双子座の子どもの2020年上半期の運勢

秋の入学はベスト!刺激するほど伸びるのでたくさん挑戦させて

早熟で賢く何でも器用にこなす双子座の子ども。経済的にゆとりがあれば有名私立など競争率が高くても合格の可能性があるかも。秋入学がおすすめです。双子座の子どもの特徴や、運勢、その星座の子育て開運法、開運ポイントについてを詳しくみていきましょう。

目次

星座の特徴

12星座の中でははっきり言って、幼少のとき、子ども時代に一番素晴らしい運がやってくるのが双子座の子どもです。
守護星の水星が子ども時代を意味するので、とにかく幼い頃から十代は金メダル級の素晴らしい運がやってきます。

早熟であり、賢くて、頭の回転が素晴らしく、とにかく何でも器用によく覚えるので、スポーツをやらせれば天才と言われることもありますし、芸能方面でもモノマネから入り、子役として伸びていくとか、勉強もできるので、これまた天才児と言われることもありそうですね。

刺激すればするほど伸びていきます。しかし刺激しなければ勿体ないので、どんどん色々なことに挑戦させてあげてください。要領はよいので、大人の顔色を見て判断することもできる子どもです。親が気に入るように動くこともできそう。

賢いためにちょっと悪戯な傾向があります。キチンと何かレッスンさせたり、刺激しないとただのお喋りな子どもになることもあるかも。

2020年の運勢

知能指数は高いほうでよく頭が回るほうなので、受験には適している子どもです。

今年の秋の入園、入学に関してはとても素晴らしい運もやってくることから、経済的にゆとりがあれば有名私立校など競争率の高いところであっても、もしかしたら合格する可能性もあるので、是非トライしてみたいものです。
7月、8月に専門の塾などに入ることは遅いわけではなく、丁度良いかもしれませんね。

ただ今年の春の入学、進学に関しては問題多発です。
4月は苦手な保母さんが担当になってしまう、大好きなお友だちが引っ越しなどで離れてしまうこともあるかもしれないので、子どもが幼稚園などに行きたくない状態が作られることがあります。

また入園したところで、最初は他の子どもたちは合わないこともあるので、GW過ぎ頃まではワーキングママも仕事ばかりに専念しないで、子どもの様子をしっかりみるよう、あたたかい気持ちで見守っていくようにしてください。

双子座の子どもの育て方(対処法)

なんでもよく覚えてマネすることが得意でもあるので、環境が子どもを作るところがあります。テレビのアニメの主人公の言葉使いなどを覚えてしまい、親が全く使わない言葉なども話すようになり、それが良ければよいのですが、悪い言葉も覚えてしまうこともあるので気をつけて見ていたいものです。

またゲームなども得意なタイプなので、幼いのに器用にゲームを使いこなすこともあり、携帯、パソコンなどを見過ぎてしまい目に負担がかかることもないわけではありません。

賢いがために嘘をつく癖もつきやすいので注意したいもの。
子どもが面白いと思えることを提供してあげるのは親の務めなので、関心のあることをいち早く見抜く、親が面白いと思えることを子どもにも一緒にやらせてあげることはとても良い子育てとなります。

開運ポイント

はしゃぐ、機敏に動くタイプであるので、4月から5月13日頃まで路上のトラブル運が出ています。
知らないうちに車の後ろに回っていた、道路に三輪車で飛び出していたなんてこともあるかもしれないので、その時期は黄色の服、黄色の帽子をかぶらせていてください。厄払い、開運につながります。

また、動物とのふれあいは子どもにとってみると、大変良いことなので動物園へ出かけていき小動物を抱っこさせるなどしてみると開運します。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE