出典:@ e_ring_homeさん

Lifestyle

寝室のインテリアをおしゃれに☆おすすめコーディネート例もご紹介

みなさん、おうちの寝室インテリアにお悩みはありませんか?「ごちゃごちゃして落ち着かない」、「もっとおしゃれにしたい」などと、お悩みの人もいるかもしれません。好みのテイストは人それぞれですが、「寝室をゆったりできる空間にしたい」という思いは、共通のはず。ゆったりできる寝室にするには、クロス・カーテン・ファブリック類などのアイテム選びが重要です!

今回は、寝室インテリアのポイントとともに、テイスト別に素敵なコーディネート例もご紹介します。まねしたいポイントがもりだくさんで、必見ですよ!

■ゆったりとした寝室を演出するカギはインテリア!

寝室インテリアのポイントをおさえ、落ち着ける空間づくりをしましょう。

・寝室インテリアは「シンプル イズ ベスト」!

出典:@ natsu_ouchiさん

リビング隣の和室コーナーに布団を敷けば、あっという間に素敵な寝室に早変わり!ベージュ系でそろえたファブリック類や木製のランプシェードが、ナチュラルで落ち着く雰囲気です。

・落ち着いた色のインテリアでここち良い眠りを

出典:@ sh.atyouさん

寝室でここち良く眠るために、忘れてはいけないのが“色と明るさの効果”です。ビビットカラーよりも、落ち着いた色みのアイテムを選ぶのがおすすめ。観葉植物のグリーンには、疲れ目を休ませる効果があるといわれています。落ち着いた空間づくりには、ベッド横の照明でやわらかい光を取り入れるのも◎

・同系色でまとめたインテリアが目にやさしい


アイテムごとに色がバラバラだと、インテリアの統一感がない印象になるだけでなく、目も疲れてしまいます。色数が多くても、同一のトーンで合わせると、インテリアにまとまり感が出ますよ。

■カーテン選びも寝室インテリアの重要ポイント

インテリアに占める面積の大きいカーテンは、寝室の印象を大きく変えます。

・寝室に外の光を入れる?入れない?

出典:@ ____fizz.03さん

レースのカーテンなどから朝日が寝室にさし込めば、寝起きが良くなります。寝室には遮光カーテンをする場合が多いですが、寝る前にカーテンのすき間を少し空けておくのもおすすめです。

・他のインテリアとケンカする色は避けよう

出典:@ yagigigi1234 さん

面積が大きいアイテムのカーテンは、色や柄選びが重要。色や柄の主張が強すぎると、他のインテリアとケンカしてしまいます。カーテンの色は、ダークカラー・アースカラーなど、落ち着いた色みが全体のインテリアにとけ込みやすいです。どの色を選ぶときも、暗めのトーンにするのが無難でしょう。

・あえてのカーテンなしも選択肢のひとつ


メインの大きい窓にカーテンがないのは防犯面で心配ですが、小窓ならあえてカーテンをなくすのも、選択肢のひとつです。やわらかい自然光がさし込むうえ、すっきりしたインテリアになるでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE