Comic

【おとうとは発達障害】#39友だちの輪の中に入ってみる

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

あけましておめでとうございます。たきれいです^^
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さてさて早速本題ですが、去年暮れあたりから、末っ子くもが、自分から積極的にお友だちの輪に入れるようになってきました!

保育園では基本は一人でいるのが好きなくもです。
外遊びの時は外廊下に腰かけてお友だちが遊んでいる様子をのんびり眺めて楽しんでいることもあります。

でも最近は自分から積極的にお友だちに「遊ぼう」「入れて」と誘うようになってきたらしく、成長が嬉しいです^^

ちなみに、去年の療育でのお友だちとの関わりはこんな感じでした。

お友だちから挨拶されるだけでショックで脱力してしまっていました。

家では姉兄とたくさん遊ぶのですが、優しい姉兄は手加減をしてくれるので、家では上手に負ける(?)経験があまりできません。
保育園での対等な関係での遊びはとてもありがたいです。

特に、「負けて悔しい!」という感情から、「でも楽しい!もっと上達したい!」と前向きに切り替えるスキルは色々な場所や人とのかかわりで養ってほしいので、遅ればせながらお友だちと関われるようになってきて、これからも成長が楽しみです(#^.^#)

ではでは、よい週末を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]