出典:photoAC  ※写真はイメージです

Beauty

BBクリームとCCクリームを徹底比較!あなたにの肌に合ったクリームは?

ベースメイクアイテムの中でも、便利で使いやすいことで人気のBBクリームやCCクリームですが、その違いについて正しく知っている人は意外と少ないかもしれません。今回は、そんなBBクリームとCCクリームの違いを改めて比較。特徴や使い方、おすすめの商品までたっぷりとお届けします。

まずはそれぞれの違いについて見ていきましょう。

■どう違うの?BBクリームとCCクリーム

実は大きな違いがあったんです!正しいメイクを行なうためにも、知っておきたい基礎知識についてまとめました。

・BBクリームとは

出典:photoAC  ※写真はイメージです

BBクリームとは、「Blemish Balm(ブレミッシュバルム)」の略称といわれています。直訳すると「傷をなおすための軟膏」という意味で、もともとは医療用に開発されたものだそうです。下地やファンデーションとしての役割だけでなく、美容効果や、保湿効果などが期待できる多機能ベースメイクアイテムです。

・CCクリームとは

CCクリームとは、「Color Control(カラーコントロール)」を意味しており、肌の色味やムラを均一に整える目的で使われます。肌色を整えられる下地の総称で、各メーカーで美容成分や保湿成分配合のものなどさまざまです。

・2つのクリームの違いは?

出典:photoAC  ※写真はイメージです

​オールインワンアイテムとしても使えるBBクリームは、ファンデーションとしても機能するため、時短コスメとしても人気。一方、CCクリームは、下地の役割を主としているため、比較的薄づきなものが多いようです。

■BB・CCクリームとファンデーションの違いとは?DDクリームって?

出典:photoAC  ※写真はイメージです

美容成分や保湿成分が配合されている2つのクリームに比べて、ファンデーションはそれらの機能が無いので、ファンデーション前のスキンケアが必要になります。BBクリームやCCクリームの方が、時短という意味では優れていますし、お肌への負担も軽いと言えるでしょう。

また最近は、BBクリームやCCクリームに次いで、DDクリームも登場しています。「Daily Defense(デイリーディフェンス)」の略称ともいわれており、肌を守るという意味をもったオールインワンベースコスメのことを指します。BBクリームやCCクリームより、高機能のアイテムが多く、日中肌を守りながらメイクを楽しめる優れものです。

■ニキビ肌におすすめのクリームとは?

肌トラブルの中でも、多くの女性を悩ませているニキビ。ニキビ肌の場合、選び方を間違えると、トラブルを悪化させてしまう危険があるため、注意が必要です。
オイリー肌さんにおおい油脂性のニキビの場合には、高保湿なクリームではなく、比較的薄づきなCCクリームがおすすめ。反対に乾燥肌によりニキビに悩んでいる方には、保湿効果の高いBBクリームがいいそうです。

​■【BBクリーム】使い方とおすすめアイテム

下地としての機能も兼ね添えているBBクリームは、スキンケア後の肌に直接塗ってOKです。各メーカーの使用量に従って、肌に塗っていきましょう。
日焼け止めを使う場合には、BBクリームの前に使い、しっかりと馴染ませてからBBクリームを使うのがおすすめです。その後、好みによってパウダーをのせましょう。

・おすすめのBBクリーム3選


おすすめのBBクリームをピックアップしました。

出典:ちふれBBクリームはシミ・ソバカスが気になるあなたにぴったり☆08_poo_21さん

『CHIFURE(ちふれ)』の「BBクリーム」は、化粧下地・日焼け止め・ファンデーションの役割はもちろん、乳液と美容液の役割ももつ高機能クリームです。
気になる部分をカバーしつつ使える優れもの。価格も800円(税抜)とお手頃なのもうれしいですね。

出典:@mmmaaakkkiiikkkoooさん

SNSを中心に話題になっているのが『SANA(サナ)』の「ミネラルBBクリーム」1,320円(税込)。
肌質と好みの仕上がりによって選べる3タイプとなっており、コンシーラーなしでも毛穴レスな肌を目指せます。紫外線や乾燥からもしっかりと肌を守るため、日中の外的ストレスが気になる方におすすめです。

出典:@glitter_rkさん

乾燥肌や敏感肌でも使えると話題の『LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)』の「UVイデア XLプロテクションBB」3,740円(税込)。
紫外線だけでなく、PM2.5や花粉からも肌を守ります。外的ストレスから肌を守りつつ、整肌成分配合で自身の肌を整えながらベースメイクが楽しめます。

​■【CCクリーム】使い方とおすすめアイテム

CCクリームは、BBクリームと違い下地として使います。BBクリームと同じく、日焼け止めを塗った後で、適量を肌に馴染ませましょう。
その後、ファンデーションを塗ります。リキッドタイプのファンデ場合には、仕上げにパウダーをつけることで、より美しく仕上げることができますよ。

・おすすめのCCクリーム3選


おすすめのCCクリームを見ていきましょう!

出典:雪肌精のCCクリームは時短が叶う潤いベースメイク♡1本でツヤめく肌に @yke.fhmさん

​潤いながらベースメイクを楽しめると話題の「雪肌精」の「ホワイト CCクリーム」2,600円(税抜)。
雪肌精のCCクリームは透明感にこだわっており、下地としてはもちろん、下地・ファンデーションと2つの役割も果たします。CCならではの素肌っぽさを残しつつメイクできるため、薄づきなベースメイクが好みの方におすすめです。

出典:@km.8.6さん

『ESPRIQUE(エスプリーク)』の「CCベースモイスト」3,080円(税込)は、気になる毛穴をカバーしつつナチュラルな肌に仕上げてくれる化粧下地です。
顔全体に馴染ませることで、全体を均一にカバーできます。13時間もの化粧もちを叶えてくれるため、長時間化粧直しができない日や、働く女性にもおすすめのアイテムです。

出典:エトヴォスの下地で叶う!ノーストレスでツヤ肌ゲット!@ichii_jさん

敏感肌さんには、ミネラルコスメで有名な『ETVOS(エトヴォス)』のアイテムを。「ミネラルCCクリーム」3,520円(税込)は、紫外線などの外的刺激から肌を守る美容成分と、植物由来の整肌成分を配合したアイテムです。
ノンケミカル処方で肌に優しく石鹸で落とせるため、敏感肌の方でも使えます。

■BBクリームとCCクリーム は併用もOK?

​BBクリームとCCクリームは併用することもできるようです。カバー力も肌のトーンアップも両方叶えたいという方には、併用もおすすめなんだとか。使い方は、最初にCCクリームを塗って、BBクリームでカバーするだけ。
テカリが気になるかたは、パウダーで仕上げると美しく仕上がりますよ。厚塗りにならないよう、つけ過ぎには注意しましょう。

■BBクリームやCCクリームでなりたい肌へ!

BBクリームやCCクリームを上手に使ってなりたい肌を叶えてみませんか?最近では、敏感肌の方でも使える肌に優しいアイテムも多くリリースされているので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

Sarry

1・3・5歳の3人兄妹のママ。趣味はネットサーフィンです。育児に家事に日々格闘中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]