出典:photoAC

Lifestyle

【100均】でハーバリウムの材料が揃う?初心者でも簡単な手順を公開

幻想的でインテリアとして注目されているハーバリウム。お店でも美しいハーバリウムを扱うところが増えていますよね。ハーバリウムは100均アイテムで手作りすることができることを知っていますか?容器から中身までそろって、種類も豊富。今からハーバリウム作りにチャレンジしたい人、必見ですよ!手軽に始められる100均ハーバリウムのオススメをぜひご一読ください☆

■ハーバリウムの材料は100均でそろえちゃおう!

100均にはハーバリウムに使う材料が豊富にあります。

・オリジナリティが光る☆容器は瓶や電球型が人気

出典:筆者撮影

ハーバリウムの形を決める容器。これも100均で販売されています。オーソドックスなものだと縦長の四角柱、多角柱の小瓶が人気。比較的扱いやすく光の反射加減がきれいと好評。
トレンドの電球型や、球形のガラス瓶、口の広いキャニスターもハーバリウムの容器としておすすめですよ。

・液体は腐敗しにくく透明度の高いものを☆

出典:筆者撮影

本来はハーバリウムの専用オイルが必要で、一部の100円ショップでは取扱いがあります。ない場合はベビーオイルや洗濯のりで代用することができます。

出典:筆者撮影

どちらも100均で入手可能ですよ。オイルは一つにつき20~40mlのものが多いようです。オイルが途中で足りなくなると買い足しの手間がかかってしまいます。事前に容器の容量を確認しておきましょう。

・中の花は造花やドライフラワーが◎。手芸用アイテムも

出典:photoAC

ハーバリウムではブリザーブドフラワーを使用しますが、造花でも代用することができます。色味を統一し、黄色いハーバリウムなら黄色系の花ばかりを集めるのがおすすめです。

・初心者も安心のお助けアイテムも100均で!

出典:筆者撮影

そのほかに作業に必要な道具には長いピンセット、はさみ、ニッパーなどが挙げられます。ピンセットは割りばしでもOK。『Seria(セリア)』にはハーバリウム用の長いピンセットが売られています。

■100均の材料でハーバリウムを作る手順

ハーバリウムの作り方はとてもシンプル。
(1)消毒:容器をアルコールや水で洗い、雑菌がつかないよう、よく乾かしましょう。
コットンやティッシュにアルコールを含ませて拭くのもOKです。水分や埃が残っていないか確認してください。
(2)下準備:花が大きい場合は容器に入るよう切っておき、花を並べて仕上がりイメージの確認を。
特に造花やアーティフィシャルフラワーを使用する際には茎をカットしておいた方が使いやすいです。造花には針金が入っていることがあるため、切断はニッパーがあると◎
パーツがそろったら入れる前に並べてみて、仕上がりがイメージ通りになっているか確認しましょう。
(3)花投入:下の方に配置する花から順番に、ゆっくりと容器に入れてください。
実際に集めたパーツを入れていく作業では割りばしやピンセットを使って丁寧に行うのがベスト。手で触ってしまうと腐敗進行の原因になりかねません。
(4)液投入:花が崩れないよう、ゆっくりとオイルを流し入れます。軽く容器を傾けながら入れるとやりやすいです。
オイルを入れるときはこぼれてもいいように、紙などを敷いておくと安心ですね。上までしっかりと入れた方が美しい仕上がりになります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]