Comic

【おとうとは発達障害】#12 診断名に囚われ、脳がオーバーヒート…。

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと”くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^

今回は、次男くもが発達障害の診断を宣告されたときの心境のお話です。

発達支援センターで心理士さんや主治医とくもが面談をしてから、正式に診断がおりました。

他の子よりも言葉の発達が明らかに遅く、覚悟はしていたつもりだったのですが、お医者さんから改めて言われると言葉の重みがあるというか……。
いよいよ本格的に何かが始まるんだな~、これからどうなるんだろう、という先々への不安に襲われました。

主治医の先生から良いアドバイスを色々いただいたのに、脳みそオーバーヒートするし、まんまと診断名に囚われましたね。
でも、職業体験の学生さんがしっかり世の中に出ていたので、とても励まされました!

発達支援センターに繋がったことによって、様々なプロの方から、サポートやアドバイスを受けることができました。
それによって、家の中だけで背負いこまずに済み、周囲の助けを借りながら、子どもが自立できる日までしっかりサポートしていこうと思いました。


それと、特性が強い人が将来どんな仕事をしているのだろうと気になって、この頃からアンケートを取らせていただいています。
年齢、お仕事内容、満足度、どんな特性をお持ちか、仕事をする上で気を付けていること、などをまとめています。

現在でも、ぼちぼち回答をいただいていて、とても勉強になります。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、チェックしてみてくださいね。
おしごとアンケート


来週は、発達支援センターでの療育の様子の話です。ではでは、よい週末を~!

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!