出典:@ 222coco93さん

Baby&Kids

腹帯の巻き方解説します!タイプ別おすすめも紹介☆妊娠中便利なアイテムも

戌の日参りの安産祈願は、妊娠してからはじめての行事ですよね。安産祈願では、そのときに腹帯をもらったり、自分で持参したりすることになりますが、出産まで使う大切なアテムとしてその後の活躍シーンが多くなります。今回は腹帯の巻き方とおすすめアイテムをチェック!一度覚えれば使い方はとっても簡単なので、マタニティーライフに役立てていきましょう。

腹帯のタイプ別の巻き方とおすすめアイテムをご紹介します。はじめてのマタニティーライフにドキドキ…そんなプレママはぜひ参考にしてください!
 

■腹帯(妊婦帯)はどんなアイテム?どうして必要なの?

出典:photoAC

古くは平安時代から、妊婦さんを守ってきたといわれる腹帯。そんな昔から、腹帯は妊婦さんと赤ちゃんに優しく寄り添ってきた身近なアイテムです。
妊娠中に腹帯を使うと知っていても、「巻き方がわからない」「きつくて苦しそう」と困っているプレママもきっといますよね。まずは腹帯がどんなアイテムなのか知ることからはじめましょう!
 

・腹帯は妊娠中や産後のママをサポートするアイテム

出典:@yuuu___06さん

腹帯(はらおび・ふくたい)とは、おなかに巻く帯の総称です。腹帯はプレママや産後ママが使うアイテムで、大きなおなかを支える、産後の腰痛や骨盤のゆがみを整える、帝王切開の手術後に開腹部を固定する、などの役割があります。
また、腹帯にはいろいろな呼び名があり、妊娠時期専用の腹帯は“妊婦帯”、戌の日の帯祝いに使うさらし帯のことを“岩田帯”と言います。
 

・腹帯が必要な理由とは?つける効果は?

出典:photoAC

腹帯のなかでも最もポピュラーとされるのが、さらし帯です。
巻いたときの体形や姿勢には、逆子防止、骨盤底筋を鍛える、腰痛を抑える、などの効果があるとされています。
正しい姿勢でさらしを巻いていくと、巻いていないときと比べておなかがきれいな丸い形に!腹帯がプレママの重たいおなかをやさしく持ち上げ、巻いていると楽に感じられるというメリットがあります。
他にも、おなかの赤ちゃんが安産になりやすい姿勢になることも!
さらしタイプ以外の腹帯も、簡単につけることができるもの、背骨や腰への負担を軽くしてくれるもの、冷えや電磁波から守ってくるものなど、いろいろなタイプがありますよ。

 

・腹帯をつけるのはいつからいつまで?

出典:@tanayan_mamaさん

腹帯をつけはじめるタイミングは、安定期に入る目安の“妊娠5カ月の戌の日”が一般的です。戌の日参りで腹帯をもらってからつける、というプレママも。
戌の日参りの安産祈願で知られる中山寺には、さらしに書かれた性別とは反対の性別が生まれるというジンクスも!腹帯にまつわるジンクスで、プレママの楽しみもふくらみますね。

出典:@ 222coco93さん

腹帯をつけるときに気をつけたいのが、“体調をみながら”というところ!つわりが長く続くプレママにとっては、腹帯を巻くことでかえって気分が悪くなることもあります。
使い始める時期だけでなく、使い終わる時期も人それぞれ。さらしやおなかを覆う腹帯は、産後の腰痛対策や傷口を守る効果があるものなど、産後も使えるものがあるので、体調に合わせて使いましょう。

 

■どんな種類の腹帯を選べばいいの?

出典:photoAC

プレママが使う腹帯にはいろんなタイプがあります。腹帯を選ぶときは、どんなタイプが使いやすいか、産前産後のいつまで使いたいかなど、ざっくりと決めてから購入するのがおすすめです。
産休に入るまで(妊娠後期頃まで)働くというプレママと、自宅で過ごすプレママでは着る服も違ってくるため、ライフスタイルに合う腹帯も変わってきます。巻く、履くといった着脱方法、腰痛など体のケアを目的としているなど、腹帯の細かな点をリストアップすると好みのものを見つけやすいですよ。
 

・産前におすすめの腹帯は腹巻タイプやベルトタイプ

さらし、腹巻タイプ、パンツ一体型タイプ、サポートベルトタイプ、骨盤ベルトタイプなど。大きなおなかをしっかり支える、安定感のあるものがおすすめです。
 

・産後におすすめの腹巻はさらしや骨盤ベルト

さらし、骨盤ベルトタイプなど。産後のママの体調回復をサポートするものを選びましょう。
 

■腹帯の正しい巻き方は?誰でもできる?

出典:筆者撮影

腹帯の巻き方で大切なのは、きつさよりもフィット感!しっかりと体にフィットさせつつ、優しく巻きあげることでおなかと赤ちゃんを優しくサポートできます。
 

出典:筆者撮影

・産前におすすめの巻き方!おなかを包むように

まずは骨盤を固定し、少しずつ下から上にずらして巻いていきます。やわらかくおなかを包むように巻きましょう。
巻き方がわからないときは、産婦人科の助産師や看護士が教えてくれることも。迷ったら相談するのもアリですよ。
 

・産後におすすめの巻き方!2種類組み合わせてもOK

骨盤を固定して巻くところまでは、産前と同じです。
産後はおなかの膨らみがないぶん、さらしをそのまま使うと巻き重ねる回数が増えてしまいます。さらしなら体に合わせて短く切って使うのもアリ。
産後に骨盤矯正をしたいときは、さらしで巻いた上に骨盤ベルト、腹巻タイプの腹帯の上に骨盤ベルトをするなど、2種類を組み合わせて使う方法も試してみましょう。ショーツタイプをすべての腹帯の上から履くと、トイレのときに便利ですよ。

■タイプ別の巻き方をくわしくチェック!

腹帯の巻き方をくわしく見ていきましょう。
 

・おなかを持ち上げるように!さらしの巻き方

出典:photoAC

まずは巻く前の下準備から。さらしの幅が半分になるように折り、端から転がすように巻いておきます。
ロール状になったさらしを一部引き出し、輪になったほうを下にして下腹部にあて、ぐるりと巻いていきましょう。おなかの丸みに沿って前側で布地をねじりながら巻き、下から上へ持ち上げるように数回繰り返します。巻き終わりは布地の端を三角に折り、腹帯の上側から挟み込んで完成です。
 

・位置を合わせて固定!腹巻タイプの巻き方

腹巻タイプには、筒状になっているものとマジックテープつきのものがあります。
筒状の腹巻は、体の下から通しておなかにフィットさせるだけ!伸縮性があるので位置の調節も簡単です。マジックテープつきの腹巻は、テープを外した状態でおなかに沿わせるように巻き、きつさを確認してテープで固定します。
立った状態でさっと巻けるぶん、マジックテープのほうが扱いやすいという声も!
 

・履くだけ簡単!パンツ一体型タイプ

パンツ一体型の腹帯は、ショーツを履いたうえから腹帯を巻く…という手間がないところが特徴。ショーツと同じように、体の下から通しておなかの位置を合わせます。“巻く”というより“履く”といったほうがイメージしやすいかもしれません。
 

・種類に合わせて巻き方を変えて!サポートベルトタイプ

サポートベルトタイプには、ベルトのみ、腹巻とベルトのセット、腹巻とベルトが一体化しているものなどがあります。
ベルトのみは、おなかの位置に合わせて巻きつけるだけ。腹巻とセットになっていたら腹巻の上からベルトを同じように巻きます。一体化しているものなら、腹巻の位置を合わせたあとにベルト部分を引っ張りながら巻きつけましょう。
 

・しっかり締めつける!骨盤ベルトタイプ

骨盤ベルトタイプは、骨盤を支えるようにしっかり巻きましょう。他の腹帯よりも巻く位置が少し低めになります。締めつけの強さを確認しながら調節するのがポイント。

 

■妊娠期間別!ママをサポートするおすすめの腹帯

ママのマタニティーライフをサポートするおすすめアイテムをご紹介します。
 

・【初期におすすめ】ワコールマタニティの妊婦帯

出典:@m_record_tさん

『WACOAL MATERNITY(ワコールマタニティ)』の「妊婦帯・腹巻きタイプ(腹帯)」4,290円(税込)。
伸縮性抜群でおなかにフィット!綿混素材で履き心地もいいという口コミもあり、妊娠初期から長く使えます。ギフトにも選ばれる人気の腹帯ですよ。

 

・【中期におすすめ】犬印本舗の妊婦帯

出典:@saorin75さん

『犬印本舗』の「ふわふわパイルボーダー妊婦帯」2,600円(税抜)。
おなかを支える補助腹帯&コルセットタイプの妊婦帯がセットになったもの。妊娠中期は補助腹帯のみ、後期になったらコルセットも合わせて使って…と妊娠期間に合わせて使い分けできるところが魅力!やわらかいパイル素材で肌触りもばっちりですよ。

・【後期におすすめ】犬印のマジックテープ式補助腹帯

出典:mamagirlLABO @d_jr2019さん

犬印本舗の「しあわせ 腹巻タイプ」3,800円(税抜)。
二重仕立ての綿素材でつくられた腹帯です。マジックテープ式の補助腹帯つきで、おなかをやさしくしっかりサポート!腹帯とおなかのすき間が気になるときは、ウエスト部分のベルトでフィット感を調節できますよ。
 

・【産後におすすめ】ピジョンの骨盤ベルト

『Pigeon(ビジョン)』の「妊娠中から使える骨盤ベルト」4,500円(税抜)。
こちらは産後の不安定な骨盤や恥骨、腰をサポートして安定させる腹帯です。本体ベルトで固定したあとさらに外側ベルトで締められるので、サポート力がすごいとママに人気!ムレやすそうなイメージの骨盤ベルトも、メッシュ素材なら快適につけられますよ。

 

■日々大きくなっていくおなかと赤ちゃんを守ってくれる腹帯

出典:photoAC

安定期を迎え、少しずつおなかが大きくなってきた頃に「妊娠した実感が湧いてきた」という妊婦さんも多いかもしれません。そんな変わりゆくおなかと赤ちゃんを守ってくれる腹帯は、妊婦さんの強い味方になってくれるはず!腹帯にはたくさんのタイプがあるので、自分の体やライフスタイルに合ったものを探してみてくださいね。

メロン

5歳女の子のママ。育児・仕事・家事のバランスを取るべく日々苦戦中!休日は子どもが楽しめるスポットへお出かけしています。子育て中のママたちに役立つ情報を発信していきます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!