出典:photoAC

Lifestyle

全自動洗濯機、縦型とドラム式あなたはどっち派?おすすめもチェック

毎日、お世話になっている洗濯機。今では洗濯物を洗ってくれるだけでなく、乾燥までお任せできる家事の頼れる相棒です。新しい洗濯機を購入するとき、まずはドラム式と縦型、どちらにしようかと悩んでしまいますよね。
今回はそれぞれの特徴をはじめ、メリットやデメリットをチェックしてみます。また、おすすめ商品も合わせてご紹介しますよ☆

縦型、ドラム式洗濯機の違いや選び方のポイントを知って、洗濯機選びの参考にしてくださいね!

■洗濯機の種類、まずは縦型をチェック!

出典:洗濯機人気2019年決定版!種類や選び方、おすすめ洗濯機をご紹介@meyuka29さん

洗濯機といえば従来はこの縦型タイプが主流でしたよね。洗濯槽の底にある羽を回転させて、水流によるもみ洗いをしてくれます。メリット、デメリットをみてみましょう。

・縦型洗濯機のメリット、それは洗浄力の高さ!


まずは洗浄力の高さです。もみ洗いなので泥などの固形物もしっかり洗ってくれます。遠心力で洗剤も繊維を通過しやすいのもポイント。
さらに機種が多い点もメリットの一つでしょう。予算や設置場所のサイズに合わせて選ぶことができます。細かい点では、フタが上に開くのでドアなどに当たらないのも良いですよね。

・縦型洗濯機のデメリットはなに?


縦型の洗濯機は、どうやら乾燥が苦手なようです。理由は衣類が洗濯槽に張りつきやすいからとのこと。もちろんどんどん進化していますが、ドラム式に比べると時間も長くシワにもなりやすいそうです。衣類の傷みも出やすいかもしれませんね。

■ドラム式洗濯機の特徴をチェックしてみよう☆

出典:洗濯乾燥機の電気代って高いの?電気代の安いおすすめ商品をチェック! @yagigigi1234さん

ドラム式洗濯機は、ドラムごと回転し衣類を持ち上げて落下させることで汚れを押し出す「たたき洗い」を採用しています。そのメリットやデメリットをみてみましょう。

・ドラム式洗濯機のメリットは乾燥機能にアリ!


ドラム式洗濯機が人気になった理由は、ズバリ“乾燥機能”でしょう。
ドラム式は衣類を持ち上げて落下する間に、温風をしっかり当てて乾かす仕組み。縦型洗濯機ではできなかったのが、この点です。
さらに洗濯に必要な水が少なくて済むので、節水に優れています。高濃度の洗剤を使うことになるのですが、密度が濃いので皮脂汚れに強いとのこと。洗濯物が絡まりにくく、その分生地の傷みは少なく済むそうです。

・ドラム式のデメリットも押さえておこう


まずは価格が高め。そして本体もサイズが大きく、設置場所が確保できないというケースも。
洗浄力も縦型の方が勝っています。ドラム式のたたき洗いでは、泡がクッションとなり汚れを落としきれない場合も…。最近では、洗浄力を改善させるためもみ洗いや押し洗いを組み合わせた機種も販売されています。

■二槽式洗濯機もひっそりと人気アリ?!

出典:photoAC

あまり見かけなくなった二層式洗濯機ですが、ガソリンスタンドや美容院などではまだ愛用されています。洗濯槽と脱水層が分かれた洗濯機。メリットやデメリットをみてみましょう。

・二層式のメリットは洗濯量と手動での調整


洗濯と脱水を同時にできるので、短い時間で多くの量を洗濯できるのが一番のメリット☆洗浄力や節水効果も高いそうです。層が分かれているのでお手入れも楽で、修理もしやすいとのこと。
面倒くさいように思える洗濯物を途中で取り出す点も、落ちていない汚れをもう一度洗ったり、すすぎを増やしたり“自分で調整できる”というメリットがあります。これらが根強いファンがいる理由なんですね。

・デメリットはやっぱり手間がかかること


洗濯から脱水まで自動でやってくれる洗濯機が登場してしまった今となっては、自分の手で洗濯物を脱水層に移し替える必要がある二層式はどうしても面倒くさいと感じてしまいます。特に冬場はキツい作業かもしれませんね。

■現代の主流はやっぱり全自動洗濯機

出典:photoAC

全自動洗濯機は、洗いからすすぎ、脱水までを全て自動で行ってくれる洗濯機のこと。つまりは現在ほとんどの縦型洗濯機とドラム式洗濯機のことを指します。これに乾燥機能がついたものも多く見られるようになりました。

■洗濯機の選び方のポイントをチェック

出典:photoAC

では実際に洗濯機を選ぶときのポイントをみてみましょう。

・サイズは少し余裕を持って

洗濯物の量は“家族の人数×1.5kg”。でも毛布やシーツなどもいっしょに洗いたい。大家族の方や週末にまとめて洗濯する方は10kg以上のものをおすすめします。
最初にコストはかかりますが、少し余裕をもって大容量を買っておいた方が便利でしょう。いっぱい詰め込んで洗濯するより汚れ落ちも良いですよ。設置場所に合うかどうかも忘れずに!

・搭載機能はさまざま。ライフスタイルに合わせてみて

出典:洗濯乾燥機の電気代って高いの?電気代の安いおすすめ商品をチェック! @yagigigi1234さん

最新の洗濯機は過去の洗濯や季節を考慮して洗濯してくれるAI機能が搭載されたものなどもありますが、まずは乾燥機能をチェックしましょう。
ヒートポンプ式とヒーター式の2種類あるなかで、省エネ、仕上がりともにヒートポンプ式がおすすめ。衣類の傷みや乾燥スピードにも違いが出ます。その分、本体価格は高めです。
洗濯コースもさまざま。部屋干しコースやおしゃれ着コース、毛布コースなどいろいろ提案してくれます。お掃除機能がついたものもありますよ。自身のライフスタイルに合ったものを店員さんと相談しながら選んでみてくださいね♡

・洗濯機の価格帯は幅広い。予算と相談してみよう

二層式で2万円を切るものがあるようですが、縦型だとシンプルな機能の自動洗濯機や小型のものが2万数千円ほどでゲットできますね。ラインナップとしては10 万円を超えるものが種類が豊富で、20万円以上のものも。
ドラム式だと20万円弱から25万円が主流のよう。30万円を超える商品もあります。ご予算を踏まえて話し合いが必要ですが、毎日使うものなのでしっかり検討してみてくださいね。

■おすすめの全自動洗濯機<縦型編>

おすすめの洗濯機、まずは縦型をみてみましょう☆

・日立のBEAT WASHは根強い人気!

出典:@mitsubachi_lptiaraさん

写真の『日立』の「BEAT WASH(ビートウォッシュ)」BW-DXシリーズは家電日立を代表する商品でしょう。家電サイトなどでも常にランキングに入っています。ナイアガラヒート洗浄による洗浄力の高さがなによりの魅力♡
また、BW-DVシリーズ最新機種の「BW-DV100E」は、AIが洗い方を判断してくれるというAIお洗濯も搭載。乾燥機能はもちろん、自動お掃除、多彩なコースなど機能も満載。使いやすいとの評価が高いビートウォッシュ、おすすめです☆

・ガラストップがおしゃれなSHARPは洗濯槽の穴がない!


ガラストップがとってもおしゃれな『SHARP(シャープ)』の「ES-PW11D」。何と洗濯槽は穴なしで黒カビの浸入を防ぎます。泡が弾ける力で汚れを弾き飛ばしてくれる超音波ウォッシャーや光るタッチナビを搭載。内フタがなく投入口が広いので出し入れがとてもスムーズです。

・東芝のZABOONは泡の力で洗浄力アップ

出典:@usapon.ponさん

ウルトラファインバブルの力で高い洗浄力を誇る『東芝』のZABOONシリーズ。洗浄成分の効果を高めるウルトラファインバブルが繊維の奥に浸透して汚れを落としてくれるのだそう。最新機種の「AW-10SV8」は、脱水の最後にパルセーター(回転羽根)を細かく動かし、洗濯槽から衣類をはがしてほぐします。自動お掃除モードも魅力的です。

■おすすめ全自動洗濯機<ドラム式編>

次にドラム式編のおすすめ洗濯機をチェックします☆

・洗浄力も乾燥もおまかせPanasonicのVXシリーズ

出典:2019年洗濯機のおすすめはどれ?選ぶときのポイントも紹介@chisandayo221さん

ドラム式洗濯機からは、写真の『Panasonic(パナソニック)』VXシリーズをおすすめします♡最新機種の「NA-VX900A」は、W泡洗浄で洗浄力がアップ。ヒートポンプ乾燥なのでふんわり乾燥してくれます。しかも省エネだそう。タオル専用コースなども搭載されています。ハイスペックモデルでは、洗剤の自動投入も可能。お手入れもしやすく人気の機種です☆

・ナイアガラ洗浄の日立ビッグドラムシリーズ

出典:洗濯機はドラム式がおすすめ!性能やおすすめメーカーの特徴もチェック@suzu_bdbdさん

写真は日立の「ビッグドラム」シリーズ。こちらのシリーズ最新機種の「BD-NX120EL」は洗い方や時間を判断してくれるAIお洗濯機能を搭載。ナイアガラ洗浄なので大流量かつ高濃度で洗ってくれます。さらに高速風でシワを伸ばしてくれる風アイロンも魅力的です。洗濯物をたたむのが楽しくなりそう♡自動お掃除機能もGOOD。

・ハイブリッド乾燥方式を搭載したSHARPのドラム式

出典:2019年洗濯機のおすすめはどれ?選ぶときのポイントも紹介@mai.orangeさん

写真はシャープの「ES-P110」。マイクロ高圧洗浄で洗いもすすぎも衣類にやさしく、でも汚れはしっかり洗ってくれます。業界初というヒートポンプとサポートヒーターのハイブリッド乾燥方式。より省エネでふんわりぽかぽかの仕上がりに♡そしてやっぱりシャープはデザインがおしゃれですね☆

■縦型とドラム式、どちらの洗濯機がお好みでしたか?

縦型とドラム式の洗濯機について紹介しました。あなたはどちらに魅力を感じましたか?新しい洗濯機の購入時、参考にしていただければ幸いです♡

ひなこ

2児の母。子ども服づくりや読書が趣味。最近は、プロ野球観戦にも夢中です。シンプルで丁寧な暮らしを心がけています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!