Fashion

カーキ×ベージュ季節別コーデのコツ♡相性の抜群のさし色もチェック

カーキ×ベージュのコーディネートは同系色で相性◎おしゃれさんはカーキ×ベージュの組み合わせを季節に合わせて楽しんでいます。カーキやベージュといったナチュラルカラーはコーデをグッと大人っぽい印象にまとめてくれる特徴が。 今回はカーキ×ベージュコーデのコツや、チャレンジしたくなるようなカーキ×ベージュコーデを紹介していきます。

小物でカーキ×ベージュの組み合わせを作るのもアリ!季節ごとのコーデ例や小物との組み合わせ例も紹介していきますよ♡
 

■まずはカーキとベージュがどんな色かおさらいしましょう

カーキもベージュも、アースカラーと呼ばれる色です。その違いや相性をみていきましょう。

・カーキ色とベージュ色の違い


カーキはグリーンが強めの土気色、というイメージを持っている方が多いと思います。ですが、本来のカーキ色は「土埃色」とも言い、緑がかっていない乾いた土のような色のことを指すんですよ。
色見本帳によると、日本の伝統色として記載されているカーキ色は「くすんだ黄」となります。軍服に使われる色でもあるそうですよ。

出典:photoAC ※写真はイメージです

カーキは本来このような色味です。みなさんがイメージするような緑がかった土色は、どちらかと言うとオリーブグリーンやモスグリーンが近いそうですよ。

出典:photoAC ※写真はイメージです

カーキ色の範囲は広く、オリーブの葉のような色味をカーキ色として展開している衣服や小物が多いですよね♡今回はこの緑がかった色味もカーキコーデのカラーとして紹介していきたいと思います。

ベージュは、染めていない羊毛の色を表し、「とても薄い黄色やとても薄い茶色」のような色を指します。

出典:photoAC ※写真はイメージです

ベージュの優しい色味はコーデに使用するとナチュラルな印象に。カーキとベージュは似ている色ですが、カーキの方が濃い色味となります。

・カーキとベージュの相性は良いの?


カーキもベージュもアースカラーと言って土や大地、植物などの色味です。どちらも自然の中にあるナチュラルな色味なので相性が良く、肌に馴染みやすい色です。

■カーキ×ベージュのレディースコーデのコツ、気をつけたい点を解説

ベージュとカーキ、ふたつを組み合わせてレディースコーデを楽しむコツ、気をつけたい点をまとめました。

・自分が求めるイメージで分量を調整

出典:mamagirl2020冬号

コーデに取り入れると柔らかな印象になるベージュと、やや濃い目でしめ色になるカーキ。

柔らかな印象を目指すなら…ベージュアイテムの分量を多めに。
クールな印象を目指すなら…カーキアイテムの分量を多めに。

アウターやボトムスは面積が大きく、インナーやバッグ、ハットなどは面積が小さいアイテムです。

・小物で上手に目線を分散

カーキ×ベージュコーデはハットやバッグなどの小物を上手に使うのがコツ!小物を加えると、目線を分散させ、ぼんやりとしたイメージを払拭してくれます。
小物で変化をつけたり、適度な肌見せをしたり、メリハリをつけることを意識しましょう。
 

・カーキ×ベージュコーデと相性のいい色


カーキとベージュはナチュラルカラーの組み合わせなので、洋服のシルエットによってはワントーンカラーだとどうしても野暮ったい印象になってしまうことが。
どっちも好きな色だけどコーデにメリハリが出ない…そんなときは3色目のカラーを上手に使ってコーデのバランスを整えるのがおすすめです!

<ホワイトやブラウン、グレーを3色目に投入>
ホワイトなら全体が明るく、さわやかな印象に。ナチュラルカラーのブラウンやグレーは優しい印象のコーデの中にメリハリがつきます。

<ネイビーやブラックを3色目に投入>
どちらもコーデのアクセントカラーとなり、コーデが一気に引き締まります。強い色味なので分量は少なめがコツ。足元や小物で足すとコーデしやすいですよ♡

■カーキ×ベージュコーデと特に相性が良いカラーは?

比較的どんな色とも相性が良いカーキ×ベージュコーデですが、小物やさし色を加える際に特におすすめのカラーを紹介します。

・ホワイトを上手に使うとコーデの透明感がアップ!

出典: @ yoko178loveさん

清潔感あふれるホワイトは、カーキ×ベージュの大人カラーコーデの印象を明るく整えてくれる色味です。ホワイトは「カーキ×ベージュコーデでは顔色がくすんで見えてしまい似合わない」と悩んでいる方にもおすすめのさし色。
例えば顔に近いトップスにホワイトをもってきて、ボトムスやアウターにカーキ、ベージュを取り入れると顔映りが明るくなります。ダークな髪色の人におすすめのテクですよ♡
肌の露出が多くなる春から夏にかけては、アクセサリーや靴でホワイトを取り入れるのも◎!ホワイトの分量を多くすればするほど爽やかな印象になります。
 

・ブラウンは落ち着いたコーデにしたいときのさし色におすすめ

出典: @ yoko178loveさん

カーキ×ベージュコーデとオータムカラーのブラウンは息ぴったりの組み合わせ♡ブラウンのアイテムは全体を温かみのある落ち着いた印象に整えてくれ、投入することでよりこなれ感がアップします。
特にコーデに秋らしさや冬らしさを追加したいときにおすすめの色ですよ。

■カーキ×ベージュのコーデ例を季節ごとにご紹介!

カーキとベージュを上手に取り入れたコーデを季節ごとに紹介します。

・【春におすすめ】カーキTシャツ×ベージュリュックでシンプルあか抜けコーデ

出典: @ hieriraさん

カーキ×ベージュコーデ春なら、こちらの@ hieriraさんのようにカーキのTシャツにベージュのリュックを合わせるのはいかが?
カーキTシャツにブラックのパンツはメンズライクなハンサムコーデですが、ベージュのリュックを導入することでグッと柔らかな印象になりますね。
 

・【夏におすすめ】カーキ×ベージュコーデにホワイト系のアクセや小物でアクセント

出典:mamagirlLABO@ ak_m1120さん

@ak_m1120さんはトップスとボトムスのカーキ×ベージュコーデにサンダル、バングル、バッグで夏らしさを加えています。小物にベージュやホワイト系を持ってくると全体が夏らしく明るい印象に!
さし色を上手に使っていて素敵な着こなしです。おしゃれ上級者さんですね。

・【夏におすすめ】ベージュのコットンネットバッグで涼しさを演出

出典: @ chiharu1978さん

ワンピースを甘くなりすぎずに着こなすなら、カーキ色のワンピを選ぶと大人かわいくが演出できるのでおすすめです。ロングワンピなどカーキの分量が多いアイテムは落ち着いたコーデにまとまりますよ。
夏はぜひそこに季節感のあるベージュの小物をプラスして。@chiharu1978さんはベージュのコットンネットバッグとサンダルを投入!コーデが一気に軽やかな印象になりますね。

・【秋におすすめ】ベージュアウター×カーキボトムスコーデ

出典: @ mikiaobaさん

@mikiaobaさんはカーキのパンツにベージュのジャケットでカーキ×ベージュコーデを作っています。インナーのホワイトで爽やかな印象ですね。濃いカーキをセレクトすることでホワイトトップスとカーキボトムスのコントラストが鮮やかに。
ベージュアウターもやや濃い色味をセレクトすることで秋らしさが出ます。シューズ、バッグ、腕時計といったブラックの小物が絶妙なバランスで配置され、コーデを一気に格上げしています。

・【秋におすすめ】ベージュアウター×カーキバッグコーデ

出典: @ chi.0616さん

秋から冬にかけてはアウターがコーデの主役となりますね。コートの中でもトレンチコートはベージュを取り入れやすいおすすめアイテム!これにブラックなどのダークカラーを合わせて引き締まったコーデにしたいところですが、@chi.0616さんはあえてカーキのリュックを投入。
リュックをカーキにすることで、人とはひと味違ったカーキ×ベージュのあか抜けコーデに早変わりします。
 

・【冬におすすめ】ゆるっとしたシルエットにこだわりアリ!おしゃれカーキ×ベージュコーデ

出典: @ chiharu1978さん

グレーベージュのプルオーバーに濃いカーキボトムスは落ち着いたトーンで秋冬にぴったり。そして@chiharu1978さんのコーデはシルエットにも注目!ゆるっとしたシルエットはメンズコーデでも人気のスタイルですが、冬はレディースコーデにも◎
ゆとりのある着こなしは暖かそうに見え、袖をまくり足元をロールアップすればこなれ感もゲットできますよ♡
 

■カーキ×ベージュで手軽にワントーンコーデを楽しもう!

出典:photoAC ※写真はイメージです

カーキ×ベージュは取り入れやすい組み合わせで、コツをおさえると手軽にこなれ感たっぷりのワントーンコーデができるのでハマっちゃうかも!
カーキ×ベージュの組み合わせは肌なじみが良い色なので、ネイルで楽しむものおすすめですよ♡あなたもぜひカーキ×ベージュを取り入れてみてくださいね。
 

kimmy

やんちゃボーイズ2人のママです。
転勤族妻。営業、事務、秘書の仕事をしていた経験あり。私自身も転勤がある仕事をしていたので今までの引越し回数は10回以上!
休日に夫が作ったご飯と美味しいお酒でカンパイするのが楽しみです。
子どもと一緒にてんやわんやの日々ですが、自分のケアもキチンと!女子力を忘れずに、が最近のテーマです。
【Instagram】kimmy_sasa_mii
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]