出典:@pom_mqさん

Beauty

ピンクメイクは大人女子にこそして欲しい!アイメイクの簡単テクも伝授

ピンクを使ったメイク方法“ピンクメイク”は、華やかな雰囲気を作り出してくれると2019年から人気のメイク。一方で、やりすぎると甘くなってしまうのではないかと、特に大人の女性にとっては避けてしまいがちな色でもありますよね。
今回は、そんなピンクメイクの疑問や、うまく取り入れるメイク方法などをご紹介します。

ピンクってキュートで女性らしい色ですよね。メイクボックスの中には、ピンクコスメがあるけど、実際使うと甘くなりすぎてしまいそう…と思っている人もいるのでは?今回は、ピンクを使ったアイメイクの方法や、おすすめのコスメをチェック!
女子力をアップさせるピンクメイクをマスターしましょう。

■ピンクメイクとはー似合うにはどうしたらいいの?

女子力が高いイメージのピンク色。かわいく華やかなこのピンクを中心にしたメイクとはどんなものなのでしょうか。

・ピンクメイクってどんなメイク?

出典:@pom_mqさん

ピンクメイクは、かわいらしいイメージがありますが、使い方次第では大人の女性らしさを引き出すこともできるのです。やわらかくて女性らしい雰囲気を引き出すのもピンクという色だからこそ。
ピンクを使って甘くなりすぎないようにすることが、ピンクメイクを上手に取り入れるのテクニックとも言えますね!

・ピンクメイクの似合う芸能人は?


芸能人では、石原さとみさんや佐々木希さん、小松菜奈さんといった方々がピンクメイクを取り入れているようです。かわいくて愛嬌のある雰囲気が共通していると言えますよね!自分も真似してみたい!と憧れる人も多いのではないでしょうか。

・ピンクメイクはどんな人に似合う?

出典:photoAC

ピンクメイクが似合うかどうかは、その人の持つ肌の色が影響します。ピンクメイクが似合いやすいのは、ブルーベース(ブルべ)肌の人。肌本来の持つ、青みがかった白はピンクとの相性が良いのだとか。
しかし、イエローベース(イエベ)肌の人が、まったく似合わないわけではありません!同じピンクでも、ベビーピンクやコラールピンク、サーモンピンクなど、青みがったものや黄色みががったもの、色みを落としたものまでさまざま。
イエベ肌には、サーモンピンクなど黄色みの強いピンクを使うことで、ピンクメイクを似合わせることができるでしょう。

・ピンクメイクが似合わない原因は?

出典:photoAC

ピンクにもたくさんの種類があるとご説明しましたが、ピンクメイクが似合わないと感じてしまう原因には、自分の肌の色に合わないピンクを使っていることが考えられます。イエベ肌でも、ブルべ肌に似合う青みピンクを使ったメイクをしてみたい…と思うなら、そのまま使うのではなく、まず化粧下地の段階から肌の色を補正してみましょう。
コントロールカラー用下地を、ブルー・パープル系にするとピンクメイクが似合いやすくなりますよ。

■目の形別ピンクメイクの方法

ここでは、目の形に合わせたピンクメイクのやり方をご説明しますね。

・一重まぶたのピンクメイク方法

一重まぶたさんのピンクメイクのポイントは、腫れぼったくならないこと。ブラウンのアイシャドウや黒のアイライナーを組み合わせることで、メリハリが生まれ、腫れぼったくならないピンクメイクが仕上がります。

1.ピンクのアイシャドウを指にとり、上まぶたの中央にのせる。
2.別の指を使って、中央から目頭、目尻、それぞれにのばしてぼかす。
3.ブラウンのアイシャドウを目の際に入れ、軽くぼかす。
4.黒のアイライナーを目尻側に1cmほど長く引く。

・奥二重まぶたのピンクメイク方法

出典:@ rameramelifeさん

奥二重まぶたさんも、一重さん同様に腫れぼったくなるのは避けたいですよね!奥二重さんのピンクメイクでは、上まぶたの少ない面積にピンクのアイシャドウをのせることで、腫れぼったさをなくし、目を大きく見せてくれるのにも効果的です。

1.薄めのピンクのアイシャドウを、ブラシで上まぶたの目頭、目尻、アイホ―ルのくぼみ部分の計4カ所にのせる。
2.ブラウンのアイライナーを二重の幅をつぶさないよう細めに引く。
3.目頭にハイライトを入れる。

・二重まぶたのピンクメイク方法

出典:@ pom_mqさん

二重まぶたさんの場合は、広範囲にピンクのアイシャドウを広げても腫れぼったさが出にくいそう。単色で囲み目メイクに挑戦してみるのもおすすめです。

1.薄めのピンクのアイシャドウを二重幅に広げ、目尻に濃いめのピンクを入れる。
2.引き締まった印象にする場合はブラウンのアイライナーを引く。

■おすすめのピンクメイクコスメをチェック

ピンクメイクにおすすめのコスメアイテムをご紹介しますね。

・【プチプラ編】おすすめのピンクメイクコスメ



<リップ>リンメル アクアリィブースト リップラッカー

出典:@ moni.neさん

『RIMMEL(リンメル)』の「アクアリィブースト リップラッカー」は美容液成分を配合したリップカラー。血色感のあるプルっとした唇が目指せます。「モーヴベージュ」は、ほんのりローズのような色味が特徴的。
これひとつで唇のケアができるから、ポーチに入れて携帯しておきたいリップに◎

◆ 004 モーヴベージュ 価格1,760円(税抜)

<チーク>ちふれ パウダーチーク

出典:@ariko415さん

プチプラコスメでおなじみの『ちふれ』からは「パウダーチーク」をご紹介。ナチュラルな血色感と程よいツヤ感のあるチークなのだとか。「ピンク系パール」も「ローズ」もピンクメイクには使いやすい色。
きれいに仕上がるのに、ワンコイン以下で買える価格もうれしいですね!

◆パウダーチーク 142 ピンク系パール・270 ローズ系 価格:各360円(税抜)

・【デパコス編】おすすめのピンクメイクコスメ



<リップ>ディオール アディクトステラーシャイン

出典:@pom_mqさん

『DIOR(ディオール)』のこちらのリップは、5種類のオイルを使用した、するっと滑らかな質感が特徴的。ピンクメイクに取り入れたいのは「976 ビーディオール」。ラズベリーピンクは青みのあるベリー系カラーなので、ブルべ肌と相性抜群!
ラメの輝きも華やかでおすすめです。

◆アディクトステラーシャイン976 ビーディオール 価格4,000円(税抜)

<アイシャドウ>アディクション ザ アイシャドウ

出典:@pom_mqさん

『ADDICTION(アディクション)』の「ザ アイシャドウ」のおすすめ色は、写真右側のビビッドなピンクがきらめく「99 ミスユーモア」。繊細なパールを散りばめた質感と、きれいな発色が同時にかなう実力派のアイシャドウです。

◆ザ アイシャドウ 99 ミスユーモア(P) 価格2,000円(税抜)

■ピンクメイクに挑戦して女性らしい華やかメイクを手に入れて!

ピンクメイクは肌の色に合わないから…とあきらめていた人も、ピンクを似合わせるテクニックや、目の形に合わせた使い方を実践すれば、自分に合うピンクメイクがきっとみつかるはず!大人かわいくもあり華やかなピンクメイクにぜひ挑戦してみて♡

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!