出典:@ bm.p0512 さん

Fashion

エコバッグは折りたたみが便利!選び方やおすすめをご紹介

エコが推進されている昨今、買い物には“エコバッグ”は欠かせないアイテムになってきています。さまざまな企業でノベルティとして配られていたり、雑貨屋さんなどでおしゃれなものが並べられていたりと、エコバッグを見かける機会も多いはず。今回はその中でも折りたたみ可能なエコバッグをご紹介していきます。

コンパクトなものや保冷機能があるものなど、種類はさまざま。エコバッグの選び方やおすすめエコバッグを見ていきましょう。

■みんなで積極的にエコバッグを使おう!

エコバッグを使う前と後ではどんな変化があったのでしょうか。マイバッグ運動など、エコバッグを使うメリットをご紹介します。

・エコバッグが広まる前に何があったの?

出典:photoAC

昔は自分で袋や鍋を持参して買い物をしていましたが、70年代に入ると丈夫で安価なレジ袋が急速に普及を見せました。
しかしながら、1973年のオイルショックをきっかけに、レジ袋の再利用促進や専用の布袋を試験導入するなどの活動がありました。
本格的にエコバッグが広がりを見せたのは、1990年代の初め頃。ドイツの布製エコバッグが日本で紹介されたり、大手スーパーがレジ袋を辞退すると割引をしたりなどのサービスを始めたのです。
2019年に開催された“G20大阪サミット2019”の中で、海洋プラスチックごみについて論議が交わされました。日本では年間約940万トンものプラスチックごみが廃棄されていました。経済産業省によると、日本国内でのレジ袋消費は、国民一人当たり年間約300枚なのだとか。大阪で開催されたサミットを機に“レジ袋有料化”が推進されることになったのです。
レジ袋のほとんどはポリエチレンでできており、その製造及び廃棄の過程でCO2が排出されています。エコバッグの原料のほとんどは化学繊維でできており、レジ袋と同様にCO2を排出しています。エコバッグひとつにつき大体0.6グラムのCO2が排出されており、レジ袋に換算するとおよそ12枚分になるのです。
ひとつのエコバッグを年間で12回以上使うのであれば、レジ袋を使うよりもCO2排出を防げ、エコにつながる計算になります。

・マイバッグ運動って知ってる?

出典:@ 3coins_kanazawa.chisa さん

スーパーや小売店などのレジで袋をもらわずに、エコバッグを持参することを“マイバッグ運動”と呼んでいます。日常生活の中で、ひとりひとりが気軽に行える環境保護運動ともいわれている運動です。
スーパーや小売店の中には、レジ袋を有料化しているところも多く、エコバッグを持参しやすい環境になっています。

・エコバッグを使うメリットはココにも注目!

出典:@harenohi_117 さん

環境に優しいという以外にも、エコバッグを使うメリットはあるのでしょうか?
例えば、たくさんの買い物をしたとき、できればひとつにまとめたいので、1袋にたくさん入れると、袋が耐え切れずに破れてしまう…なんてことも。
エコバッグなら持ち手がしっかりしているので、破れてしまう心配も少なく、持ちやすいのもメリット。
さらに、飾り気のないレジ袋に比べて、エコバッグはデザイン性が高く、おしゃれでかわいいものがたくさんあります。自分好みのものを選べば、買い物も楽しくできちゃいますよ。
しっかりとしているのからこそ、毎日のお買い物だけでなく、キャンプなどのアウトドアでのお出かけバッグとして代用することも可能。マルチな場面で使えるのがエコバッグの強みです。

■エコバッグを選ぶときに見るポイントはココ!

出典:photoAC

エコバッグを選ぶときのチェックポイントをご紹介します。

・容量は30リットルを目安に


エコバッグを選ぶときに見るべきなのは、どれだけ入れられるか、つまり容量です。毎日その日の分を買う人や、週2~3回に分けて買う人、週1回でまとめ買いする人など、買い物スタイルは人ぞれぞれ。
買い物スタイルに合わせてエコバッグの購入を検討するのがベターですが、大は小を兼ねるので、大体30リットルくらいを目安に選ぶといいでしょう。

・耐荷重は20キロ以上がベスト


どれだけの重さに耐えられるのか、耐荷重のチェックもお忘れなく。まとめ買いをせずに日々買い物をする人でも、牛乳や大きな野菜など、重たいものを買うことが重なることもあるでしょう。
そんなときのためにも、耐荷重は20キロ以上を目安にして購入するといいかも♡買い物以外の場面で活躍してくれることもあるので、しっかりと入るものを選ぶと使いやすいででしょう。

■コンパクトになるエコバッグおすすめ5選

エコバッグの中でもコンパクトに折り畳めるエコバッグは、軽くて場所を取らないので持ち運びに便利です。いくつかおすすめをご紹介しましょう。

・ファスナーで簡単収納

出典:@ s_haru_mama さん

『At First(アットファースト)』の「Okaimono bag(お買い物バッグ)」。レジカゴに設置できて、大容量なので、たくさん買ってもひとつにまとめられて便利です。
保冷保温機能もうれしいですが、おすすめポイントは収納がファスナーでらくちんというところ。さらに折り畳んだ状態で取っ手があるので、買い物のときにサッと持てるので使いやすさはバツグン!

・保冷機能つきで安心

出典:@ktamk0715 さん

折り畳みエコバッグの中には、内側か加工されて保冷機能があるものも。@ktamk0715さんが使っているのは、雑貨屋さんで購入された『BAMBINAⓇ」のエコバッグ。保冷機能がついている&レジカゴ対応なのでとても便利だそうです。
お肉やお魚、アイスなど、溶けてしまわないか鮮度は大丈夫かと気にせず運べるので助かりますよね。

・シュパットと畳めてコンパクトに

出典:@yagigigi1234さん

エコバッグは便利とはいうものの、毎回畳むのが少し面倒…と感じている人もいるでしょう。
『MARNA(マーナ)』の「Shupatto(シュパット)コンパクトバッグ」は、その名の通り、“シュパッと”引っ張って、クルクルと丸めるだけで簡単にコンパクトにたためるのです。小さいサイズになるので、いつものカバンに入れて持ち運べるのもうれしいですね。
シンプルなデザインなので、パパや息子さんなど、メンズでも持ちやすいデザインなのもおすすめポイント♡

・かわいくて買い物が楽しくなる

出典:@harenohi_117さん

北欧デザインの王道『marimekko(マリメッコ)』の「スマートバッグ」。毎回の買い物は献立に頭を悩ませ、結構ストレスフルな家事のひとつでもあります。
かわいいデザインのマリメッコを見れば、ちょっとは気分も晴れるはず♡プレゼントにもいいかもしれませんね。

・コスパ最高!2個持ちもできるかも

出典:@3coins_kanazawa.chisaさん

『3COINS(スリーコインズ)』にも種類豊富なエコバッグがあります。
「マルシェエコバッグ」は、ボタンがついているのでしっかりと折り畳んでコンパクトにできる優秀なエコバッグ。300円(税抜)でこのクオリティは驚きです。
お手頃価格なので、予備用に2個持ちもしやすいですね♡

・超コンパクトなエコバッグ


薄い、軽い、小さいだけでなく、強いも加わった究極のエコバッグが「NANOBAG」。わずか23gの袋には、25kgのものを入れても破れない強さがあるのです。
手のひらサイズよりもさらに小さなサイズで、圧倒的にコンパクトなエコバッグになっています。

■自分好みのエコバッグを選んで地球に優しいお買い物を

出典:@bm.p0512さん

いろんなエコバッグがある中で、自分のお気に入りのひとつをGETして、地球にも自分にも優しいお買い物をしちゃいましょう。手作りしている人もいるようなので、気になる方はネットやインスタで作り方をチェックしてみてくださいね。

sharu

4歳のおしゃれ大好き女子と1歳のやんちゃ坊主を育てる、関西出身の転勤族ママ。子どもたちを寝かせてから、インスタ内のオシャレ、イケメン、グルメを検索するのが毎日の日課♪どれだけ効率的に家事、育児をこなせるか日々研究中。最近は相棒のHBと作るパンにはまっています!!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!