出典:@ haduki_maidoariさん

Lifestyle

圧力鍋のおすすめはどれ?圧力鍋を使って料理の幅を広げよう

圧力鍋は文字通り、鍋の中に高い圧力をかけて調理する鍋のこと。根菜やかたまり肉など、やわらかくするのに時間がかかる食材の調理に適しています。また魚の骨もやわらかくできるので、小ぶりの魚なら丸ごと食べられるように。炊飯器で炊くと固くなってしまう玄米も、圧力鍋を使えばふっくらもちもちです。

圧力鍋は普通の鍋に比べ価格は安いものではありませんが、丈夫で長持ちするため、コスパがいいと言えます。IHで使えるものや火を使わない電気タイプも増えてきており、使い勝手も向上中です。今回は使いこなすと料理の幅が広がる圧力鍋についてチェックしましょう。

■圧力鍋ってどんな鍋なの?圧力鍋の仕組みをチェック

出典:photoAC

圧力鍋というと、使いこなすのが難しそう、というイメージがあるかもしれません。そもそも圧力鍋って、どんな鍋なのでしょう?

・圧力鍋ってどういう仕組みの鍋なの?

出典:@ mamakhrさん

一般的な鍋はふたを乗せるだけですが、圧力鍋はふたが密閉できるようになっています。
密閉空間でお湯を沸騰させると、行き場のなくなった水蒸気がどんどん鍋の中にたまり、鍋の中の気圧は外に比べて高くなります。気圧が高くなると沸点は高くなるので、圧力鍋は一般的な鍋よりも高い温度で調理が可能。一般的に超高圧タイプは125度前後、一般的な圧力鍋は116度前後と言われています。
圧力が高くなるといっても、一定以上の圧力は逃がす仕組みになっているので、ご安心を。

また圧力鍋は高温調理をするため、鍋を火から下ろしても内部の温度が下がりにくく、余熱調理が可能です。コンロを使う時間が少なくて済む、とっても経済的な鍋でもあるんですね。

・圧力鍋はどんな料理に使える?

出典:photoAC

圧力鍋は高い温度でじっくり火を通す鍋なので、普通の鍋で15分以上煮込むタイプの料理に向いています。

・煮込み料理
・ローストビーフ、豚の角煮、骨まで丸ごと食べる煮魚
・煮豆
・豚汁、筑前煮などの根菜類の煮物
・白米、玄米の炊飯

など。加圧すると素材がやわらかくなるだけでなく、うまみも引き出されるのでどんな料理もコクがアップします。
逆に歯ごたえを楽しみたい料理や、炒めて作るタイプの料理には向きません。

・圧力鍋を選ぶときのポイントは?

出典:@ emika_maidoさん

<おもり式かスプリング式かで選ぶ>
圧力鍋に圧力がかかっていることを知らせてくれる方法には、「おもり式」と「スプリング式」の2つがあります。
おもり式は鍋の上におもりが乗っていて、圧力がかかるとシューと大きく水蒸気が出てくるというもの。
スプリング式は、圧力がかかるとピンが上がるというもの。音は鳴りません。
音で加圧中であることを知りたい場合はおもり式を、音が気になる場合はスプリング式を選びましょう。

<鍋の素材で選ぶ>
圧力鍋の素材にはアルミ製、ステンレス製、多層式の3つがあります。
アルミ製は軽くて扱いやすく圧力も早くかかりますが、冷めるのも早いです。
ステンレス製は重量があり圧力がかかるまで時間がかかりますが、保温力が高め。
多層式はアルミとステンレスを重ねた素材で、アルミ製とステンレス製の中間のような特徴を持っています。現在はアルミをステンレスで挟んだタイプが主流です。

<鍋のサイズで選ぶ>
一般的に「家族の人数+1L」が目安と言われています。3人家族なら4L、4人家族なら5Lあたりがサイズの目安です。ただし、圧力鍋は最大でも全体の3分の2までしか材料を入れることができません。大量に作りたい場合は、大きめのサイズを選んでもいいでしょう。

<火を使いたくない場合は電気タイプも>

出典:mamagirl2019冬号

現在はコンロにかけず、コンセントの電源だけで加圧調理ができる「電気圧力鍋」も登場しています。火を使わないので安全ですし、加圧後に鍋をコンロから下ろすなどの手間も省けます。
ほったらかしで加圧調理したい人におすすめ。写真は『siroca(シロカ)』の「電気圧力鍋」です。

■どれを選べばいい?おすすめの圧力鍋はどれ?

出典:@ haduki_maidoariさん

圧力鍋はラインナップが豊富です。続いては、おすすめの圧力鍋をチェックしましょう!

・圧力鍋のおすすめブランドは?


おすすめしたい圧力鍋のブランドは次のふたつです。

<フィスラー>
『Fissler(フィスラー)』は1845年にドイツで誕生した調理器具メーカー。フィスラーの圧力鍋は独自開発されたスプリング式であり、品質の高さと扱いやすさに定評があります。初めての圧力鍋におすすめのブランドです。
圧力鍋はプレミアムプラス2.5Lタイプが人気です。

<ティファール>

出典:@ haduki_maidoariさん

『T-fal(ティファール)』は1954年にフランスで生まれた総合調理器具メーカー。ティファールの圧力鍋はスライド式と片手で開閉ができるタイプがあります。カラフルな色使いもティファールの特徴です。
クリプソ ミニット デュオ レッドの5.2Lタイプが人気です。

・IH対応しているおすすめの圧力鍋は?

IHに対応している圧力鍋の中からおすすめのものを2点紹介しましょう。

<アサヒ軽金属>

出典:@ haduki_maidoariさん

『アサヒ軽金属』は日本の調理器具メーカーで、主に鍋や保存容器を作っています。すべての工程を日本で生産しているため、非常に信頼性の高いのが特徴です。また30年間保証や電話によるカスタマーサポートなど、直販メーカーならではのきめの細かいサービスもポイント。
圧力鍋は「ゼロ活力なべ(M)」が人気です。

<ヴェーエムエフ>
『WMF(ヴェーエムエフ)』は1853年にドイツで生まれたキッチン用品ブランド。フィスラーとともに世界中で愛用されています。ヴェーエムエフの圧力鍋の特徴は、なめらかな開閉と高圧・低圧の2段階調理が可能である点。デザインもシンプルで洗練されています。
圧力鍋は「パーフェクトプラス」の4.5Lタイプが人気です。

■まずは使ってみよう!圧力鍋を使ったレシピ2つ

圧力鍋を使った料理をふたつ、ご紹介します。普通に作ると時間がかかるものなので、ぜひ圧力鍋を使って作ってみてくださいね。

・大豆と昆布の煮物

出典:photoAC ※写真はイメージです

<材料>
乾燥大豆:150g
昆布:長さ10cm
水:200cc
薄口しょうゆ:大さじ2

<作り方>
1.大豆を一晩水につけ、水気を切る。昆布はハサミで適度な大きさに切る。
2.大豆と昆布を圧力鍋に入れ、水と薄口しょうゆを入れる
3.圧力がかかったら火を止めて余熱調理

・骨まで食べられるサンマのトマト煮

出典:photoAC ※写真はイメージです

<材料>
サンマ:2匹
玉ねぎ:1個
にんにく:1かけら
ホールトマト:1缶
セロリ:適量
水:200cc

<調味料>
酒:50cc
ローリエ:1枚
塩コショウ:適量

<作り方>
1.鍋に水、ホールトマト、調味料を入れて沸騰させる
2.残りの材料を入れる
3.圧力がかかったら弱火にして15分
4.塩コショウで味を調え、皿に盛りつけてセロリを飾る

圧力鍋を使ったレシピを2つご紹介しました。圧力鍋と聞くと難しそうですが、基本的には材料と調味料を入れて加熱、火が通るまで放置するだけなのでとっても簡単。いつもの煮込み料理をいつものレシピで作ってもおいしくなりますので、ぜひ試してみてください。

■圧力鍋を使って料理の幅をぐんと広く

圧力鍋で加圧すると、素材が柔らかくほろほろと崩れるようになります。子どもや高齢者などかむ力が弱い人や、かみ応えのある食べ物が苦手な人にもおすすめです。圧力鍋を使っていつもの料理をグレードアップさせましょう。

haduki

おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします。
【Instagram】haduki_maidoari

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!