Comic

【おとうとは発達障害】#48 作業療法士さんに学ぶ!パニックの応急処置

たき家の子育てシリーズ第一弾。おとうと“くも”についてです。

こんばんは。たきれいです^^
先日の作業療法で、末っ子くもがパニックを起こしたことがありました。その時の作業療法士さん(OT)の応急処置がとても参考になったのでシェアしますね。


いつもの作業療法の部屋は、親子と作業療法士さん2組(全員で6人)が利用しています。
たまにシフトの関係で1組(全員で3人)の日も、3組(全員で9人)の日もあります。
基本は子ども同士で遊ぶことは無く、作業療法士さんと子どものマンツーマンで、親は見守っています。

先日の作業療法は、最初は貸し切り状態だったのですが、段々と人が増えて、珍しく4組(12人)が入り、大人数が苦手なくもがパニックを起こしてしまいました。
くもはパニックを起こすとその場から動けなくなって溶けたようになります。

作業療法士さんは、ささっとボールプールへ行き、くもが気入ってる紫色のボールを取って手渡してくれました。

するとくもの表情が緩んで、起き上がることができました!
(パニックの程度が大きすぎると効かないかもしれません。今回は人数がそこまで多くなかったのと、作業療法士さんが早めに気づいて対処してくださったので効果てきめんでした^^)

後で思い出したのですが、旅行とか、慣れない場所に行く時など、子どもたちがお気に入りの人形を持参していたことがあったんですね。心の平穏を保つために持っていたことを思い出しました。

場所に慣れてきたら「ママ持っててー」となって、私の荷物が増えてしまうのがちょっと困りますが、途中で人形をまた持ちたくなれば気持ちの“余裕の”バロメーターが下がっている事を知ることができるし、大事なことだったんだなーと思いました^^

ではでは、よい夜を~!また来週^^

たきれい

イラストを描いています(^^)新潟出身、兵庫在住。子どもは小5、小3、年中クラスです。 インスタグラムやツイッターでイラストや育児日記を載せています。
【Instagram】@takirei2
【twitter】@takirei2

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!