Comic

【おとうとは発達障害】#35 パパが療育に同伴したら…驚きの連続!

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^
今日は次男くもの養育に、夫も同伴したときの話です。

療育は平日の昼間に行われるので、平日仕事の夫はなかなか参加できません。

最近、夫の代休とくもの療育が重なった日があったので、めずらしく夫も同伴することになりました。
いつもは言語聴覚士(ST)さんや作業療法士(OT)さんからいただいたアドバイスや、くもの様子などを私から聞いていた夫ですが、やはり百聞は一見にしかずのようで、かなり衝撃を受けていました。

まず、くもが自分で椅子を引いて座ったのに驚いていました。
くもはパパっ子で甘えん坊なので、夫が家にいる時は、夫に椅子に座らせてもらい、ごはんも食べさせてもらっています。

くもが一人で椅子に座るにしても、おぼつかない動きを予想していたようですが、きびきびと動いていることに驚いていました。

ラキューというブロック遊びをしました。

見本を見ながら同じ形を作って遊ぶのですが、ブロック一つ一つが小さいのと、接続するときに少し力がいるのでちょっと難しいのですが、これも器用にこなしていたので、驚いていた夫。

何度も「くもってこんなにできるんやー!」と感動していました。
そして、普段パパに甘えていることがばれてしまったくもでした(笑)

ではでは、よい週末を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]