Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【パパメンズBar】僕たち20代でパパになりました!新米パパトーク①

都内某所にひっそりと佇む、名物チーママのいる隠れ家バー。そこにやってきたのは、20代でパパになったイケメン3人組が!さぁ、今宵も妻に内緒の隠れ家トークがスタート☆【11月のテーマ】は、20代でパパになってよかったこと・あきらめたこと!第1回は、奥さんとの出会いや結婚を決めた理由、プロポーズについてをぶっちゃけてもらいました。最初は照れながら話していた3人だけど、気がつけばおノロケ全開!

これには常連客Yちゃんもチーママもヤキモチやきまくり(笑)!


出版社に勤める恋愛下手な編集者・Yちゃん。
そんな常連Yちゃんが、今宵もいつものようにグチをこぼしにチーママのところへやってきたみたい……!

チーママ
あらYちゃん、いらっしゃ〜い……ってなにその落ち込みよう。

常連Yちゃん
はぁ〜(ため息)。実は、大学時代の後輩が結婚することになって、披露宴の招待状が届いたんですぅ……。みんな、どんどんと結婚していってしまう……。

チーママ
Yちゃんの後輩っていったら、まだ20代じゃない。そういえば、今日いらっしゃってるお客さんも
20代で結婚してお子さんもいる新米パパらしいから、いつもみたいに聞いてみましょ。
彼らが結婚したワケとか嫁のあれこれ、ね!

常連Yちゃん
なんと!それはさっそくリサーチ、リサーチ!!


■今月のお客様はこちらの3人!

黒須 駿さん27歳/外資系人材企業勤務。結婚1年半で、子どもは10ヶ月の男の子。ママは25歳で、会社員。

冨田倫太郎さん29歳/会社経営。結婚1年目で、お子さんは1歳2ヶ月の男の子。ママは31歳で主婦。

泉 航平さん27歳/IT系会社勤務。結婚2年目で、お子さんは6か月の女の子。ママは27歳で主婦。


⬛️オーストラリアで、カナダで、「ハニカミ恋旅ツアー」で出会いは様々!

常連Yちゃん
みなさんめっちゃ同世代なんですけど、もうお子さんがいらっしゃるなんて……。

チーママ
みんなはどうして、20代で結婚したの?奥さんとの出会いから教えて♡

黒須
僕はオーストラリアに留学している時に、向こうで奥さんと出会ったんだよね。

チーママ
あら素敵!

黒須
僕のひと目惚れで告白したんだけど、当時、奥さんには彼氏がいて。いい感じになっても、彼氏がいるからって断られて。
それでも諦めたくないから「僕か彼氏がどっちかを選べ」って言って、それで付き合うことになったの。

常連Yちゃん
キャー!略奪愛♡

冨田
かっこいいなー黒須くん!僕はね、奥さんは3つ年上の姉さん女房なんだけど。
黒須くんと共通の友達いて。その人がイベントを企画するのが好きな人で、ある時「ハニカミ恋旅ツアー」というのを主催したんですよ。
初対面の男女が1泊2日でバスツアーに行くってやつで。そこで奥さんと知り合ったんだよね。

常連Yちゃん
それ、今週末にも申し込みたいんですけど……。

チーママ
あたしも……。

冨田
しかも設定が細かくて、男は20〜25歳、女は26〜30歳という年齢制限つきで(笑)。

チーママ
ギリギリいけるわね。

常連Yちゃん
えっ?いや……えっ?(笑)

全員
あははは(笑)。

冨田
それで軽井沢のコテージに泊まるんだけど、2日間相手を変えながら、常にミッションが与えられるんだよね。
たとえば、3時間に1回気になる人のランキングを送れとか、カップルでおにぎり作ってきて「あーん」してる写真を送れとか、2人で星を見に行くとか。
それで最後に、男女14人中4組がカップルになったんだけど、僕と奥さんもそのうちの1組

常連Yちゃん
へぇ〜!

冨田
連絡先を交換して、後日僕から連絡をして、それで1週間後には付き合ってたって感じ。


えっと…僕は妻が、小学校の同級生なんだよね。
僕、アメリカ生まれのカナダ育ちで、彼女とはカナダの日本人学校で出会ったんです。
それで小6の終わりに告白して付き合うことになったから、初めての彼女が妻なんです
カナダ時代は幼かったのもあって、手を繋いだだけでキスもしてないんだよね(笑)

常連Yちゃん純愛〜♡


⬛️初対面から結婚する気がしていたというイケメンたち!


純愛のつもりだったんだけど、その後いろいろあって。
告って付き合いだして2年ぐらいたった中2の時に、妻が帰国することになったんだよね。僕はカナダに残ることになっていたから、別れることになった
それ以降、一時帰国するたびにちょいちょい会ってたし、お互い彼氏彼女がいたり、彼氏と喧嘩した彼女をなぐさめたりしてたんだけど、そうこうしているうちに、僕が就職で日本に戻ることになったの。

冨田
へえ〜。それで?それで?


日本で就職して。ある時、シンガポールに出張に行った時に、ちょうど彼女が彼氏と別れてフリーになってさ。
僕は彼女いたんだけど、結局妻のことがずっと好きだったんだよね
だからこれは最後のチャンスだと思って「彼女とちゃんと別れるから、付き合ってください」って告白したんです。

全員
ほ〜!


1ヶ月待たされて、僕はシンガポールから彼女の答えを聞きに日本に戻ってきて、それでまた付き合うようになったんです。
もちろんその時は、結婚する気でした。

冨田
僕も、「ハニカミ恋旅ツアー」で出会った時から、この子と結婚するなっていうのはあったんだよね。

チーママ
男の直感ってのもあるのよね。

常連Yちゃん
へ〜そうなんだ!
黒須
実は僕も奥さんとは1回別れてるんだよね。オーストラリアでも帰国してからも同棲してたんだけど、お互い仕事の都合ですれ違いはじめちゃって。
でも結局、奥さんから「元に戻りたい」って言われて、それなら「すぐに結婚しよう」って言ったの。そしたらちょうど子供もできてさ。

チーママ
デキ婚なのね。

常連Yちゃん
うらやましい〜!


⬛️100本のバラの花束、指輪パッカーン、寝起きプロポーズまで!

チーママ
さぁ!!いよいよ、男の最大の見せ場、プロポーズね!

常連Yちゃん
夢のまた夢……。


僕の場合は、絶対にふたりが出会ったカナダでプロポーズしたいって決めてて。
僕の家族はまだカナダにいたから、年末に帰省する時に一緒に帰ろうって誘ったんだよね。
それで向こうのザ・リッツ・カールトンホテルのスイートルームを予約して、カウントダウンパーティーのあとに「部屋を取ってるから」って誘ったんです。
あらかじめ、僕がふたりの出会いとか僕の思いをまとめた動画を作っておいて、それをノートパソコンで見せて、これが終わったら寝室に来てって。
それで彼女が動画を見終わってから、寝室のドアを開けたら、僕はそこで100本のバラを持ってひざまづいて、指輪の箱をパカーンしてプロポーズ

全員
ヒュ〜!

チーママ
100点!あんた100点よ、それ!!

黒須
僕はデキ婚だったから、「それでいいのかな?」って考えた挙句、あるサプライズを用意したんだよね。
アニヴェルセル表参道に、僕と奥さんの友達を奥さんに内緒で集めて「オーケストラのコンサートに行こう」って誘い出し、108本のバラを持って指輪パカーン!でプロポーズして。
チャペルのドアを開けたら友達がたくさんいたから、奥さんは泣いて喜んでくれました
ちなみに、子供ができたことはその時に友達みんなの前で発表したので、友達にも同時にサプライズしたんです。

常連Yちゃん
奥さん、幸せすぎませんか!素敵すぎる〜!しかし、すごい凝った演出ですね!

黒須
実は、プロポーズプランナーにお願いしたんです。だから指輪の箱にもカメラがついていて、パカーンした時の奥さんの顔もばっちり撮れているという(笑)。

冨田
なんか、僕言いづらくなっちゃったな(笑)。

常連Yちゃん
聞きたいです〜!
冨田
僕の妻は、4人兄弟の長女なんですね。それで妻の甥っ子の誕生日パーティーの時に、妻のご両親や親族のいる実家に行って挨拶することになったの。
もちろん僕は緊張して綺麗な格好をして行ったら、お父さんもお母さんも、家族も、みんなTシャツと短パンで。
普段通りに迎えてくれた感じが、びっくりはしたもののすごく嬉しかったんだよね。

全員
あははは!(笑)

冨田
奥さんの家って誰かの誕生日、節分など、なにかと行事のたびに家族全員が集まって家でみんなで食事をするんですよ。
僕、そういう家族の形に憧れてて、この人と結婚したらきっとあったかい家庭が作れるなって思って。
それでこっちに戻って来てある日、朝パッと目を覚ました時に突然「あ、結婚したい!」って思って、そのまま隣に寝ていた妻に「結婚しよう」って言いました
ちょっとびっくりしてたけど「うん」って返事をもらって。半年後の妻の誕生日に、婚約指輪を渡したんだよね。

チーママ
そりゃびっくりよね。起きて、即プロポーズって(笑)
でも、3人はどうして20代という若さで、結婚を決めたの?
すごい好きなのはわかったけど。

黒須
実は「もっと遊んでからでいいんじゃない?」って、友達にも先輩にも言われたんだけど。
僕自身は、早く落ち着きたかった、というのもあるんだよね。

冨田
僕は、若いからどうとかなかったかな
そもそも自分に家庭を持つことへの憧れがあって、早く結婚したかったんだよね。
親なんて孫の顔が早く見たいからって、もっと早く結婚して欲しいと思ってたくらいですし(笑)。
なんなら、妻から「むしろ早いんじゃないの?」って言われたぐらい。


僕も、幼い頃から家族ぐるみの付き合いをしていたから、家族も友達もみんなが祝福してくれましたね。

常連Yちゃん
20代だから早いっていうのは、関係なかったんですね~。
それにしても、みなさんのエピソード…本当に素敵すぎるんですけど!


⬛️毎週通っている常連Yちゃんの今週のまとめメモをチラ見せ☆

20代だから早い、ということではなくて「この人」と思う人に出会ったから
皆さん結婚したんだぁ~、としみじみ実感。

そして、ちゃんとプロポーズの方法を考えたりしていたのが素敵!
でもそうやってきちんと節目をつけることが、その後の結婚生活にも大事なんじゃないかなって思いました。

さて次回は!
「子供を作るきっかけ」「パパの子育て事情」についてを聞いちゃいます。
どうぞお楽しみに!

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや


mamagirl編集部

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp