出典:mamagirlLABO @ mowmow.babyさん

Fashion

マタニティーアジャスターが便利!話題のおすすめ商品や作り方も紹介

妊娠すると必要になってくるマタニティーウエア。種類がたくさんあるため、どのくらい必要なの?と迷ってしまう初マタさんもいるのではないでしょうか。短い妊娠期間で、マタニティーウエアを購入するのはもったいないと思う人にチェックしてもらいたいのがマタニティーアジャスターです。マタニティーアジャスターを手持ちの服にプラスするだけで、妊娠期間もいつものボトムスが履けちゃうん です!

妊娠中は日を増すごとにおなかが大きくなっていきます。今まで着ていたボトムスが入らなくなって、着る服に困ってしまうことも。妊娠期間は、ほんの数カ月のことなので、なるべくマタニティーウエアを購入せずに乗り切りたいと思う人も多いでしょう。今回は、手持ちの服で妊娠期間のおしゃれが楽しめる、便利なマタニティーアジャスターについて紹介していきます。



 

■マタニティーのアジャスターが便利で使えるって知ってた?

出典:@misachim48babyさん

マタニティーのアジャスターとはどんなものなのか、使い方などをみてみましょう。

 

・マタニティーのアジャスターってどんなもの?

出典:@kotoyonomitarashiさん


マタニティーアジャスターは、「アジャスターバンド」や「アジャスターベルト」とも呼ばれたりする商品。
手持ちのボトムスのボタンやフックにひっかけて使うと、今までのボトムスがマタニティー仕様になるお助けアイテムです。
サイズをお腹の大きさに合わせて、自由に変えられるので、妊娠後期まで使うことも可能。マタニティーアジャスターには、アジャスターだけの商品とアジャスターと腹巻 がセットになった商品とがあります。


マタニティーアジャスターは、出産前だけでなく出産後にも使えるアイテム。出産のため開いた骨盤は、出産後すぐには戻らないので、骨盤が元の位置に戻るまでの間もマタニティーアジャスターが役立ちます。
ひとつあれば、産前産後と長い期間使えて便利ですね。

 

・マタニティー用アジャスターの使い方は?

出典:@okuyam_0329さん

まずは、どのようにマタニティー用アジャスターを使うのか説明していきましょう。

人気のマタニティーアジャスター腹巻タイプはこのように使います。

1.アジャスター部分がボトムスのベルトの位置になるように合わせて腹巻をつける
2.アジャスターのボタンとボトムスのボタンホールを留める
3.おなかの大きさに合わせた位置でアジャスターのボタンホールにボトムスのボタンを留める
4.腹巻の上部分を折り返して、ファスナー部分を覆い隠すと完成!


ベルト単体の商品も基本的には同じ方法です。アジャスターをボトムスにつけたら、すその長いトップスでファスナーを隠すか、お手持ちの腹巻でアジャスター部分を覆いましょう。
ボトムスのベルトループにつけるタイプのアジャスターもありますよ。

 

・マタニティーのアジャスターはどこで買える?

便利なマタニティーアジャスター、どこで買えるのでしょうか。
マタニティー用品から子ども服まで幅広い取り扱いの「西松屋」には、いろんな種類のアジャスターが取りそろえられています。
妊娠中のつわりなどで、出かけるのがつらいときは、ネットショップの「Amazon(アマゾン)」 でも購入できますよ。


 

■マタニティーアジャスターの選び方

さまざまなメーカーから販売されているマタニティーアジャスターですが、どのように選んだらよいのでしょうか。
マタニティーアジャスターの選び方のポイントを紹介します。
 

・腹巻とアジャスターベルトが一体型のタイプ

出典:@omame_yyyさん

こちらは、ボトムスのチャック部分につけるアジャスターと、お腹周りをカバーする腹巻がセットになったタイプ。アジャスターと腹巻が一体となっているため、装着時に腹巻がずれにくいのが特徴です。
また、腹巻がお腹の冷えを予防してくれるのもうれしいポイント。

・腹巻とアジャスターベルトが別のタイプ

出典:@___di31oさん

腹巻とアジャスターが別になっているタイプは、使い方をアレンジできるのがメリット。お腹のふくらみがまだ小さい時期や暑い季節にはベルトのみで使って、お腹が大きくなった時期や肌寒い季節には腹巻をプラスして使えます。

・アジャスターベルトのみのタイプ

腹巻は無くアジャスターベルトのみのタイプ。腹巻を持っている人や、腹巻が不要な人は、アジャスターベルトのみのタイプを選ぶのもおすすめです。


 

■おすすめのマタニティー用アジャスター6選

みんなはどのようなマタニティーアジャスターを買っているのでしょうか。
ここからは、SNSなどで話題のおすすめアジャスターを紹介します。実際に購入された方の口コミもチェックしてみてくださいね!
 

・【西松屋】アジャスターバンド

出典:@whiteballdog0525さん

西松屋オリジナルブランド「ELFINDOLL(エルフィンドール)」の「アジャスターバンド」は、ボタン仕様のボトムスに使えます。腹巻とアジャスターの一体型なので、お腹が大きくなってきても楽に着られますよ。
ボタンホールでウエストの調整が可能です。


【アジャスターバンドの口コミ】

「普通のパンツはキツキツで、マタニティー用はブカブカ!そんなときにピッタリの商品です」
「ファスナーが開いたままですが、腹巻部分を折り返せば隠せて安心です」
「お手ごろ価格だったので試しに買ってみましたが、大変重宝しています」

 

・【犬印本舗】リラックスアジャスターEX

出典:@ rybaby0811さん

『犬印本舗』の「RELAX ADJUSTER EX(リラックスアジャスターEX)」は、ベルトループに通して使用するタイプ。
ベルトループがあれば使えるので、ボトムスの留める部分が、ボタン・フックどちらでも対応できるのが特徴です。
ベルトのサイズ調整は、スライダーで簡単に変更でき、いっしょに入っているサッシュでカバーすれば、気になるファスナー部分のすき間がかくせます。


【リラックスアジャスターEXの口コミ】

「これまでの商品よりもアジャスター部分が長くなっていて、長い期間使えそうです」
「アジャスターベルトがゴムでできているので、トイレのときもつけたままで大丈夫でした」
「つけごごちも違和感がなく、開いているファスナー部分がサッシュ(腹巻)で隠せるので安心感があります」

 

・【カネソン】まだまだはける!アジャスターW

出典:@keico1212さん

『Kaneson(カネソン)』の「まだまだはける!アジャスターW」は、アジャスターベルトがボタンタイプとカギホックタイプの2本入っています。
どちらのタイプのボトムスにも対応できるので、ひとつあると幅広く使用することが可能!
いっしょに入っているフロントガードには、お守りやカイロを入れるのに便利なポケットがついています。


【アジャスターWの口コミ】

「今までのお気に入りの服が着られてノンストレスになりました」
「持っているスカートはホック式がほとんどなので、スカート用に購入しました」
「ボタン式1本・カギホック式1本と腹巻のセットは気の利いたセットです」


 

・【カネソン】りぼんアジャスター

出典:@keico1212さん

カネソンの「りぼんアジャスター」は、アジャスターベルトの長さをリボンの輪っか部分で調整する商品。
最大28cmも伸びるので、妊娠後期まで使うことができますよ。
留め具がボタンとフックの二種類ついているので、さまざまなボトムスに使えるのが魅力です。


【りぼんアジャスターの口コミ】

「フックがついているので、職場の制服のスカートにも使えて重宝しています」
「千円以下でマタニティーアジャスターが買えてうれしいです」
「りぼんの形がかわいくてお気に入りです」

 

・【楽天】zootie マタニティー アジャスターバンド

出典:@_________kcさん

「楽天市場」 の「e-zakkamania stores(イーザッカマニアストアーズ)」の人気商品「zootie(ズーティー) マタニティー アジャスターバンド」は、折り返してチャック部分を隠せる腹巻つきタイプ。
ブラックとグレーの2色展開です。ブラックの商品はよく見かけますが、グレーは珍しいため明るい色のマタニティーアジャスターを探している人にもおすすめですよ。


【zootie マタニティー アジャスターバンドの口コミ】

「マタニティーボトムスを探していましたが、このアジャスターバンドを購入したことでマタニティーボトムスが必要なくなりました」
「明るいグレーに一目惚れして買いました!明るい色のボトムスとも好相性です」
「プチプラで購入できて大満足です」

 

・【100均】ゴムベルトで代用!

出典:@as_ka_tkfmさん

通常のボトムス用に販売されている『seria(セリア)』の「楽らく!ゴムベルト」を、マタニティーアジャスターに代用している妊婦さんも。
商品タグには体の背面をぐるっと巻いて使う絵が描かれていますが、マタニティー用には体の前面を巻くように使うとよいようです。
100均商品なので、購入して試してみる価値がありそうですね。


【楽らくゴムベルトの口コミ】

「期間限定のマタニティーアジャスターも、100円なら抵抗なく買えます」
「100円だから色違いで複数買いできてうれしいです」
「腹巻なしでワンピースの下に使っています」
 

■自分でも作れちゃうマタニティーアジャスター!作り方の紹介

マタニティーアジャスターの仕組みが分かると、自分で作れるかも!と思う人もいるかもしれませんね。
『DAISO(ダイソー)』などの100均の材料で、簡単に作れるようです。さっそく、アジャスターの作り方を見ていきましょう。

 

・手作りの腹巻つきアジャスター

出典:@ami_nuiさん

こちらは@ami_nuiさんが手作りした腹巻つきアジャスター。
手作りなら、自分好みの色のマタニティーアジャスターが作れますね。

まず、柔らかい生地を輪に縫って腹巻を作ります。
腹巻の下の方に、ボタンホールを複数作ったゴムバンドとボタンを縫いつけて完成です。

 

・もっと簡単に!100均のゴムでアジャスター

出典:@myu_houseさん

@myu_houseさんは100均で売られている普通の平ゴムに、ボタンホールの穴を開けて、ボタンをつけた手作りアジャスターを考案。おなかの大きさによって、ゴムの長さを変えて作れば、長く使えそうですね。

・ヘアゴムでもアジャスターが簡単に

出典:mamagirlLABO @ mowmow.babyさん

@mowmow.babyさんは、ヘアゴムにボタンを縫いつけてアジャスターを作られたそうです。暑いときの妊娠期間はおなかが蒸れたりして大変ですが、ヘアゴムのアジャスターだと蒸れることなく、ずり落ちも気にならず快適だそうですよ。

 

出典:@r.h.babyさん

もっと簡単にヘアゴムをアジャスターにする際の止め方がこちら。写真のようにボタンホールとボタンにゴムを固定すれば、即席アジャスターのできあがり!

 

■マタニティーアジャスターを使っておしゃれも楽しんで!

出典:mamagirlLABO @ mowmow.babyさん

マタニティーアジャスターを使えば、お気に入りのボトムスを少しでも長く着て楽しめます。妊娠中もおしゃれを楽しみたい!というあなた、マタニティーアジャスターを試してみてはいかがですか。

Keico

子どもと外遊びするのが大好きな、4兄妹の母。管理栄養士免許を持ち、おいしく楽しいアウトドア料理を日々研究中です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!