出典:@ natsu_ouchiさん

Lifestyle

洗濯機を買うなら乾燥機付きが断然便利!選び方やおすすめ商品をご紹介

家電の中でも便利なアイテム洗濯機!毎年のようにモデルチェンジを繰り返す洗濯機を買うなら乾燥機能のついたものが便利です。今回は洗濯機の種類や選び方のポイント、おすすめ商品を紹介するので、買い替えを考えている人、今から新しく購入する人は要チェック!

洗濯機は中古でも手に入りやすい家電ですが、やはり購入するなら最新モデルがおすすめ☆しっかりと選び方や種類を覚えて自分好みの洗濯機を選んでみてくださいね。

■洗濯機の種類は3種類!家にあるのは何型?

洗濯機には大きく分けて3つの種類があります。どんな違いがあるのか、その種類ごとの特徴やメリット、デメリットを見てみましょう。

・【縦型】高い洗浄力と使いやすさが魅力☆

出典:@ tamaco_kiraraさん

縦型は洗濯槽がバケツのように縦に配置されていて、上から洗濯物を入れるタイプです。たっぷりの水やお湯を使って“もみ洗い”をするのが基本。ジャブジャブ洗えるので、頑固な汚れも落としやすいのが特徴です。

<メリット>
機種が多く、価格も安いものが多いので購入しやすい
かき混るように洗濯するので衣類が傷みにくい

<デメリット>
長袖、長ズボンなど丈が長いものは絡まりやすい
乾燥機能がついていても完全に乾かせないため、干す手間が必要

・【ドラム式】節水でエコ&乾燥機能で時短家事が叶う

出典:@ natsu_ouchiさん

ドラム式は正面に投入口があり、横開きの扉を開けて洗濯物を入れます。ドラムを回転させることで洗濯物を持ち上げ、落とす“たたき洗い”で汚れを落としていくスタイルです。少ない水で洗濯物を洗えるのが特徴。

<メリット>
完全に洗濯物を乾燥させることができる
衣類同士が絡みづらい
水や洗剤が少なくても十分汚れを落とせる
洗濯後の衣類が取り出しやすい

<デメリット>
たたき洗いをするため、衣類が傷みやすい
色落ちする洋服をいっしょに回すとほかの洗濯物に色が移ることがある
比較的価格が高い

・【二槽式】ひと手間あっても洗浄力には自信あり!

今ではあまりお目にかからない二槽式洗濯機。縦型が登場するまでは主流だった洗濯機で、洗濯槽と脱水が分かれているのが特徴です。洗浄力が高いので汚れものを洗うことが多いお店では今でも使っているところも多いようです。

<メリット>
洗濯槽と脱水が別々に使えるので、流れ作業でたくさんの洗濯ができる
脱水機能が高いため干した洗濯物の乾きが早い

<デメリット>
すすいだ後の濡れた洗濯物を脱水槽へ移す手間がある
洗浄と脱水を同時に行うと動作音がうるさい
大量の衣類を一度に洗うことができない

■乾燥機付き洗濯機選びのポイント<洗浄力>

出典:photoAC

しっかりと汚れを落としたい人は洗浄力の高い縦型の洗濯機がおすすめです。縦型は大量の水で洗う以外にメーカーによっては水流に変化を加えることで、より効率良く汚れを落とせます。
最近では泡を使った洗浄方法もあるので、どんな汚れを落とすのかを基準に洗浄力を選んでみてくださいね。

■乾燥機付き洗濯機選びのポイント<電気代>

出典:photoAC

洗濯機の場合、上位機種になればなるほど節電効果が期待できます。しかし、最近の洗濯機はどれも消費電力があまり高くないので驚くほど電気代が変わることはないそうです。節電するのであれば夜間電力や自家発電を利用すると効果的ですよ。

■乾燥機付き洗濯機選びのポイント<乾燥のパワー>

洗濯乾燥機の乾燥方法は約60℃で乾かすヒートポンプ式と約90℃という高温で乾かすヒーター式の2種類があります。温度が上がるほど衣類は傷みやすくなるため、大切な衣類を守るのであればヒートポンプ式を採用している洗濯機がおすすめ。
そんなことより早く乾かしたい!という人はヒーター式が良いでしょう。

■乾燥機付き洗濯機選びのポイント<サイズ>

洗濯機のサイズは基本的に高さは違いますが、幅はどのメーカーもほぼ同じサイズを採用しているんだとか。洗濯容量が多くなればなるほど洗濯機が大きくなるわけではないので、普通の洗濯機が置けるのであれば基本的にどのメーカーの洗濯機も置けるでしょう。
また、洗濯容量は人数×1.5kgが目安。5人家族であれば7kg~8kgがおすすめですが、洗濯物が多い家庭や週末にまとめ洗いする場合は10kg以上の洗濯機だと安心でしょう。

■おすすめの乾燥機付き洗濯機<縦型>

縦型の洗濯機についている乾燥機能はドラム式に比べて威力が弱いですが、干す時間を短縮できるので乾きにくい季節でも干しっぱなしということが減るでしょう。

・パナソニック

出典:@konyuka1223さん

『Panasonic(パナソニック)』の縦型洗濯乾燥機の最新モデルは「水冷除湿」乾燥を搭載。ほかにも衣類が傷みにくい低温乾燥機能もあり、デリケートな衣類も縦型で乾燥させられます。
写真の洗濯機は少し前のモデルですが、最新モデルはシャンパンゴールドのフタをしており、より高級感のあるデザインなのも魅力です。

・日立

出典:@____fizz.03さん

写真は『日立』の「BEAT WASH(ビートウォッシュ)」。乾燥機能がついていないタイプの洗濯機ですが、その代わりに「エアジェット」機能がついていて高速回転によって衣類の水分を飛ばし干している時間を短縮できます。
また最新式の乾燥機能付き洗濯機にはAIを搭載し、スマホと連動させることで洗濯をより快適なものにしてくれます。

■おすすめ乾燥機付き洗濯機<ドラム式>

乾燥機能付き洗濯機と言えばドラム式が人気です。最近のドラム式は容量も大きくなってきているので、一度にたくさんの量を乾燥させらるのもポイント☆

・パナソニック

出典:@satokoinstaさん

パナソニックのドラム式の最新型は洗剤と柔軟剤を自動で投入できるので、うっかり入れ忘れた!入れるトレーを間違えた!といううっかりミスを防止できます。また、乾燥はタオル専用コースやふんわり仕上げなどコースも多様化。
これ1台でいろんな洗濯・乾燥モードをこなすことができます。

・日立

出典:筆者撮影

日立のドラム式はAIを搭載していたり、スマホと連動できたりする最新モデルが登場!風アイロンや自動おそうじ機能はそのままにハイスペックになっています。大容量ながら奥行きが小さいタイプもあり、いろんなタイプの脱衣所におけるラインナップが人気です。

■乾燥機付きなら家事の負担も減るのでとっても便利☆

ドラム式でも縦型でも、乾燥機付きだと洗濯物を干す手間や乾かす時間を短縮できるので、忙しい現代人にはうれしい機能です。安い洗濯機の場合は乾燥機能がついていないものがあるので、乾燥機能付きが欲しい人は最新モデルの洗濯機を購入してみてはいかがでしょうか。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!