Facebook Twitter Instagram

Comic

【おとうとは発達障害】#9 効果抜群!「絵カード」

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^

発達検査のあとに、心理士さんから「絵カード」を作ることをお勧めされました。
言葉でのコミュニケーションが難しい子には、言葉だけでなく絵を使うと伝わりやすいそうです。

発達障害のお子さんだけでなく、まだ言葉をマスターしていない小さいお子さんや、日本語を知らない海外の方にも使えそうですね^^

例えば、散髪をしたい時はハサミを見せる、長男の髪を切って、お手本を見せても怖がって拒否していたのですが、散髪の絵を見ると納得したようで切らせてくれました。
(くすぐったいのでかなり我慢してもらっていますが。)

絵だと余計な視覚情報がなくて、頭にスッと入ってくるのかな?と予想しています。

そして、3歳の時に作り始めた絵カードがこちらです。

コミュニケーションにつまずく度に、絵カードを作って少しずつクリアしていきました。
現在は、年中組ですが、言葉だけのコミュニケーションがだいぶ取れるようになりました。

絵カードは今も作り続けていて、運動会のダンスなどを絵カードで説明しています。

ちなみに、絵カードはどなたでもコンビニで印刷できますので、もしもご興味ある方いらっしゃいましたら、ホームページをご覧くださいませ。
(※コンビニでの印刷代金だけかかります。)

https://okomemories.jimdo.com/
たきれいのホームページ
→コンビニで印刷できるよシリーズ

そして、これをきっかけに「工夫次第で支援がしやすくなる」と気づいて、家の中やグッズなど色々工夫し始めました。

来週は、フラフラとどこかへ行ってしまう次男・くもに必需品だった、自作の迷子紐(ワーネス)の話に続きます。よい週末を~!

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp