも考慮して、あなたに合った方法を見つけてくださいね! 少しでもママたちの参考になりますように。

kimmy

やんちゃボーイズ2人のママです。
転勤族妻。営業、事務、秘書の仕事をしていた経験あり。私自身も転勤がある仕事をしていたので今までの引越し回数は10回以上!
休日に夫が作ったご飯と美味しいお酒でカンパイするのが楽しみです。
子どもと一緒にてんやわんやの日々ですが、自分のケアもキチンと!女子力を忘れずに、が最近のテーマです。
【Instagram】kimmy_sasa_mii
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!