Comic

【おとうとは発達障害】#46 園の行事に参加させるのは大人のエゴ!?

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^
保育園の生活発表会の本番を迎えました!

練習の時はくも一人だけ見学からスタートさせてもらって、参加できるまでになりました。
(参照:#44集団行動が苦手・・・どうやって克服した?
行事を経験する度にどんどん集団に入れるようになってきているな~と感じています。
ところが…

生活発表会が終わった直後に「楽しかった」とかポジティブな発言はなく「保育園はいつ終わるのか(卒園できるのか)」という問いかけだったんですね。

「あと1年以上あるよ。4月から年長組さんだよ。」と答えたら沈んでいました。
くもは本当は行事が楽しくはないけど、使命感で楽しそうにふるまうよう擬態していただけだとしたら、何のための行事だったんだろうと悩んでしまいました。

苦手な行事には全く参加しなければ解決、という簡単な問題でもないと思うんですね。
保育園の先生方はくもの特性をよく理解して、支援してくださっているので、この恵まれた環境でも行事に参加するのが嫌だったとしたら、この先の進路でもっと大きなストレスを感じてしまいそう。

今のうちから積極的に訓練させてもらいたいという気持ちと、何でも経験することは良いこと、というのは分かってはいるけど、同じ経験でも感じるストレスは人それぞれ全く違います。
強い特性を持っている子どもに無理に行事参加させることが果たして本人にとってプラスになるのか、多大なストレスを感じさせてしまって二次障害などの取返しのつかないことにならないか、という気持ちでせめぎ合っています。

お義母さんや作業療法士さんにも、無理はだめだけど色々経験することは良いことだよ~と言ってもらっているので、「無理」と「もうちょっと大丈夫」を見極めつつ、世の中で生きて行く術を親子で探り探りしながら身に着けていかなきゃな~と改めて思いました。

とは言っても、一昨日、歯医者さんが嫌で大暴れしているくもを4人掛かりで押さえつけて治療してしまいましたが…!我慢させてばかりでごめんよ~!!

ではでは、よい夜を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!