Comic

【おとうとは発達障害】#45 手伝いをしたがる息子…自立支援のコツは?

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^
お料理のお手伝いしてもらうのって、ちょっと怖くないですか?

どうしても火傷とか怪我とかつきものだとは思うのですが、なるべく軽傷で済んでほしいです。
なおかつ、火とか刃物は使い方を間違えると危ないと理解してもらえると理想なのですが…^^;

カレーを作ろうとじゃがいもの皮を剥いていたら、くもが皮を剥きたいと立候補してきました。

包丁より皮むき器の方がまだ安全かな。と思ったのですが、くもの皮むき器の使い方が力強過ぎて、私はゾクゾクしながら見守っていました。

ところが、私の取り越し苦労で、3個あったじゃがいもを全て綺麗に剥いてくれました。

実は刃物は初めてではなくて、工作のはさみはよく使っています。
赤ちゃんの頃から姉兄の工作をよく見ていて、真似したがったので3歳頃から子ども用の工作はさみを使っていました。

親や姉兄が紙に描いた絵の周りをハサミで切り取る遊びが好きです。最近は、かなり小さい3cm四方くらいの絵でも上手に切り取ることができます。
おかげで刃物で切るコツみたいのは体に沁み込んでいたのかもしれません。とにかく怪我をしなくてホッとしました^^;

そして新しいことに挑戦する気持ちが湧いたことがとても嬉しかったです!しかもお手伝いしてもらえると超助かるし。
これぞ食育ですね~…とドヤろうと思ったら、

じゃがいもも食べてほしいー!!!

ではでは、よい夜を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]