立花伯爵家が愛した「鴨鉄」~旧大名家が誇る、おもてなしのジビエ料理~販売開始

株式会社御花

Prtimes

立花伯爵家が愛した「鴨鉄」~旧大名家が誇る、おもてなしのジビエ料理~販売開始

株式会社御花
御花では鴨の狩猟解禁に伴い、有明海に飛来するマガモを伯爵家で愛されてきた独自のレシピで調理する「鴨鉄」(鴨鉄板焼き)の提供を開始いたします。

株式会社 御花(所在地:福岡県柳川市新外町1番地/代表取締役社長 立花千月香)は、立花家に代々受け継がれるおもてなしのジビエ料理、「鴨鉄」(野鴨の鉄板焼き)の提供を12月1日から開始いたします。





野鴨(のがも)は、鳥肉の中でも特に美味であると言われる高級食材です。カモ肉は古くから日本で好まれていましたが、現在は鴨とアヒルを交配させた「合鴨」が用いられることが多く、野鴨によるジビエ料理を口にできる機会は希少です。(※野鴨とは野生の鴨のことです。)

御花の「鴨鉄」は、有明海での狩猟を趣味としていた立花家15代当主・立花鑑徳伯爵が、自らの手で調理して、皇族の方々にも召し上がっていただいたこともある、こだわりのレシピによるもの。その後も大切に受け継がれ、冬場の鴨料理は、創業当時からの看板メニューとなりました。



■概要 立花伯爵家が愛した「鴨鉄」~旧大名家が誇る、おもてなしのジビエ料理~
販売日:2022年12月1日~2023年2月15日
料金:コース料理14,000円(税込・サービス料込)
予約:お電話での事前予約( 0944-73-2189)(https://ohana.co.jp/blogs/news/20221128
※ご宿泊のお客様は通常のご夕食付プランに対してお1人様+1,815円(税込・サービス料込)のオプション価格にてご提供いたします。(柳川牛から鴨へ変更となります)

■立花伯爵、有明海で鴨猟をする(当時の映像)
昭和のはじめ頃、娘・文子やお供の人々、猟犬らを伴って鴨猟に出かける立花伯爵の姿が、立花家に映像で残されています。




■会社概要 柳川藩主立花邸 御花

約300年の大名文化を受け継ぐ、水都柳川で立花宗茂を藩祖とする立花家が運営する老舗料亭旅館。 現在、邸宅と庭園を含む約7000坪 の敷地全体が国指定名勝に指定されており、今も立花家が守り続けている文化的価値の高い空間で 特別な体験を提供しています。

会社名:株式会社御花
本社住所:〒832-0069 福岡県柳川市新外町1番地
代表:立花千月香 事業内容:宿泊業、ブライダル事業、飲食業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE