出典:@ hirorin.29さん

Fashion

スカートを種類別にご紹介!体型カバーできるスカート選びも必見

スカートの種類をどのくらい知っていますか?フレアスカートやミモレ丈スカートなど、よく耳にする名前は分かっても細かい分類までは分かりにくいですよね。今回は、たくさんあって分かりづらいスカートの種類や丈を種類別にまとめました。
普段パンツ派の方も、スカートコーデが垢抜けない…とお悩みの方も必見!元アパレル販売員のmarunonがデザイン別におすすめコーデを解説します。

体系カバーに使えるスカート選びについてもご紹介するので、スカート選びにお悩みの方は必見です!

■<丈別>スカートの種類の名前を解説

基本から流行りのデザインまで、たくさんあるスカートの種類ですが、まずは丈別に解説していきます。

・マイクロミニスカートは一番短い丈

出典:@ puu326 さん

マイクロミニスカートは、ミニ丈よりも限りなく短いスカートです。タイトなデザインが主流で、露出が多いので美脚がアピールできる難易度高めアイテムと言えます。
トップスはぴったりしたものを合わせると、今流行りのオルチャンファッションが完成します♡トップスの丈が長いとせっかくのスカートが隠れたり、脚が短く見えてしまう原因になってしまうことも…。マイクロミニスカートを選ぶときは、ハイウエストのものを選ぶと、よりスタイルアップに繋がりますよ。

・ミニスカートは膝上丈

出典:@ yuko_chiba1018さん

ミニスカートとは、ひざ上の短め丈スカートです。カジュアルにもフェミニンにも幅広く活躍する丈で、かわいらしい印象に仕上がります。
最近では、ミニスカートの流行りもあって注目されている丈のひとつ。今っぽく着こなすには”ヘルシー”さがキーになります。ミニスカートだけで女っぽさが演出できるため、トレーナーやスニーカーを合わせてカジュアルダウンすると◎。バランス良くいやらしくなりにくいためおすすめですよ。トップスをフロントインして脚長効果を狙うのも忘れずに。

・ミディスカートは膝が隠れる丈

出典:@ saaaay_kさん

ミディスカートとは膝がちょうど隠れる丈のスカート。ミニ丈よりも上品に見えるので大人っぽく落ち着いた着こなしになります。レディーススーツのスカート丈はミディ丈が主流です。
脚の露出部分の幅がハンパになるため、ぺたんこの履物とは相性が悪く、脚が短く見えてしまう原因になってしまうかもしれません。ヒールのある履物でバランス良く着こなすと◎。また、ヒールをはくことでふくらはぎが引き締まるため、キレイな足元が演出できますよ。
トップスの着丈は、スカートの長さよりやや短めになるようにすると全体のバランスが良く見えます。長めトップスの場合は、インすると簡単に調節可能ですよ。

・ミモレ丈スカートはふくらはぎ中間丈

出典:@ saaaay_kさん

ふくらはぎに半分かかる丈があるのがミモレ丈スカート。大人っぽく上品に肌見せができ、体型カバーにもお役立ちのアイテムです。
合わせるアイテムはトップスはもちろん、同じミモレ丈のワンピースとの相性も良いのが特徴。ワンピースが揺れるとちらっと覗くスカートがコーデのアクセントにもなります。その場合、ワンピースもスカートもフレアな揺れ感のあるものを選ぶと◎。

・マキシスカートは足首丈

出典:@ wear.chicchimoさん

足首まで隠れる丈があるのがマキシスカート。重厚感の出やすい丈なので、春夏は風に揺れるような軽くて優しいデザインがおすすめ。
一枚でしっかりと存在感があるため、ほかのアイテムはシンプルにまとめるとスッキリしますよ。全体の重心が下に行き足首までしっかり隠れるため、首元や手首は軽くしておくと野暮ったくならず◎。
アウターを羽織りたいときは、ショート丈かロング丈を選ぶと重心バランスが取りやすいですよ。中間丈だとせっかくのスカート丈がもったりした印象になる可能性も…。

・ロングスカートは長いスカートの総称

出典:@ sa_youuさん

ロングスカートは長い丈のスカートの総称。区別する場合は、ミモレ丈からマキシ丈の間の丈をロングスカートと呼ぶことも多いです。スカート初心者の方や上品に着こなしたい方は、この長さがおすすめ!短すぎず長すぎずな丈感は、トップスや履物を選ばないスカートと言えます。
靴下合わせのコーデをしても靴下が見えるため、遊び心のあるコーデにも挑戦しやすいのも魅力的なポイント♡

■<デザイン別>スカートの種類の名前を解説

デザイン別に分けて、スカートの種類や名前の由来をまとめてみました。

・ふんわり広がるフレアスカート

出典:@ asumi_ogawaさん

末広がりで、プリーツのないスカートをフレアスカートと呼びます。フレアとは朝顔という意味で、ふんわりと可憐な雰囲気をつくってくれます。
フレアスカートは、ミディ丈からロング丈が多いです。そのため、しっかり揺れ感も出て女性らしいコーデを作るのにぴったりな形のひとつ。合わせるトップスは、ブラウスだとキレイな印象に、イラストTシャツなどだとカジュアルな印象になります。さらに、スニーカー、パンプス、サンダルなど靴の種類によってオフィスからラフまで変身!コーデのバリエーション豊かなデザインが魅力ですね。

・ギャザースカートはクシュッと感がかわいい

出典:@ kaiuta1975さん

ギャザースカートとは、折りを作らず、ウエストや腰回りを縫い縮めてギャザーを入れたスカート。こちらもミディ丈からロング丈が多く、扱いやすいのが特徴です。
ギャザーが入ることでやわらかい印象が作られるため、Tシャツやニットと合わせても女性らしいコーデに仕上がります。ギャザーが入ったウエスト部分は、アイテムによっては膨らみを感じることも…。ウエスト部分にトップスの裾をかぶせるか、インしたトップスを少し手繰り寄せ、余裕を持たせると気になりにくくなりますよ。
スカートにボリュームを感じるアイテムなので、トップスはフィットタイプを選ぶとバランスが取りやすくおすすめです。

・ラインがキレイに見える◎プリーツスカート

出典:@ rii.0409さん

縦折りのプリーツを繰り返し等間隔に並べて、美しい縦ラインを作るのがプリーツスカート。きちんとした印象でキレイめコーデに仕上がります。
ギャザーに比べて動いたときの揺れ感が大人しいのが特徴。ふわふわした揺れ感よりもさらっとスッキリした揺れ感が上品さを感じさせます。プリーツが縦のラインを強調してくれるため、Iラインを意識したコーデをするとおしゃれ度がグッと増しますよ。ボリュームトップスよりもコンパクトなものが◎。
また、ワンピースの下に忍ばせるのもプリーツスカートはおすすめです。単調に見えがちなワンピースに動きをプラスしてくれますよ。

・タイトに見せるペンシルスカート

出典:@ hirorin.29さん

鉛筆の形をイメージしたペンシルスカートとは、腰からボディラインに沿ってまっすぐなシルエットを描くタイトスカートです。動きやすさを重視するならスリット入りを選んでみて◎スリットもセンターからサイドまで種類があるため、色っぽさにも違いが出せますよ。
ストレートなスッキリIラインのスカートは、フィット感のあるトップスを合わせると上品なコーデに。また、意外とボリュームのしっかりあるトップスとの相性が良いのもこの形の特徴です。丈が長めのボリュームスウェットやニットに合わせると、トップスを引き立たせてくれます。
どちらのタイプのトップスを選んでも裾が広がらずすっきり見えるので、上品な大人コーデが完成です!

・トレンド感と個性が出せるティアードスカート

出典:@ jeansfactory_officialさん

ティアードスカートとはスカートが何段にも重なったもののことを指します。切り替えや段を作ることでほかのスカートには出せない揺れ感に。カジュアルで女性らしい印象になるためオフ使いしやすいスカートです。
何段にも重ねることでボリュームが出やすいのが特徴。合わせるトップスはコンパクトなものを選ぶとバランスが取りやすいですよ。スカートに個性があるため、トップスはシンプルなデザインのものをチョイスすると◎。トップスはインしてスカートの段をしっかり見せてあげましょう!パンプスを合わせてフェミニンに、スニーカーを合わせてカジュアルに…。と幅広くコーデが楽しめます。

・個性派おしゃれなトランペットスカート


トランペットスカートとは、ウエストから太ももにかけてはタイトで、膝周りからギャザーやフレアで裾広がりになった、“トランペット”のようなシルエットのスカートです。
スカートの裾部分に視線が行くため、バランスを取ろうと上半身にアクセントを!と思いがち。下半身にインパクトがあるのに上半身にもボリュームを持たせてしまうと、着ぶくれの原因にもなってしまいます。上半身はスッキリと体にフィットするものを選ぶとスカートのデザインも引き立って◎。

・ゆったりドレープのサーキュラースカート

出典:@ bibi_mama_さん

裾を広げるとサークルになることから名前がついたサーキュラースカート。フレアスカートよりゆったりとしたドレープで、エレガンスより女性らしいシルエットが魅力です。
広がりやすく動きを拾いやすいため、トップスはスッキリしたものがマスト!長めのトップスだと、スカートに合わせて裾が広がってしまいバランスが悪くなってしまいます。スカートのウエスト部分に合わせた短め丈か、インをすると◎。
もともと上品な印象なスカートなため、履物はパンプスなどの女っぽアイテムがベストです。スニーカーだと足元だけカジュアルで浮いてしまうことも…。ぺたんこ靴だと脚が短く見えやすいスカートタイプなので、ヒールのあるものを選ぶと良いですよ。

・透け感がかわいいチュールスカート

出典:@ wear.chicchimoさん

薄く透ける素材のチュールをまとったスカートのことで、フェミニンなかわいらしい要素が欲しいときに使えるアイテムです。甘くしすぎると子どもっぽく見えたりゴスロリ感が出ちゃう可能性も…。
合わせるアイテムはカジュアルなものや、メンズライクなものを入れてあげると甘いだけじゃない大人のコーデが完成します。履物はパンプスにもスニーカーにも合わせやすく、トップスもカットソーやブラウスなどとの相性が◎。そのため、手持ちの洋服に合わせやすいスカートなんです。普段のコーデにマンネリしている方は、チュールスカートに挑戦してみるのがおすすめ♡
スカートが甘い分アウターを羽織る場合は、デニムジャケットやMA-1などのミリタリーアウターをチョイスしてくださいね。

・1枚でコーデがキマる!ジャンパースカート

出典:@ jeansfactory_officialさん

1枚で存在感があるのが、ジャンパースカート。着こなし方に迷ってしまう方が多いアイテムのひとつです。カジュアル感があるアイテムのため、中に着るのはブラウスなどフェミニンなものがベスト。かわいいとカジュアルさの両立がしやすいですよ。ジャンパースカートは、丈が長めのものを選ぶと大人っぽくこなれ感も出せます。パンプスを選ぶならヒールが高くないものが相性良し!ショート靴下を合わせても上級者コーデに仕上がります。スニーカーだと王道カジュアルにコーデが完成します。

■体型カバーに◎ママのお悩み別スカートの選び方

お悩みのパーツがあると思う着こなしができず、気分が下がりがち。スカート選びのコツを押さえれば、おしゃれだけでなく体型カバーも叶います。パーツ別にチェックしていきましょう♡

・下半身をカバーしたいときにおすすめスカート

出典:@ mumudesukamumudesuyo さん

前丈が短くアシンメトリーな裾のフレアフィッシュテールスカート。ゆったりシルエットでお尻などの気になる下半身をカバーしつつ、足元の肌見せもできるアイテムです。ふくらはぎがスカートの裾に隠れながらちら見えするので美脚効果が期待できますよ。

出典:@ asumi_ogawaさん

下半身カバーにはハイウエストのロングスカートもおすすめ。ウエストを高い位置で引き締めて、トップスはフロントインしましょう。スカートの広がりの中にお尻が収まるため、目立ちにくくなりますよ。

・プレママにも◎ぽっこりお腹のカバーにおすすめスカート

出典:@ asumi_ogawaさん

ポッコリお腹カバーなら、トップスをインせずウエスト周りをゆったりとしたシルエットに。トップスが長めになるので、重く見せないためにスカートはミディ~ミモレ丈を選ぶとバランス良く仕上がります。プリーツスカートの揺れるラインに目を散らして、ぽっこりお腹をカバーしましょう!
また、トップス以外にゆったりしたワンピースと合わせてもお腹のラインを拾いにくくおすすめです。

出典:@ wear.chicchimoさん

ビックプリーツのジャンパースカートもぽっこりお腹のカバーに使えます。Vネックやハイウエストでお腹より上は華奢見せして、お腹周りと下半身はゆったりなAラインシルエットで大人かわいく着こなせます。プレママにもうれしいアイテムですね。
選ぶときは、ウエストの位置に注意すると◎。

・上半身のボリュームカバーにおすすめスカート◎

出典:@ saaaay_kさん

上半身にゆったりシルエットのシャツでボディラインを隠したときには、下半身はタイトなペンシルスカートで引き締めて。リブの縦ラインもすっきり見えてスタイルアップにぴったりです。@saaaay_kさんのカーディガン使いは、上品に二の腕と上半身の幅をカバーできるので、トータルでお手本にしたい着こなしテクです。

出典:@ sa_youuさん

鮮やかなカラーのフレアスカートはボトムに視線を集められます。お目立ちコーデなら柄を取り入れるのもおすすめ。トップスはふんわりシルエットの淡いカラーだと、スカートの色味を強調できます!
気になる部分は隠しがちですが、あえて出してほかに視線を集めるのもテクニックのひとつですよ。

■スカートの種類と特徴を知ると、もっとコーデが楽しめる♡

スカートの種類はたくさんありますが、丈やデザインで分けて考えると分かりやすくなります。名称の一覧をイラストや写真といっしょに掲載しているサイトもあるため、気になった形はチェックしてみても良いですね。
スカートはパンツスタイルよりも、フェミニンやカジュアルに…と楽しめるアイテムなんです♡特徴を知ってコーデを組むといつもよりワンランク上の着こなしができるかも!?
ぜひ、自分にぴったりのスカートを見つけて普段のコーデを楽しんでくださいね。

marunon

アパレルメーカーと古着屋さんで計5年間勤務経験ありの3児の母♡
販売、買取に携わっていたためレディース以外にメンズファッションにも興味ありありです!
トレンドを追いかけながらも自分スタイルを探求中。
日々かわいいを発信していけたらなぁ…♡
【Instagram】marunon1126

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!