Baby&Kids

【成城石井】有機オートミールで栄養UP!栄養士ママが教える離乳食レシピ

栄養士・幼児食アドバイザーの資格を持ち、子連れ料理教室の主宰でもあるセンス抜群の川田麻実さんが、1歳児の離乳食完了期のアレンジレシピを紹介する企画。第16回は高品質な食品が手に入ると話題の成城石井で購入した「オートミール」のレシピを公開します!


■離乳食から使えるスーパーフード「オートミール」

だんだん母乳やミルクを飲む量が減っていく離乳食完了期。食事の量が増え、実際に食べている量はこれぐらいで良いのか、栄養はしっかり摂れているかなど、悩みを抱えるママが多いと思います。

特に、食べる量は子どもによって個人差があり、偏食や食べムラなど急に始まる傾向も。
そこで大人から子どもまで栄養が豊富に摂れると話題の食品が「オートミール」です。
オーツ麦をつぶして乾燥させたもので、独特な香りや味がないため、赤ちゃんでも食べやすいとされています。

また、海外ではスーパーフードと呼ばれるほど注目を集めている人気の食品です。たんぱく質、カルシウム、鉄分が豊富で、子どもの成長に不足しやすい栄養を補える優れもの。また、食物繊維も含まれるため、便秘改善や免疫力アップにもおすすめです。

有機オートミール 250g 361円(税込)
 

農薬や化学肥料に一切頼らず、有機栽培の原料から作られたフランス産のオートミール。
有機JASマークを取得しており、品質の高い商品です。粒が小さいため、さまざまな調理に合います。この商品の袋にはチャックがついているため、保存性も抜群。離乳食完了期は、加熱したミルクや豆乳、ヨーグルトと混ぜ、ふやかしてから与えましょう。

オートミールは主食ですが、食物繊維が多いため、乳幼児期は摂り過ぎに注意が必要。ごはんやパンなどの主食として置き換えず、おかずやおやつにちょい足しすることをおすすめします。

今回は、日頃から手軽に摂取できるよう、おやつ、おかず、ヨーグルトで食べられる簡単レシピを紹介します。


(1)もちもち食感♡バナナの風味香る「オートミールクッキー」

〈材料 1食分〉

・バナナ…1/3本
・米粉…・20g
・有機オートミール…小さじ2
・てんさい糖…小さじ1
・米油…小さじ1

米粉とバナナで作ることで、もちもちでやわらかく、食べやすいクッキーに仕上げました。
バナナは、ビタミン、ミネラルが含まれ、特にカリウムが豊富。体内の余分な塩分を排出してくれる役割があります。また、バナナの水分でオートミールがやわらかくなり、食べやすい食感に。

保存袋に入れて保管すれば、翌日までOK。米粉は、時間が経つとかたくなりやすいので、電子レンジで少し温めてから与えることをおすすめします。

①オーブン を180度で予熱する。バナナは皮を向き、フォークでつぶす。

②ボウルに材料を全て混ぜ合わせる。

③クッキングシートに②の生地を薄くのばし、型をとる。

④天板にのせ、180度のオーブンで15分ほど焼く。

完成!


 
 

(2)ほんのり甘い♪とろみが癖になる「オートミールの豆乳シチュー」

〈材料 1食分〉

・鶏もも肉…15g
・人参…10g
・新玉ねぎ…10g
・有機オートミール…大さじ1
・水…60ml
・無調整豆乳…30ml
・水溶き片栗粉…小さじ2
・塩…少々

鶏肉と野菜の旨味のきいたシチュー。
豆乳を使用し、塩のみの味付けで、優しい味わいに。鶏もも肉は、高たんぱく低カロリー、まだ未発達な子どもでも体内で消化しやすく、おすすめのたんぱく質です。
また、ビタミンも含まれており、特にビタミンAが豊富で、粘膜の強化に。免疫力アップや視力の向上につながります。
野菜は、冷蔵庫の残りもので置き換えてもOK。野菜が苦手な子にもおすすめです。

①鶏もも肉は皮をとり5mm角、人参、新玉ねぎは皮を向き、荒みじん切りにする。

②鍋に水を入れ、中火で加熱する。①、塩を加え、蓋をして3分ほど煮る。

③②に無調整豆乳、有機オートミールを加え、弱火で加熱。煮立ったら水溶き片栗粉を入れ、ひと煮立ちさせる。

完成!


 
 

(3)口の中で甘みが広がる「オートミールヨーグルト」

〈材料 1食分〉

・プレーンヨーグルト…45g
・有機オートミール…大さじ1
・きな粉…小さじ1
・てんさい糖…小さじ1/2
・いちご…お好みで

シンプルだけど、栄養がギュッとつまったスペシャルヨーグルトは朝ごはんや、おやつにおすすめ。
高たんぱくでビタミン、ミネラルを含むヨーグルトやきな粉に、ミネラル豊富なてんさい糖、オートミールが加わると栄養価がぐんとアップします。さらにフルーツをプラスすれば、ビタミン、ミネラルたっぷりの一品。これだけで食物繊維も十分とれるので、便秘改善や免疫力アップに。
果物はイチゴでなくても何でもOK。幼児食に移行したら、てんさい糖を蜂蜜に代え、少しヘルシーに。我が家の定番ヨーグルトです。

①器にプレーンヨーグルト、有機オートミールを入れ、10分ほどおいておく。

②いちごは食べやすいように小さく切る。

③①にきな粉、てんさい糖を加え、混ぜ合わせる。いちごを盛る。

完成!


 
 

■「有機オートミール」を活用すればママもひと安心♪

栄養がたっぷり摂れるオートミールをプラスするだけで、栄養アップが期待できるため、ママが抱える離乳食のお悩みも軽減されると思います。また、ママにも不足しがちなミネラルや食物繊維が豊富なので、ぜひ積極的に取り入れてください。
子どものお好みの食べ方を見つけて、豊かな食事の時間を楽しみましょうね。

川田麻実

栄養士、幼児食アドバイザー、フードコーディネーターの資格を持つ1児の母。
子どもから大人まで幅広い料理教室のアシスタントも経験。
現在、小麦粉、白砂糖、牛乳等不使用の幼児食の子連れ料理教室GOOD ONE MEALを主宰。
時短かつ栄養を考えたレシピと役に立つ栄養学を伝えています。
【KiraraPost】asami.k
【Instagram】xo.asamiii
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]