出典:@fuguta_cuminさん

Baby&Kids

スリングの作り方大公開!実は簡単って知ってた?いまさら聞けない使い方も

首の座らない新生児の時期から使えるスリングは、子育てママの強い味方。そんなスリングが、簡単に手作りできるって知っていますか?手作りなら、お気に入りの布やサイズ感でスリングが作れます。また、購入するよりも安く作れるのも魅力と言えるでしょう。

実際に、スリングを手作りしている人は少なくありません。ここでは、スリングの種類や作り方、実際に使っている人の応用術などを紹介していきます。

 

■スリングとは?そもそもどんなもの?

出典:@1004.nahoさん

スリングとは、長い布をたすきのように肩にかけ、半袋状になった部分に子どもを座らせたり寝かせたりできる抱っこひも。スリングの使い方次第で、縦抱っこや横抱っこといったさまざまな抱き方に使えるのが魅力です。さまざまな抱き方ができるため、首の座らない新生児~2歳ころまで長期にわたって利用できます。
スリングの魅力は、赤ちゃんの体が落ち着くまあるいフォルムに抱っこできること。スリングでの寝かしつけを勧めている本も出版されており、参考にするのも良いでしょう。
 

出典:@nicota1885さん

スリングの用途は幅広く、赤ちゃんだけでなく犬や猫といったペット用のものも。赤ちゃん用スリングもペット用スリングも、作り方が簡単なので手作りする人もいるようです。

 

■スリングの種類は?<リングあり・リングなし>

一口にスリングと言っても、さまざまな種類のものがあります。スリングの種類について、見ていきましょう。
 

・調節可能!リングありのスリング

出典:@pu_pi_instaさん

リングありのスリングは、ふたつのリングで布を固定するため、赤ちゃんの大きさや抱き方に合わせてスリングの締め方を調整できるのがメリット。また、抱き手にとって自分が楽な姿勢で抱っこできるよう、調節できるのも魅力と言えるでしょう。ただ、手前に余った布が垂れるため、布が邪魔になるというデメリットもあるようです。

・スッキリ使える!リングなしのスリング

出典:@pu_pi_instaさん

リングなしのスリングは、前に垂れる布がないため見た目もすっきり、動作もスムーズにできるのが魅力。スリングの扱いに慣れていない新生児ママや、サイズ調整が難しい!という人にもおすすめです。しかし、サイズ調整ができないため、自分の体に合ったサイズのものをチョイスするのが重要となってきます。

出典:@yukawa.lifeさん

こちらは、リングなし派に人気の『Betta(ベッタ)』のスリング。

出典:@yukawa.lifeさん

ベッタは肩ひも部分のファスナーで、サイズが4段階に調整できる優れもの。手作りする時間も無く、リングなしスリングでサイズ調整もしたい人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

■安全に使えるスリングを手作りする際の注意点は?

スリングを手作りするときの安全面の注意点として、ふたつのことに気をつけましょう。
 

出典:@pu_pi_instaさん

・布やリングは強度のあるものを選ぼう!

赤ちゃんを抱っこするためのスリングを作る際は、安全に使うために布やリングの強度に十分気を配りましょう。柔らかく赤ちゃんが心地良く過ごせる生地かつ、強度のある布を選ぶのがポイントです。また、リング式にする場合は、万が一破損してしまうことのないよう、金属製のしっかりとしたものを選ぶことをおすすめします。

 

・手縫いはNG!強度のあるミシン縫製がマスト

縫い目からほつれてスリングが壊れてしまわないよう、縫製もしっかりとミシンで行うのがおすすめです。手縫いは、強度に不安があるため避けましょう。

 

■大雑把さんでも大丈夫!スリングは型紙なしでも作れる

出典:photoAC

手作りが苦手…という人もご安心を!スリングは、布の裁断からミシンがけまで全て直線。シンプルでわかりやすい形なので、型紙なしでも作れます。裁断する際には、メジャーやものさしで寸法を測り、布に直接チャコペンでしるしをつけて切っていきましょう。
 

■<リングあり編>簡単スリングの作り方

出典:@fuguta_cuminさん

まず、オーソドックスなリングありスリングの作り方を紹介します。
 

【リングありスリングの材料】

・2mの布(あまり厚手でない方が◎)
・強度のあるリング×2個(径6cm程度のもの)
・綿やタオルなど
 

【リングありスリングの作り方】

1.布の耳を1cmほど折り返し縫います。垂れ下がる側の布の端も、同様に1cmほど折り返し縫いましょう。
2.次に、リング側の布を肩ひもにしていきます。布を5等分に蛇腹に折り、20cmほど縫い合わせましょう。このときに綿やタオルを中に入れると、肩ひも部分にクッション性が出ますよ。
 

■<リングなし編>簡単スリングの作り方

次に、リングなしスリングの作り方を見ていきましょう。
 

【リングなしスリングの材料】

・140cmの布
・綿やタオル
 

【リングなしスリングの作り方】

1.リングなしタイプも、リングあり同様に布の耳を1cmほど折り縫います。
2.布の両端は、どちらも5分割にして蛇腹に折り、端と端を重ね合わせて縫い合わせ肩ひもを作りましょう。このとき、肩ひも部分に綿やタオルを入れておくとクッション性が出ます。
3.肩ひもを縫い合わせる長さは、抱き手の体形に合わせて調整するのがおすすめ。縫い合わせる前に、使いやすいサイズ感を試してみましょう。
 

出典:@shino_chizu_yuuさん

こちらは、子ども用のままごとスリング。作りがシンプルなリングなしスリングなら、子ども用にも簡単に作れるので試してみてくださいね。

 

■<リングあり・なしスリングの応用>リバーシブルスリングの作り方

リバーシブルスリングは、その名の通り表裏の色柄がリバーシブルになっているスリング。服装に合わせて、見せる色柄を選べるのが魅力です。
表裏に布を縫い合わせても作れるし、布に厚みを出したくない人はリバーシブルの布を使って作るのがおすすめ。作り方は、リングあり・リングなしスリングと同様です。

 

■<ズボンをリメイク編>簡単スリングの作り方

出典:@happy_pet_and_flowerさん

次に、ズボンをリメイクして作るスリングを紹介します。ズボンをリメイクするスリングは、ペット用に使っている人が多いようです。@happy_pet_and_flowerさんの、わかりやすい犬用スリングの作り方写真を紹介します。

出典:@happy_pet_and_flowerさん

作り方はとっても簡単。ズボンの足部分をカットして縫い合わせ、カットしたパンツを肩ひもに加工します。

出典:@happy_pet_and_flowerさん

ワンちゃんも大喜びのペット用スリングが完成です☆
 

■お手軽!バスタオルやおくるみをスリングにアレンジ

出典:@van_roadbikeさん

こちらは、バスタオルやおくるみをスリングにリメイクする方法。強度や大きさといったスリング作りの注意点がクリアできるなら、バスタオルやおくるみでもスリングが作れます。
写真のように、ガーゼ生地のおくるみの端を固く結んでスリングに代用するアイデアも。この方法で赤ちゃんを抱っこする場合も、もちろん万が一に備えて片手で赤ちゃんを支えるようにしましょう。
 

■ベビースリングの使い方。5通りの抱き方をチェック!

最後に、ベビースリングの使い方を紹介していきます。スリングは、月齢別に適した抱き方があるため、赤ちゃんの成長とともに抱き方も変わります。
 

・横抱き

出典:筆者撮影

横抱きは、首すわり前の新生児から使える抱き方。横抱きのうち、赤ちゃんの頭を肩ひも側にくる抱き方をバナナ抱き、肩ひもの反対側に赤ちゃんの頭がくる抱き方をハンモック抱きと呼ぶことも。バナナ抱きは0~4ヵ月、ハンモック抱きは0~12ヵ月の赤ちゃんに適しています。

出典:筆者撮影

・コアラ抱き


赤ちゃんの体を起こしたコアラ抱きは、新生児から使える抱っこ方法。特に首がすわってからは、赤ちゃんの体を起こして抱っこできるコアラ抱きが便利でしょう。
 

・カンガルー抱き


カンガルー抱きは、周囲が良く見えるので好奇心旺盛な赤ちゃんにぴったり。首すわり後からできる抱き方です。
 
 

・腰抱き


首すわり後からできる腰抱きは、2歳くらいまで使える抱き方。抱っこする人の正面が空くので、買い物や歩くときにもおすすめですよ。

どの抱き方も赤ちゃんが苦しくないかこまめに様子を見ること、手で必ず支えてあげることを忘れずに☆
 

■手作りスリングで赤ちゃんもママもニコニコに♡

赤ちゃんの抱っこに役立つ、スリングの作り方を紹介してきました。作りがシンプルなスリングなら、手作りのハードルも低いかも。ぜひ、あなたもスリングの手作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Keico

子どもと外遊びするのが大好きな、4兄妹の母。管理栄養士免許を持ち、おいしく楽しいアウトドア料理を日々研究中です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!