FacebookInstagramYouTube
十二単を着ていた平安時代の貴族は肩こりにならなかったの?【chatGPTに聞いてみた!】

Entertainment

十二単を着ていた平安時代の貴族は肩こりにならなかったの?【chatGPTに聞いてみた!】

世界中で話題沸騰のAIチャットサービス“chatGPT”。インターネット上にある膨大な情報をもとに、質問に対してチャット形式で回答をしてくれる高度な技術を持ったサービスをご存知ですか?mamagirlでは「実験」と銘打って、噂のchatGPT活用に挑戦!非現実的な質問から、噂の都市伝説、今さら聞けないあんなコトやこんなコトをドシドシ投げかけちゃうコーナーを設置しました♪回答文はchatGPT原文をそのまま掲載。いったいどんな回答を出してくるのか、ぜひ読んでみてくださいね。

なんと十二単の重さは10キログラム以上!

十二単は、平安時代の貴族女性が主に正式な場で着用した、12枚の単衣を重ねて着る衣装でした。重ねる色や順番には厳しいルールがあり、季節や式典の内容に応じて変えることが求められました。

一般に、十二単の重さは10キログラム以上にもなることがあったと言われています。これは現代の一般的な衣類と比べると非常に重いもので、特に女性にとっては大きな負担になる可能性があったでしょう。

そのため、十二単を着用していた平安時代の貴族女性たちは、その重さから肩こりや体の疲れを感じた可能性が高いです。ただし、当時の人々は十二単を着る文化に慣れていたため、特に重視していた美的センスや立ち振る舞いがあったとも考えられます。

さらに、十二単を着用する際の作法や着方が、体への負担を軽減するように工夫されていた可能性もあります。また、平安時代の人々の感じ方や生活様式が現代とは異なるため、彼らが肩こりをどれだけ辛いと感じたかについては、明確な記録が残っていない限り確かなことは言えないでしょう。

肩こりを感じるかどうかは個人差もあるため、十二単を着ていたすべての貴族女性が肩こりを感じていたわけではないかもしれません。しかし、重い衣装を長時間着用することから、何らかの体の負担があったと考えられるでしょう。

※chatGPT原文をそのまま掲載しています。

突飛な質問にも真面目に答えてくれるchatGPT

どうでしたか?突拍子もない質問はもちろん、どんな問いにも具体的な答えをくれるところはさすがAIですよね!今後も面白い質問を編集部からchatGPTに投げかけていくので、乞うご期待です♪

あわせて読みたい

日本で一番歴史の長いお祭りは?【chatGPTに聞いてみた!】

Entertainment

2023.08.11

日本で一番歴史の長いお祭りは?【chatGPTに聞いてみた!】

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「ただの教材入れじゃない♡」人気ブランド【Gap】【PAUL & JOE】など、2025年度入学モデルランドセルが登場!
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 「お家時間が超快適に!」家中のリモコンを1つにまとめる【スマートリモコン】が便利すぎる!
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]