Comic

【おとうとは発達障害】#25 自分で手を洗えるようになるまで

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^
着替え、手洗い、歯磨きなど、子どもに身の回りの事を教えるのは大変ですね。
我が家もできるようになるまで、進歩したり、また出来なくなったり、だいぶ苦戦しました。

一例として、次男くもが手洗いをできるようになるまでをご紹介しますのでご参考にどうぞ~!

手洗いのステップ①絵カードで手を洗うことを告知します。手は親が洗います。

「手を洗うよ~」と声を掛けるだけではほぼ耳に入らないので、くもの視界に絵カードを入れて注意をひいてから声を掛けます。

まだ自分で洗えないので、ほとんど親が洗いますが、洗う手順はいつも同じにして、どこを洗うかなんとなくで良いので覚えてもらいます。長女ユイポン・長男ラレオはこれだけで手洗いをマスターできました。絵カードも使っていません。

手洗いのステップ②手順表を洗面所の壁に貼ります。手は自分で洗います。

保育園では園児が自分たちで手を洗えるよう教えている事を先生から聞いたのをきっかけに、家でも自分で洗ってもらうことにしました。保育園の手洗いコーナーに手順表が貼ってあったので、家でも作って貼りました。

家では泡タイプのハンドソープを使用しています。ポンプを押すと泡が出てくるのが楽しいらしく、何度か空っぽにされたことがありました……。

ある日、家から帰ると、私が何も言わなくても自分で洗面所に行って手を洗うようになりました。手洗いを習慣と認めてくれたら、こちらが促さなくても自分でやってくれるようです。

くもは新しいことは苦手ですが、慣れたことや、知っていることを変わらずこなすのは得意なので、身の回りのことはなるべく変化をさせずルーティンにすると気持ちよく過ごせるのかな?と思います。
逆に、飽きてきてるかもしれないから、アレンジしてあげようとか、サプライズとかは、ありがた迷惑のようです^^;
ご飯のおかずとか、変に凝ると食べてくれません…^^;

他にも歯磨きにはかなり苦戦しました。
当時作った絵カードや絵本などコンビニで印刷できますので、もしよかったら使ってください。
たきれいのホームページ
→コンビニで印刷できるよシリーズ
https://okomemories.jimdo.com/


ではでは、よい週末を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!