Facebook Twitter Instagram

Comic

【おとうとは発達障害】#10 迷子防止に輪っかのハーネス考案したら…

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^

今回は、外出先で勝手にフラフラどこかへ行ってしまう次男くもに必需品だったハーネスのお話です。

くもは、手を繋ぐのも嫌がるのでお出掛けが大変でした!買い出しなどは保育園に預けているうちになるべく済ませるようにしていたのですが、たまにスーパーに連れて行く日がありました。

ただ、ハーネス(迷子紐)は世間の目が気になるんですよね。
子どもの安全を第一に考えて使っているので、私は堂々としていれば良いのですが、やっぱり「犬の散歩みたい」と言われるのは傷つきます。

そこで、犬の散歩みたいに見えない輪っか状のハーネス、名付けて「ワーネス」を自作しました。

なんといっても、スーパーでの会計中が一番助かりました!

足で子どもを抑えておけるので両手でお財布を持てます。
くもも、電車ごっこのつもりで楽しんで装着してくれました。

注意点としては、ワーネスがリュックごと子どもからスポっと外れてしまわないように、リュックは横紐付きのものがお勧めです。
あと、癇癪を起こして暴れたり、床に寝転がっているときは使えません。
子ども本体を抱えた方が安全です。(当たり前か^^;)

そして、くもが4歳になり、レジで会計中に、勝手に駐車場など危ない場所へは行かなくはなったのですが、まだフラフラ動いて他のお客さんにぶつかりそうで危ない。
そこで、今度はポータブル足跡マークを作りました。

足跡マークを見つけたら踏まないと気が済まないくもに、効果絶大でした。

材料は百均のジョイントマットと黒いシートです。足跡の形にシートを切り取って、マットに貼り付けました。

黒いシートは無くても、油性ペンで足跡を描くだけでも良いと思います。
信号待ちの歩道などにも足跡マークがあったら助かるなーと思いました^^

来週は、夫とくもの関係の話に続きます。よい週末を~!

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp