Comic

母乳の味はどんな味??【しろくまのゆりかご 第9話】

母乳の質をチェックしようと、透明のコップに搾って色を確認!次は味見…がなかなか出来ずにいました。

「母乳の質や味は母親が食べたものに影響するので、甘いものや脂っこいもの、乳製品、辛いものは控えめにし、和食を…」というようなことが産院でもらった冊子に書いてあったので、食事には気をつけていましたが、実際に質のいい母乳になっているのかどうかはわかりませんでした。
そこで、インターネットで検索してみると、お米の磨ぎ汁のように青白く、サラサラしていて、大人が飲んでもおいしく感じるので、コップなどに搾って色と味の確認をしてみるといいとの情報が…。
早速コップに搾り、色と質感をチェック!大丈夫!次は味!とコップに口を近づけるものの、なぜかなかなか飲む勇気が出ず…。

助産師さんに突然味見をされたのは衝撃でしたが、それに勇気を得て、味見に再チャレンジしました。
一口舐めてみると、薄い砂糖水のような、ほのかに甘味を感じるものでした。
娘もおっぱいを吸うのが上手になってきて、ごくごく飲んでいるようなので、安心した私は、次第に食べ物もあまり気にしなくなり、母乳のチェックも色と質感だけは見ていましたが、味見は一度きりしかしませんでした。
ですが、娘はおっぱい大好き人間だったようで、その飲みっぷりは、私の食べたものや体調などには全く影響されませんでした。

娘は、おっぱいの存在そのものが好きなようで、「おっぱい出てる?」と聞くと、「でな~い」と言うのですが、それでも本人は何も気にせず吸い続けていました。
そして、第2子妊娠の中期頃から、また母乳が少し出るようになったらしく、「き~ろいみかんのあじ~!」と言うように。
酸っぱい味がするということだと思うので、おいしくはないのだろうと思いますが、それでもやはり娘は全くお構い無しです。
これを描いた当時は妊娠9カ月になったばかりの頃でしたが、臨月間近になると、「にんじんちゃんのあじがする!あまくておいし~!」と言うように…。
本当に甘くなったのかどうか、確認のため味見を…する勇気は、なぜかやっぱり出ないのでした。

shirokuma

2歳の娘との日常をイラストにしてInstagramに投稿しております。
KiraraPostでは、娘が0歳~1歳頃までのことを描いていきたいと思います。
【Instagram】@shirokuma3425
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp